ザクウォーリアとは?

ザクウォーリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/22 05:31 UTC 版)

ザクウォーリア(ZAKU WARRIOR)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』及び関連作品に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 当初は宇宙世紀版も右肩にスパイクアーマー、左肩にシールドという構成だったが、大河原のスタッフへの連絡不足から、そのまま逆転して描かれてしまったという逸話がある。
  2. ^ 小説版 『DESTINY ASTRAY』 第2巻から判読[1]。可能性は高いと思われるが、あくまでも「モビルスーツの実弾銃」としか書かれていないため、MMI-M7Sやその他とも言えるかもしれない。ちなみに、地上ではビーム突撃銃ではなく実弾銃を装備するザクが少なくないとも記されている。
  3. ^ 2門装備機は「FINAL PHASE 最後の力」 Aパート、「FINAL PLUS 選ばれた未来」 デュランダル&クルーゼの新規対話シーンの、ネルソンおよびドレイク級と交戦しているカットで見られた。
  4. ^ 「FINAL PLUS 選ばれた未来」 終盤のラクスによる停戦通達シーン。グフ、ゲイツR、ブレイズザクウォーリア、ブレイズザクファントムと共に映った4名の内、赤服はグフパイロットと思われるため、残りの3名から判別。
  5. ^ 単純な動力パイプと誤認されがちだが似て非なるパーツとなっている。
  6. ^ アニメ本篇 「PHASE-18 ローエングリンを討て!」 レイ専用ザクファントム発進シーン。
  7. ^ なお、当初は「Z.A.K.U」の頭字語をこのOS画面用語として設定し、前作第2話冒頭のストライク起動シーンに倣ったシークエンス作画も出来上がっていたがボツとなり、実際には第1話(スペシャルエディション第1巻)や第18話のような描写になったという[11]
  8. ^ 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』においては、柄(持ち手)の上部先端にもビーム発生デバイスがあり、ハルバードでいう“槍”(刺突)用途の短ビームサーベルが出ている姿で描かれている[13]
  9. ^ a b c ツノ付きザク、ダミートマホークそれぞれは、『機動戦士ガンダム』 に登場する指揮官用ザクIIのシルエットと、武器のヒートホークに酷似(意識)したものとなっている。なお、後者は仮称であり、正式な名前は設定(公開)されていない。
  10. ^ ときた洸一 『Δ ASTRAY』 第2巻、71頁や、コンピレーション・アルバム 『SEED DESTINY COMPLETE BEST』 初回限定盤CD+DVDケースなどにそれらしきザクウォーリアが見られる。
  11. ^ 「DESTINY MSV 『Vol.10 ZGMF-XX09T オリジナル仕様モビルスーツ “ドムトルーパー”』」 の解説では、バズーカ砲とは異なり「ドムトルーパー専用」と補足されている[17]
  12. ^ MSV開発系譜図 ZAFT編 マディガン専用ノクティルーカザクファントム、小説版 『DESTINY ASTRAY』 第1巻など。しかし、当の小説版のジェスの解説部分においては「カイトのザクはノーマルの1001ファントムとは違ってブレードアンテナがある」とも言っており、ノクティルーカウィザードのヘッドパーツの事を「カイトのザク(ファントム)独自の装備」と間違って解釈しているような記述も見られた。なお、メディアワークス発行 『GUNDAM SEED ASTRAY MASTERS』 と 『機動戦士ガンダムSEEDアストレイアーカイブ 3D&設定資料集』 においては“ザクウォーリア”で掲載されており、白十字を除いたカラーリングもデフォルト色と判断した方が的確と言え、仮にザクファントムの原型色が公式設定でそうだったとしても、カスタムを施した本命のマディガン専用ザクファントムで見られるオリーブグリーンには塗り替えなかったようである。ちなみに発行(発表)年度は小説→MASTERS→MSV開発系譜図(リニューアル)→アーカイブ3Dの順で新しい。

出典

  1. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 2」(ISBN 4-04-471702-8) 121 - 124頁
  2. ^ a b ときた洸一 『DESTINY ASTRAY』 第3巻、43 - 44頁にて、リーカ専用ザクファントムが装備していた。なお、M68パルデュスについてはイライジャ専用ザクファントムも含まれる。
  3. ^ プラモデル 『BB戦士 No.298 ブレイズザクファントム(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)』 組立説明書。
  4. ^ バンダイ「モビルスーツ・イン・アクション ガナーザクウォーリア」付属カードより
  5. ^ a b 一迅社「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1108-2) 48-59頁参照
  6. ^ プラモデルキット「1/144 HG ガナーザクウォーリア」解説より
  7. ^ プラモデル 『1/144 HG ザクウォーリア』 組立説明書。
  8. ^ a b ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  71頁参照
  9. ^ 竹書房『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(ISBN 978-4812426876) 168頁、森田繁コメント。
  10. ^ ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  127頁参照
  11. ^ コンピレーション・アルバム 『SEED DESTINY COMPLETE BEST』 ブックレット内、森田繁コメントより。
  12. ^ a b 『電撃ホビーマガジンスペシャル 機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS VOL.1』 アスキー・メディアワークス。/a…85頁。/b…28頁の相関図より。
  13. ^ 竹書房『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』(ISBN 978-4812426876) 34-35頁参照
  14. ^ a b ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  65頁参照
  15. ^ メディアワークス『電撃データコレクション機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』(ISBN 978-4840240581) 68-69頁参照
  16. ^ a b ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  189頁参照
  17. ^ a b ホビージャパン『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  121頁参照
  18. ^ メディアワークス『機動戦士ガンダムSEEDアストレイアーカイブ 3D&設定資料集』(ISBN 978-4048682404)  203頁
  19. ^ プラモデル 『1/100 ブレイズザクファントム(ハイネ・ヴェステンフルス専用機)』 付属のスペシャルマーキングシール。
  20. ^ プラモデルキット「1/144 HG ザクファントム(ディアッカ・エルスマン専用機)」組立説明書参照
  21. ^ 福田 己津央:2013年12月11日のつぶやき
  22. ^ 福田 己津央:2013年12月12日のつぶやき
  23. ^ プラモデルキット「HG 1/144 ガナーザクウォーリア」組立説明書参照
  24. ^ 「月刊ホビージャパン 2006年12月号 『SEED MSV戦記 特別版 C.E.73スペシャル』」(『ガンダムウェポンズ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY編』 収録)。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ザクウォーリア」の関連用語

ザクウォーリアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ヒルスシロカブト

ホウボウ

側頭骨

下り急勾配あり

BMW X5

小阪昇

金剛生駒紀泉国定公園

ラウム





ザクウォーリアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザクウォーリア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS