オーブ連合首長国とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オーブ連合首長国の意味・解説 

オーブ連合首長国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/15 23:27 UTC 版)

オーブ連合首長国(オーブれんごうしゅちょうこく、United Emirates of Orb)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空国家




[ヘルプ]
  1. ^ 公式年表による。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』第11話でのカガリ・ユラ・アスハのセリフ。
  3. ^ 作品本編の脚本、関連メディア、いずれにおいても、オーブには自国が攻撃を受けた際の武力支援義務のある中立条約締結国、中立保障国は登場しておらず、設定も作られていない。
  4. ^ 『機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム SEED RGB ILLUSTRATIONS DESTINY』より
  5. ^ a b 「余談」を参照のこと。
  6. ^ 森田繁著「SEED DESTINY MSV戦記」キャラクター&フィールドマップ(ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVOL.2』収録)参照。一例として、「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第14話にて、カガリがキラに宛てた手紙が日本語で書かれている。
  7. ^ 後藤リウ著・小説版:機動戦士ガンダムSEED第3巻とロマンアルバム機動戦士ガンダムSEED ストライク編 P.89、SEED MSV(HJ MOOK『機動戦士ガンダムSEED DESTINY モデ ルVOL.2』P.205)を参照。
  8. ^ 公式ガイドブック2 機動戦士ガンダムSEED-大地の戦士-P80-81のオノゴロ島全体地図より。
  9. ^ オノゴロ島をオーブ本島とする資料も存在する。
  10. ^ 「公式年表」参照。
  11. ^ ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3』「SEED MSV」による。
  12. ^ a b c d 双葉社「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」より
  13. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」1巻参照
  14. ^ シリーズ第2作『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』で主人公シン・アスカはモノローグで、オーブが「高い工業力」を持っていると説明しており、かつそれをコーディネイターの貢献のおかげであるとしている。元在住者も含めたコーディネイター技術者で明示的なキャラクターはエリカ・シモンズやリンナ・セラ・イヤサカが挙げられる。
  15. ^ a b c d e 別冊宝島『僕たちの好きなガンダムSEED』
  16. ^ 講談社『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編Vol.03』
  17. ^ ただし、密かに「プラントの技術もかなり入っているよう」であるとウイリアム・サザーランド大戦用連邦軍大佐が劇中述べている。
  18. ^ a b c d メディアワークス『データコレクション機動戦士ガンダムSEED外伝』(ISBN 978-4-8402-3907-3)「オフィシャルレポート」による。
  19. ^ a b c d 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」2巻(ISBN 9784044297039)参照
  20. ^ 設定書「オーブ軍階級章」による。ただし、この設定書はAdmiralと記しているにもかかわらず、その添え書きの説明では「カガリは将軍(=陸/空軍大将General)である」とも書かれており内容が矛盾している。
  21. ^ a b メディアワークス『電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻』(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  22. ^ 『機動戦士ガンダムSEED Destiny』でカガリがユウナ・ロマ・セイランに対し実施している。
  23. ^ 劇中描かれる閣僚会議の席は計12脚である。
  24. ^ ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2』「SEED MSV」で森田繁が記すところによる。
  25. ^ 資料により、建国の理念であるとするものと、ウズミ政権で提唱された理念であるとするものがある。
  26. ^ プラモデル「1/144ガンダムアストレイレッドフレーム」付属解説書(バンダイ)、『データコレクション機動戦士ガンダムSEED上巻』(メディアワークス)等参照。
  27. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣」(ISBN 4-04-429104-7)ではウズミの死後、その弟ホムラに地上での国政が任された事が示唆されている。「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4 示される世界」(ISBN 4-04-429111-X)ではCE73年以降、こうした戦後処理に携わった人員は責任から地位を退いている。
  28. ^ 『SEED DESTINY』の小説版第2巻では、カガリ・ユラ・アスハとユウナ・ロマ・セイランの挙式について、一部の軍人達はアークエンジェルが現れた理由などを理解して、連れ去りについては黙認した。
  29. ^ プラモデルキット「1/144 HG オオワシアカツキガンダム」解説より
  30. ^ この時既にムルタ・アズラエルやロード・ジブリールといった地球連合の軍産複合体幹部は他界しており、それらの事態に彼らはコミットしていない。
  31. ^ 現実に似たような制度を採っている国にルクセンブルグ大公国がある[1]が、大将相当官である「最高司令官たる将軍(Général-Commandant en chef)」は戦時における大公の名誉階級といった意味合いが強く、平時は准将相当官の「参謀総長たる将軍(Général-chef d'Etat-Major)」が最高位である。
  32. ^ SEED DESTINY PHASE-40「黄金の意志」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「オーブ連合首長国」の関連用語

オーブ連合首長国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スプートニク1号

ココア

飛騨高山の朝市と古い町並

YS-11

823P

メキシカンサイプレス

緑米

新横浜ラーメン博物館





オーブ連合首長国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーブ連合首長国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS