ロゴス_(ガンダムシリーズ)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ロゴス_(ガンダムシリーズ)の意味・解説 

ロゴス (ガンダムシリーズ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/10 18:00 UTC 版)

ロゴスLogos)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の組織。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 機動戦士ガンダムSEED』第14話「果てし無き時の中で」でラウ・ル・クルーゼのモノローグするところによれば、ブルーコスモスはバイオエシックス的論議や異物への恐怖から自然発生的に生じたイデオローグとしており、ロゴスがいつからブルーコスモスの「支持母体」になったのかは不明である。尚、公式の「コズミック・イラ年表においては「ブルーコスモスはCE15年には既に存在した、アズラエル財団が支援する環境保護団体を前進としており、CE40年にはカトリックやイスラムの過激派・狂信派を取り込み、反コーディネイター組織として結束した[1]」としている。
  2. ^ ロゴスという言葉はヘラクレイトスが作ったものなので、紀元前540年頃から紀元前480年頃までよりは後ということになる。
  3. ^ 設定担当の森田繁のインタビューによれば、ロゴスは歴代のアメリカ大統領を決めて戦争を起こすのも終わらすのも彼らであり、人類の悪意が集まっているような存在だという[2]。だが、千葉智宏は自作品『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』で、歴史の中で人類に戦争をさせてきたのは実は「一族」であるとし、「一族」がロゴスを手玉に取っていたのだとしていた。この辺りは、アニメ本編スタッフと『ASTRAY』スタッフの間で多少解釈が食い違っている。
  4. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』第1話「怒れる瞳」において、ブルーコスモスはギルバート・デュランダルにより「組織というより主義者」と説明されている。が、その後第33話「示される世界」でのデュランダルの演説によると、ブルーコスモスはロゴスが「支持母体」になっている集団であると述べられ、ロゴスの「罪状は明らかだ」としている。劇中では、具体的なその「罪状」は明示的に語られていない。ラクス・クラインはゲリラ放送にて、戦争が全てロゴスのせいだというのは誇張である旨を述べ(第43話 - 第44話)、またオーブ連合首長国首脳部もこのロゴス断罪・ブルーコスモス狩りを、「魔女狩り」であると明言(ただし同時にロゴスやブルーコスモスを支持してはいないと表明)、さらにその後間もなくデュランダル政権自体がオーブ+クライン派連合軍によって倒された。このため、くだんの「国際法廷」が実際に開かれ「罪状」が開示されたかどうかは定かでない。

出典

  1. ^ 「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 上巻」メディアワークス 2004年9月  66-67頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  2. ^ 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房 2006年5月 168-170頁。(ISBN 978-4812426876
  3. ^ a b c 『データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 下巻』メディアワークス 2007年10月  66-67頁。(ISBN 978-4-8402-4087-1)
  4. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 5 選ばれた未来」角川スニーカー文庫 2006年3月 230頁。(ISBN 4-04-429112-8)


「ロゴス (ガンダムシリーズ)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ロゴス_(ガンダムシリーズ)」の関連用語

ロゴス_(ガンダムシリーズ)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山躑躅

CA004

水郷筑波国定公園

横断歩道

サンカノゴイ

甲州

玉櫛

20形





ロゴス_(ガンダムシリーズ)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロゴス (ガンダムシリーズ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS