ブリッツガンダムとは?

ブリッツガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/07 01:07 UTC 版)

ブリッツガンダム(BLITZ GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「地球連合軍」が開発した5機の試作機の1機だが、敵対国家である「プラント」の軍隊「ザフト」に強奪され、ザフトパイロットの一人「ニコル・アマルフィ」の搭乗機となる。黒を基調としたカラーリングが特徴で、機体を透明化する特殊なステルスシステムを搭載している。「ブリッツ」はドイツ語で「電撃」を意味し、更に「ガンダム」にはバクロニムが設定されており「BLITZ General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System」とも表記される[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ プラモデルキット「マスターグレード ブリッツガンダム」においては肩部アーマーにコロイド展開用の装置を持つという解釈がなされている
  2. ^ アニメーション「機動戦士ガンダムSEED」第29話においては右腕を切り落とされたブリッツはランサーダートの一本を抱えてストライクに突撃し、返り討ちにあっている
  3. ^ 85分とする記述も存在する[8]
  4. ^ アストレイ ミラージュフレームは対応していない。

出典

  1. ^ MGブリッツガンダム』付属のデカールを参照。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年11月15日初版発行 7頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  3. ^ a b 『データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス 2004年10月15日初版発行 30頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  4. ^ a b 「機動戦士ガンダムSEEDモデルVOL.4 紅の炎編」ホビージャパン刊 38頁。(ISBN 4-89425-347-X)
  5. ^ MOBILE SUIT IN ACTION!! ブリッツガンダム」付属データカード参照
  6. ^ a b c d e f 「機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア」一迅社 86-89頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  7. ^ a b c d e f g h i プラモデルキット「1/100 MG ブリッツガンダム」取扱説明書参照
  8. ^ a b 「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」双葉社 46-47頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  9. ^ a b c d e プラモデルキット「HG 1/144 ブリッツガンダム」取扱説明書参照
  10. ^ a b c d 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1」講談社 10-11頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  11. ^ プラモデルキット「1/100 ネブラブリッツガンダム」組立説明書参照
  12. ^ メディアワークス「電撃ホビーマガジン」2004年2月号 53頁参照
  13. ^ a b 「電撃ホビーマガジン」メディアワークス 2003年2月号 32-35頁参照


「ブリッツガンダム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブリッツガンダム」の関連用語

ブリッツガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ペコリーノロマーノ

コメノリ

肝属川

スジブトヒラタクワガタ

男木島灯台

仏国寺

雲城水

十字がけ





ブリッツガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブリッツガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS