応仁の乱とは?

応仁の乱 (おうにんのらん)


応仁の乱

作者池波正太郎

収載図書暁闇うごめく南北朝室町
出版社講談社
刊行年月1992.4
シリーズ名歴史小説名作

収載図書賊将
出版社新潮社
刊行年月1992.12
シリーズ名新潮文庫

収載図書賊将
出版社角川書店
刊行年月1999.11
シリーズ名角川文庫

収載図書完本 池波正太郎大成24時代小説短編
出版社講談社
刊行年月2000.6


応仁の乱

作者碓井静照

収載図書おちょろ女と虚無僧
出版社ガリバープロダクツ
刊行年月2005.8


応仁の乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/02 09:46 UTC 版)

応仁の乱(おうにんのらん)は、室町時代応仁元年(1467年)に発生し、文明9年(1477年)までの約10年間にわたって継続した内乱。8代将軍足利義政の継嗣争い等複数の要因によって発生し、室町幕府管領家の細川勝元と山名持豊(出家して山名宗全)らの有力守護大名が争い、九州など一部の地方を除く全国に拡大した。乱の影響で幕府や守護大名の衰退が加速化し、戦国時代に突入するきっかけとなった[1]。十数年に亘る戦乱によって、主要な戦場となった京都は灰燼と化し、ほぼ全域が壊滅的な被害を受けて荒廃した[2]


  1. ^ 応仁の乱以後を「戦国時代」とするのが従来の説である。しかし応仁の乱以降、室町幕府が衰退しつつも影響力が一応維持されていたと考えられている。このため、明応の政変明応2年(1493年))以後を戦国時代とするのが現在では有力な説の一つとなっている。
  2. ^ キーン、P83。
  3. ^ しかし、義尚が生まれる以前から宗全は諸大名との派閥を形成していた上、義尚ではなく義視と結びついていたとする動きがあるため、後見人の話は応仁記が書いた誤りとの指摘もある。石田、P182 - P190。
  4. ^ 家永遵嗣「軍記『応仁記』と応仁の乱」、『室町幕府将軍権力の研究』
  5. ^ 当時の名は義夏
  6. ^ 大阪府、P54 - P59、桜井、P283 - P285、石田、P109 - P111、P124 - P125。
  7. ^ 桜井、P299 - P300、P304、石田、P136、P160 - P162。
  8. ^ 大阪府、P59 - P65、小川、P135 - P137、石田、P163 - P165。
  9. ^ 桜井、P301。
  10. ^ 石田、P147 - P157、P165 - P174、P182 - P185。
  11. ^ 石田、P160 - P165、P177 - P179、川岡、P109 - P111。
  12. ^ 永原、P261。
  13. ^ 桜井、P304 - P305、小川、P153 - P158、石田、P198 - P203。
  14. ^ 吉田、P338。
  15. ^ 吉田、P336。
  16. ^ 桜井、P313 - P315。
  17. ^ 小川、P167 - P169、石田、P209 - P210。
  18. ^ 永原、P265。
  19. ^ 永原、P266。
  20. ^ 尋尊大僧正記
  21. ^ 義政は大乱の元凶は両畠山氏の騒乱にあるとする姿勢を保ち、5月と9月に義就の河内下向で事態の沈静化を図った。しかし、その義政が家督交替に関与していて、東軍に取り込まれて中立姿勢を取っていない以上停戦命令は無意味であり、戦争の解決に繋がらなかった。石田、P210p - P216、P224 - P225。
  22. ^ 小川、P187 - P198、石田、P241 - P244。
  23. ^ 小川、P198 - P201、桜井、P315 - P317、石田、P238 - P241。
  24. ^ 小川、P201 - P210、桜井、P317 - P318。
  25. ^ 小川、P210 - P212、桜井、P318 - P320、石田、P251 - P261。
  26. ^ 小川、P213 - P216、桜井、P320 - P321、石田、P262 - P263。
  27. ^ 永原、P327。
  28. ^ 小川、P216 - P223、桜井、P321 - P322、石田、P263 - P274。
  29. ^ 永原、P277。
  30. ^ 桜井、P324。
  31. ^ 永原、P278。
  32. ^ 大阪府、P262 - P282、石田、P246 - P255、P272 - P274、福島、P13 - P22。
  33. ^ 朝倉、P121 - P141。
  34. ^ 岐阜県、P118 - P127、『戦国合戦大事典 五』P24 - P27、P154 - P172、宮島、P12 - P18。
  35. ^ 福井県、P613 - P630、静岡県、P383 - P386、P404 - P406、石田、P201 - P202、P209、P217 - P219、P257 - P260、P264、P269 - P270。
  36. ^ 兵庫県、P71 - P77、P80 - P81、P88 - P89、P95 - P97、P101 - P103、P108、P123 - P125、岡山県、P45 - P54、P72 - P78、P83 - P90。
  37. ^ 広島県、P437 - P445、P448 - P465。
  38. ^ 桜井、P309 - P311、石田、P232 - P235。
  39. ^ 文明7年、能登守護畠山義統と越後守護上杉房定が政長の分国越中を侵略した際の言葉。桜井、P319。
  40. ^ 吉田、P338 - P341。
  41. ^ 桜井、P312。
  42. ^ 永原、P320。
  43. ^ 西軍の主将義就に一千貫を貸し付けている。尋尊大僧正記文明9年7月記録。
  44. ^ 酒飯論絵巻に描かれる食物について -第三段、好飯の住房を中心に伊藤信博、名古屋大学
  45. ^ ただし、規模がはるかに小さいものの幕末に3万戸以上を焼いた武力衝突事件である禁門の変を最後の戦争とみなす意見もある。
  46. ^ また室町幕府も明応9年をはじめ、以後の祇園祭に度々介入して主導権の回復を図り実際に戦国時代初頭には幕府の命令による祇園祭の延期や年2度開催が度々行われた。本当の意味での町衆による祇園祭開催が可能になったのは、天文2年(1533年)の幕府の延期命令に対する町衆の反対運動以後と考えられている。


「応仁の乱」の続きの解説一覧





応仁の乱と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

応仁の乱に関連した本

応仁の乱に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「応仁の乱」の関連用語

応仁の乱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




応仁の乱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2014,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの応仁の乱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS