プロヴィデンスガンダムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 架空の名前 > 架空の製品 > 架空の乗り物 > ザフトの機動兵器 > プロヴィデンスガンダムの意味・解説 

プロヴィデンスガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/25 01:10 UTC 版)

プロヴィデンスガンダム(PROVIDENCE GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「プロヴィデンス」は英語で「摂理」、「神意」、「天帝」を意味する。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1126-6)参照。
  2. ^ 「データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻」60頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 一迅社刊「機動戦士ガンダムSEED MS エンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1108-2)参照。
  4. ^ メディアワークス「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED外伝2」(ISBN 978-4-8402-4202-8)参照
  5. ^ a b c 双葉社刊「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」(ISBN 978-4-575-46469-6) 参照
  6. ^ メディアワークス刊「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 下巻」(ISBN 4-8402-2867-1)参照
  7. ^ a b c d プラモデルキット「1/144 HG プロヴィデンスガンダム」取扱説明書より
  8. ^ 講談社「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.4」(ISBN 4-06-334808-3)
  9. ^ 「ガンダムファクトファイル」参照
  10. ^ バンダイ「1/144HGドレッドノートガンダム」付属解説書の記述参照。
  11. ^ 一部のゲーム媒体では両脇のビーム砲からビームを発振してビームサーベルとして機能させているものもある
  12. ^ 講談社『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.4』掲載の設定画稿参照
  13. ^ 実際に使用できるのは襟部2門のみ。
  14. ^ a b c d バンダイ「1/100 ニクスプロヴィデンスガンダム」取扱説明書より。
  15. ^ アストレイ ミラージュフレームは対応していない。
  16. ^ 先に発表された「EXTRA BATTLEアストレイノワール」ではプロヴィデンスであったとされている。
  17. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASATRAY 絆を求める者』174頁。
  18. ^ a b c d e 一迅社「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1126-6)参照
  19. ^ バンダイ「1/100 レジェンドガンダム」取り扱い説明書より
  20. ^ この呼称はホビージャパン刊「機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編」(ISBN 4-89425-415-8)199頁によるもの
  21. ^ しかし、「通信機の改良」が「空間認識能力」を補える仕組みについては、作品中で特に説明はされていない


「プロヴィデンスガンダム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プロヴィデンスガンダム」の関連用語

プロヴィデンスガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

曲げ加工

エピデンドルム・フラグランス

サンプリング

シンクの種類

破碎器

セグロセキレイ

硫黄島

メリヤス編み





プロヴィデンスガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロヴィデンスガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS