ジャスティスガンダムとは?

ジャスティスガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/27 00:53 UTC 版)

ジャスティスガンダム(JUSTICE GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つであり、番組後半から登場する新主役機である[1]。「プラント」の軍事組織「ザフト」の試作機で、兄弟機である「フリーダムガンダム」「プロヴィデンスガンダム」と同じ核エンジン搭載の高性能機という設定。赤基調のカラーリングとトサカ状の頭部センサー、背部に装備された大型バックパックが特徴。バックパックは分離しての遠隔操作が可能で、ジャスティス本体を上部に載せることもできる。劇中では主人公の一人「アスラン・ザラ」が「イージスガンダム」に次いで搭乗し、主人公「キラ・ヤマト」やその仲間たちと共同戦線を張る。プロダクションコードはJUSTICE[2]、型式番号はZGMF-X09A(ゼット・ジー・エム・エフ・エックス・オー・ナイン・エー)と設定されており、これと併せてZGMF-X09A ジャスティスガンダムと呼ばれる[3]




[ヘルプ]
  1. ^ このバクロニムは、設定上では「モビルスーツ兵器システムの名称であり、『OS』という解釈は、その一部を表すものでしかない」とされている[4]
  2. ^ 形式番号の末尾は eXperiment Atomic を略したもので「試作機 核動力搭載型」を意味する[7]
  3. ^ a b 「ガンダムMS動画図鑑 『第227回 フリーダムガンダム』 『第264回 ジャスティスガンダム』」 。初出は 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ3 機動戦士ガンダムSEED』 竹書房、29・35頁のフリーダム・ジャスティス項(2006年4月6日発行)。それ以前(以外)は 「シールド」 「ビームコーティングシールド」 「対ビームシールド」 などの表記が大半である(ジャスティスの#武装も参照のこと)。
  4. ^ 外見はG兵器の特徴部分を反映しており、中でも頭部にX303イージスの面影が強く見られるが、胴体や脚部のフォルムはザフト在来MSのシグーを連想させる意匠となっている[11]
  5. ^ ただし、弾薬推進剤酸素などには限りが有るため完全なスタンドアローンではない[13]
  6. ^ 安定稼働と制御を実現するため専用のモビルスーツ・ネオ・オペレーション・システム「G.U.N.D.A.M Complex」が実装されている。また、他のZGMF-Xシリーズにもあったのかは不明ながら、自爆装置も備えられていた。
  7. ^ コックピット内部は機体の動きと連動する全周囲モニターの回転型を採用し、コンソールにはマルチロックオン対応の球体型立体表示パネルが搭載され、機体のポテンシャルを最大限に発揮できるよう工夫されている。搭乗口は人体でいう鎖骨同士の中心点付近にあり、シート自体が昇降して乗り降りする方式になっている[9]
  8. ^ a b 本機プラモデルシリーズ組立説明書による塗装色ガイドから、最新(1/144 RG、1/100 MG)のものを要約。
  9. ^ 資料によって「バッセル」と「パッセル」の二通りの表記が存在する
  10. ^ 最長時のイメージについては、前29頁以外にも多くのメディアで確認出来るチーフメカ作監・重田智によるジャスティスのコンセプトイラスト(忍刀のように逆手で構える姿)によく表れている。
  11. ^ a b 竹書房の 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5』 では 「MMI-M19L 14mm2連装近接防御機関砲」 が頭部、「MMI-GAU26 17.5mmCIWS」 が胸部に搭載された機関砲であると記載されている。対して講談社の 『オフィシャルファイル メカ04』 では胸部に搭載された機関砲が 「MMI-M19L 14mm2連装近接防御機関砲」 であり、頭部に搭載された機関砲は 「MMI-GAU26 17.5mmCIWS」 となっている。
  1. ^ 『グレートメカニック⑧』 双葉社2003年、62~63頁。ISBN 978-4575464122
  2. ^ ホビージャパンMOOK機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.4 紅の炎編』 ホビージャパン2004年ISBN 4-89425-347-X
  3. ^ 『1/100SCALE ガンダムSEED ジャスティスガンダム』 バンダイ2003年、取扱説明書。
  4. ^ (『KCデラックス-1770機動戦士ガンダムSEED OFIFICIAL FILE メカ編Vol.3』 講談社、28~29。ISBN 4-06-334770-2)
  5. ^ a b c d e f g 『機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編 Vol.3』(ISBN 978-4-06-334770-8)講談社。
  6. ^ ROBOT魂<SIDE MS> フリーダムガンダム 特製マーキングシール&ブックレット』 バンダイ2015年
  7. ^ 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 竹書房。a……171頁。
  8. ^ a b 機動戦士ガンダムSEED MSV開発系譜図[ZAFT編]」 GUNDAM SEED WEB
  9. ^ a b c d 双葉社『機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド』(ISBN 9784575464696)より
  10. ^ a b c プラモデル 『1/100 MG フリーダムガンダム』 組立説明書。
  11. ^ a b c d e 一迅社「機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1108-2) 38-45頁
  12. ^ プラモデル 『1/100 フリーダムガンダム』 組立説明書。
  13. ^ 『データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻』(ISBN 9784840228671)メディアワークス。
  14. ^ プラモデル 『1/144 RG ジャスティスガンダム』 組立説明書。
  15. ^ 「SEED MSV 『Vol.12 GAT-X255 水中機動試験型フォビドゥンブルー』」 。
  16. ^ 1/144HG ジャスティスガンダム 解説
  17. ^ a b c d e f g h i プラモデル 『1/100 MG インフィニットジャスティスガンダム』 組立説明書。
  18. ^ a b アニメ本篇 「PHASE-42 ラクス出撃」 「PHASE-46 たましいの場所」 「PHASE-47 悪夢は再び」。
  19. ^ a b c d 『公式ガイドブック3 機動戦士ガンダムSEED DESTINY -誓いの宇宙-』 角川書店。
  20. ^ a b c 久織ちまき 『SEED DESTINY THE EDGE』 第5巻。
  21. ^ プラモデルキット「HG インフィニットジャスティスガンダム」解説より
  22. ^ a b c d e 一迅社刊「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1126-6)より
  23. ^ アスランの勇姿が甦る! MGインフィニットジャスティスついに完成!!」 GUNDAM.INFO、2008年10月1日
  24. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY OFFICIAL FILE メカ04』(ISBN 978-4-06-367159-9)講談社。
  25. ^ a b プラモデル 『1/100 インフィニットジャスティスガンダム』 組立説明書。
  26. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 選ばれた未来」(ISBN 9784044291129)
  27. ^ MECHANICS OTHERS」 GUNDAM SEED DESTINY、2005年4月29日のキャッシュ。
  28. ^ 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ3 機動戦士ガンダムSEED』 竹書房。
  29. ^ アクションフィギュア 『コズミックリージョン #7005 インフィニットジャスティスガンダム』 パッケージ。


「ジャスティスガンダム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ジャスティスガンダム」の関連用語

ジャスティスガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オーロラ

日豊海岸国定公園

坪内逍遥

ミヤマイラクサ

おれんじ8

ボール

布基礎

ゴム・フック付き台紙





ジャスティスガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジャスティスガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS