デュートリオンビーム送電システムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > デュートリオンビーム送電システムの意味・解説 

デュートリオンビーム送電システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/21 13:13 UTC 版)

デュートリオンビーム送電システム(デュートリオンビームそうでんシステム)はテレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の科学技術。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ ユニウス条約は開戦によって形骸化したが、地球軍の大西洋連邦では開戦前にユニウス条約で禁止されていたミラージュコロイドを戦艦ガーティール―級に搭載するなど、条約違反が行われていた。
  2. ^ 元々、ジェネシスはソーラーセイルを加速させるレーザー発振器として開発されていた[3]。しかし、作中ではソーラーセイルと連動した運用はなされておらず、推進剤を燃焼させるレーザー加速ライトクラフト・プロパルジョンを導入している[4]。デュートリオンビーム送電システムの着想は、ジェネシスαとライトクラフト・プロパルジョンから得られたものである[5]
  3. ^ 実弾や推進剤などは当然着艦しなければ補充できない。しかし、SEEDシリーズ劇中では実弾の弾切れや推進剤切れといった描写が存在しない。

出典

  1. ^ a b c d ホビージャパン刊「機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編」(ISBN 4-89425-415-8) 109頁参照
  2. ^ メディアワークス刊「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED下巻」(ISBN 4-8402-2867-1) 76頁参照
  3. ^ 講談社「ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.4」(ISBN 4-06-334808-3) 18-19頁より
  4. ^ 「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY R」第4巻 角川コミックス・エース 2004年8月。(ISBN 978-4047136595)
  5. ^ 「マスターグレード フォースインパルスガンダム」バンダイ 組立説明書参照
  6. ^ a b c 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 1 怒れる瞳」(ISBN 4-04-429108-X) 437-440頁参照
  7. ^ a b 一迅社「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1126-6) 36頁参照
  8. ^ プラモデルキット「PG 1/60 ストラクフリーダムガンダム」組立説明書参照
  9. ^ ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8) 127頁
  10. ^ 竹書房『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 (ISBN 978-4812426876) 168-170頁
  11. ^ プラモデルキット「HG 1/144 レジェンドガンダム」組立説明書参照
  12. ^ メディアワークス刊「機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYSスペシャルエディション」(ISBN 9784048676298)より
  13. ^ 「機動戦士ガンダム宇宙世紀 vol.2 大事典編」ラポート、1998年9月、188頁。(ISBN 4-89799-294-X)
  14. ^ 「ハイグレード 1/144 フォースインパルスガンダム」バンダイ 2005年 組立説明書参照


「デュートリオンビーム送電システム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デュートリオンビーム送電システム」の関連用語

デュートリオンビーム送電システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高山伝右衛門

LIGHTNING XB12Ss

サラサハギ

阿蘇くじゅう国立公園

カリフォルニア・ファン

片流れ

メガネタイプ2Pコネクタ

リャンカン





デュートリオンビーム送電システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデュートリオンビーム送電システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS