ストライクダガーとは?

ストライクダガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/07 10:51 UTC 版)

ストライクダガー (STRIKE DAGGER) は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』シリーズに登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この為にベトロニクス等の対EMP装備も不十分な物が搭載され[4][3]パナマ攻略戦において敗北を喫している[3]
  2. ^ 小説版においては、こうしたナチュラル用の機体はOSで補うためにイレギュラーな動作に弱く、反射速度にも限界があるため、戦闘時に区別が可能とのキラの見解もなされている[6]
  3. ^ 劇中未使用。ただし、一部のゲーム作品ではグレネードが使用可能なストライクダガーが存在する。ちなみに、このグレネードはストライクダガーの公式設定画に描かれている。
  4. ^ 具体的改修点は明らかにされていない
  5. ^ 連合としては、ストライクの活躍がコーディネイターではなくナチュラルのものであったとして宣伝したい意図があり、そのため「エンデュミオンの鷹」の二つ名で知られるムウがストライクに搭乗していたとし、それまでの戦いも彼が行っていたかの様に見せかける予定だった。また、ムウはカリフォルニア士官学校に転属が決まっており、上層部は実戦を考慮せず、プロパガンダの意味でしかこの機体を考えていなかった[14]
  6. ^ 後に「ライブラリアン」が開発した「バスターストライカー」との関連は不明。
  7. ^ CE73年の時点で18m級MSのラミネート装甲を一撃で貫通できる威力を有しているビームライフルがザフト以外に広く民間にも数多く出回っているという現状では、実装していても実質無効化していると考えられる。無論レールガンや機銃、ミサイルに対し無力なのでは本末転倒である。
  8. ^ 例としてあげるならばアンクルアーマーや肩のバーニアの削除等。
  9. ^ 型番のQは「Quadruped」(英語で四足獣の意味)の頭文字[26]
  10. ^ 模型誌作例においては交換用のブレードヘッドも製作された。ブレード部はIWSP用のビームブーメランからの流用である[26]

出典

  1. ^ a b 一迅社「機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1108-2)78-81頁
  2. ^ a b c スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」1巻(ISBN 4-04-429701-0) 184~203頁
  3. ^ a b c d ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3 SEED MSV編』(ISBN 4-89425-336-4) 105-106頁
  4. ^ プラモデル付属小冊子「機動戦士ガンダムSEED MSV ハンドブック」より。
  5. ^ 週刊ガンダムファクトファイル112号より
  6. ^ a b 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣」(ISBN 4-04-429104-7) 285頁、及び335-336頁参照
  7. ^ a b c d e f g h i ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  95頁、及び188-195頁参照
  8. ^ 双葉社「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」(ISBN 978-4-575-46469-6) 42-43頁参照
  9. ^ 講談社「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.3」(ISBN 4-06-334770-2) 14頁参照
  10. ^ 小説版『ASTRAY』の記述より。
  11. ^ a b c ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEEDモデルVol.3 SEED MSV編』(ISBN 4-89425-336-4) 111頁
  12. ^ a b プラモデルキット「1/144 HG 105ダガー+ガンバレル」取扱説明書参照
  13. ^ a b メディアワークス刊「電撃ホビーマガジン」2005年2月号 19頁参照
  14. ^ a b メディアワークス刊「電撃ホビーマガジン」2004年7月号 22-25頁参照
  15. ^ 月刊ホビージャパン2004年10月号より
  16. ^ メディアワークス刊「電撃ホビーマガジン」2004年6月号 41頁参照
  17. ^ a b プラモデルキット「1/144 HG 105スローターダガー」解説より
  18. ^ a b c d 一迅社「機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1126-6) 92-95頁参照
  19. ^ 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER 公式サイト
  20. ^ 電撃ホビーマガジン2004年7月号 44頁
  21. ^ メディアワークス刊『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 -真実を求める者-』(ISBN 4-8402-3473-6) 31頁。
  22. ^ a b モビルスーツインアクション「ダガーL」解説より
  23. ^ a b モビルスーツインアクション「ダークダガーL」解説より
  24. ^ メディアワークス「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻-真実を求める者-」(ISBN 4-8402-3473-6) 73頁参照
  25. ^ プラモデルキット「HG ブルデュエルガンダム」解説
  26. ^ a b c d e f g h i ホビージャパンMOOK『機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVol.2 DESTINY MSV編』(ISBN 4-89425-415-8)  82頁、及び188-189頁参照







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ストライクダガー」の関連用語

ストライクダガーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

スツール

ワツナギソウ

F付きアスファルト混合物

赤祖父山のブナ林

大腿骨

WS005IN

主曲線

マシェット





ストライクダガーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのストライクダガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS