機動戦士ガンダムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 機動戦士ガンダムの意味・解説 

機動戦士ガンダム

原題:
製作国:日本
製作年:1981
配給:松竹
スタッフ
監督:富野喜幸 トミノヨシユキ富野由悠季
製作:渋江靖夫 

岩崎正美 イワサキマサミ
原作:矢立肇 ヤタテハジメ

富野喜幸 トミノヨシユキ富野由悠季
脚本:星山博之 ホシヤマヒロユキ

松崎健一 マツザキケンイチ

山本優 ヤマモトユウ

荒木芳久 アラキヨシヒサ
アニメキャラクター・デザイン:安彦良和 ヤスヒコヨシカズ
アニメーション監督:安彦良和 ヤスヒコヨシカズ
音楽:渡辺岳夫 ワタナベタケオ

松山祐士 マツヤマユウジ
作曲:谷村新司 タニムラシンジ
作詞:谷村新司 タニムラシンジ
歌:やしきたかじん 
スクリプター:大河原邦男 オオカワラクニオ

中村光毅 ナカムラコウキ
ナレーション:永井一郎 ナガイイチロウ
キャスト(役名
池田秀一 イケダシュウイチ (シャア・アズナブル
古谷徹 フルヤトオル (アムロ・レイ
鈴置洋孝 スズオキヒロタカ (ブライト・ノア
古川登志夫 フルカワトシオ (カイ・シデン
飯塚昭三 イイヅカショウゾウ (リュウ・ホセイ
鵜飼るみ子 ウカイルミコ (フラウ・ボウ)
井上瑶 イノウエヨウ (セイラ・マス
鈴木清信 スズキキヨノブ (テム・レイ
政宗一成  (パオロ・カシアス
戸田恵子 トダケイコ (マチルダ・アジヤン)
田中崇  (ギレン・ザビ
小山菜美 コヤマナミ (キシリア・ザビ
長堀芳夫  (ドズル・ザビ
森功至 モリカツジ (ガルマ・ザビ
曽我部和行 ソガベカズユキ (ワッケイン
広瀬正志 ヒロセマサシ (ランパ・ラル)
中谷ゆみ ナカタニユミ (クラウレ・ハモン
倍賞千恵子 バイショウチエコ (カマリア・レイ
解説
宇宙暦時代宇宙島舞台地球連邦反乱軍戦いを描く。原作矢立肇富野喜幸脚本星山博之松崎健一山本優荒木芳久共同執筆総監督富野喜幸それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
宇宙暦0079年。百億人近い地球総人口半数地球周辺に浮かぶスペース・コロニー宇宙都市)に移民していた。サイド3という地球から一番遠いコロニージオン公国と名乗って地球連邦政府独立戦争をいどんできた。サイド3独裁政権ザビ家が、全人類を支配ようとしているのだ。緒戦怠惰な生活に慣れきった地球軍は劣勢コロニー次々と落とされ、連邦軍半分人口を失ってしまう。ジオン軍レーダー妨害するモビルスーツザク”を開発戦いを有利に展開する。遅ればせながら連邦軍モビルスーツ開発成功最終テストコロニーサイド7で行なっていた、そのサイド7に、ジオン軍戦闘指揮官アズナブル少佐乗る船が入航してきた。サイド7に住むコンピューターマニアの少年アムロ・レイガンダムとその解説書偶然に入手ジオンに立ち向かっていく。広大な宇宙空間舞台に、泥沼化する戦闘のなかでレイ仲間少年少女たちは一人前戦士として成長していく。この戦いのなかで、人類未来はあるのだろうか

機動戦士ガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/08 14:38 UTC 版)

機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、:MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ制作の日本ロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この構想は後に神田武幸の手で『銀河漂流バイファム』として形になった。『バイファム』の原案に富野由悠季の名前があるのはこのためである。
  2. ^ この白兵戦の演出に関し「宇宙時代の兵隊にチャンバラをやらせるわけにはいかない」と悩んでいたスタッフにスタジオぬえは ライトセーバーの存在を示唆し、そこからビームサーベルの設定が生まれた(講談社『ガンダム者』)
  3. ^ 上半身と下半身の間にコア・ファイターを変形させて組み込むという形を採り、僚機の「ガンキャノン」「ガンタンク」もこのシステムを取り入れた。これはクローバーの玩具で3機の上半身を入れ換えられるというギミックのためである
  4. ^ ただしこれは敵ロボットのシーンをバンクシステムで使い回すためでもある(月刊ascii2008年5月号)。例えば第1話のザクのシーンが第2話にすでに利用されている
  5. ^ ただし富野は「実はニュータイプという単語も途中で作った」(週刊朝日ジャーナル1988年4月15日)と述べており、実際作中でニュータイプという言葉が登場するのは終盤である。後にテレビ版を再編集して作られた劇場版では、新作カットによりアムロがニュータイプとして覚醒する描写がテレビ版よりも前倒しで挿入された
  6. ^ 本作が放送された土曜夕方5時半時間帯は子どもが主な視聴層で、彼らには本作の「内容が難しすぎた」と指摘されている(キネマ旬報社『キャラクタービジネス その構造と戦略』)
  7. ^ 当初の52話分の構想について、富野がそれを記した「トミノメモ」と呼ばれるものが存在している。『機動戦士ガンダム 記録全集5』などで、打ち切りによって変更された部分を読むことができる。また、これに書かれたMSの名前などの中には、後に続編やモビルスーツバリエーションの中で用いられたものもある
  8. ^ サンライズの植田益朗は、放送当初は6割くらいが安彦良和の絵を好む女性ファンだったとしている(竹書房『新機動戦記ガンダムW パーフェクト・アーカイブ・シリーズ10』)
  9. ^ 高千穂は約1年後に総監督の富野と直接対談し、『月刊OUT』1981年4月号にその内容が掲載された(「デス・マッチ対談 富野喜幸VS高千穂遙」)。この対談で高千穂が改めて指摘した「SF性の欠如」を富野は対談の中で肯定している。
  10. ^ そうして生まれた有人ロボットとして、「バトロイド、デストロイド(『超時空要塞マクロス』)」、「コンバットアーマー(『太陽の牙ダグラム』)」、「ラウンドバーニアン(『銀河漂流バイファム』)」「アーマードトルーパー(『装甲騎兵ボトムズ』)」、「レイバー(『機動警察パトレイバー』)」などが挙げられる
  11. ^ 更に機動戦士ガンダム THE ORIGINでは最終搭乗機が重装甲型ジムとなる。
  12. ^ 機動戦士ガンダム THE ORIGINでは詳細に設定されている。
  13. ^ 第1・2・19・24・43話。
  14. ^ 第1・2・5・6・9・10・18・19・24・26・29・30・40 - 43話。
  15. ^ なお、公式リリース以外では、便宜上『砂の十字架編』と呼ばれる場合もある
  16. ^ 彼らはラポート発行の雑誌『ファンロード』1980年8月号(創刊号)の巻頭特集及び38〜39ページの記事中にて、当時流行した竹の子族と富野とをもじって「トミノコ族」と呼ばれている。
  17. ^ 当時はそういった風潮が現在より根強かった。
  18. ^ カトキハジメも『GUNDAM FIX』最終回でそのシーンを描き、当時の衝撃を語っている。
  19. ^ 岡崎は後に『太陽の牙ダグラム』『装甲騎兵ボトムズ』のコミカライズを行っているが、この時にはリアルロボットアニメの手法を理解し、原作に沿った内容になっている。

出典

  1. ^ アトムの遺伝子 ガンダムの夢 - サンライズ(2003年2月18日時点のアーカイブ
  2. ^ a b c 『ガンダム・エイジ―ガンプラ世代のためのガンダム読本』 洋泉社、1999年ISBN 4896913795
  3. ^ a b c d e f 『ガンダム者―ガンダムを創った男たち』 講談社、2002年ISBN 4063301818
  4. ^ 柿沼秀樹、加藤智 『バンダイ キャラクタープラモ年代記―鉄人からヤマト、ガンダムまで』 学習研究社、2007年ISBN 4054032826
  5. ^ 名古屋テレビ「GUNDAM HOMEPAGE PROJECT」より。外部リンク参照
  6. ^ a b 猪俣謙次 『ガンダム神話』 ダイヤモンド社、1995年ISBN 4478950075
  7. ^ 日経BP社技術研究部 『アニメ・ビジネスが変わる―アニメとキャラクター・ビジネスの真実』 ダイヤモンド社、1999年ISBN 482222550X
  8. ^ a b c 『日経キャラクターズ』2006年8月号、日経BP社。
  9. ^ a b c d 『マーチャンダイジングライツレポート』1981年6月号、商品化権資料センター。
  10. ^ 高千穂遙「ガンダム雑記」『月刊OUT』みのり書房、1980年4月号
  11. ^ 『富野由悠季全仕事―1964-1999』 キネマ旬報社、1999年ISBN 4873765145
  12. ^ 五十嵐浩司 『ガンプラ・ジェネレーション』 講談社、1999年ISBN 4063300749
  13. ^ 猪俣謙次、加藤智 『ガンプラ開発真話』 メディアワークス、2006年ISBN 4840234396
  14. ^ 『月刊トイジャーナル』1984年3月号、東京玩具人形問屋協同組合。
  15. ^ 『マーチャンダイジングライツレポート』1982年8月号、商品化権資料センター。
  16. ^ 【話の肖像画】ガンダムと30年(上)アニメーター・漫画家 安彦良和さん テーマと歴史、漫画で伝えたい - MSN産経ニュース 2010年10月13日(2010年10月21日時点のアーカイブ
  17. ^ 富山新聞 1979年4月18日付および1980年2月6日付朝刊テレビ欄より
  18. ^ 北日本新聞 1980年2月22日付朝刊テレビ欄より。
  19. ^ 氷川竜介、藤津亮太 『ガンダムの現場から―富野由悠季発言集』 キネマ旬報社、2000年ISBN 4873765374[要ページ番号]
  20. ^ 池田秀一 『シャアへの鎮魂歌 わが青春の赤い彗星』 ワニブックス、2006年ISBN 4847017005
  21. ^ a b c 株式会社 三協新社<One Man's Music/作曲家・渡辺岳夫 受賞歴> - 2017年1月31日閲覧。
  22. ^ 『読書世論調査』1995年版、毎日新聞社。
  23. ^ 富野由悠季『機動戦士ガンダムIII』 角川書店(角川文庫)、287頁。
  24. ^ 立てよ国民! ジオニックトヨタ社設立 シャア専用オーリスの販売が決定
  25. ^ シャア専用オーリススペシャルサイト ジオニックトヨタとは
  26. ^ 古谷徹、アムロ専用車のため根回し?『シャア専用オーリス』イベントに池田秀一と登壇
  27. ^ シャア専用「オーリス」詳細スペック明らかに アムロ専用機は!? (1/3ページ)(産経biz)
  28. ^ ガンダム落語「らすとしゅーてぃんぐ」本日公開!特設ページにて動画配信スタート!
  29. ^ 江戸の街でぶつかる「アムロ」と「シャア」――古典落語とガンダムがコラボ 立川志らくさん“頑駄夢(ガンダム)落語”動画公開 - 「機動戦士ガンダム」の世界観を再現した“頑駄夢落語”「らすとしゅーてぃんぐ」を、サンライズが公開)







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「機動戦士ガンダム」の関連用語

機動戦士ガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

李ジュレップ

ネオンドワーフ・レインボー

FLD

サバ節

2100系

伊勢鳥居

焼石連峰水源の森

スタンチョン





機動戦士ガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの機動戦士ガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS