地球連合軍の機動兵器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地球連合軍の機動兵器の意味・解説 

地球連合軍の機動兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 04:11 UTC 版)

地球連合軍の機動兵器では、『機動戦士ガンダムSEED』を初めとする「C.E.(コズミック・イラ)」作品に登場するモビルスーツ (MS) とモビルアーマー (MA) の内、地球連合軍陣営の兵器について解説する。




注釈

  1. ^ ただ、結局大戦後半、ユーラシア連邦は大西洋連邦から正式にGAT-01及び01A1を提供され、戦後同国のアクタイオン社はG兵器の再開発計画でそのデータも合法的に提供された。
  2. ^ 一方で、NダガーN開発の際にブリッツが複数建造され、データ収集が行われたという設定も存在する。
  3. ^ 公式サイトでは前者だが『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』18話の出撃シーンでのアナウンスでは後者。

出典

  1. ^ a b c 公式年表参照。
  2. ^ 『データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス 2004年10月15日初版発行 76-77頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  3. ^ 『機動戦士ガンダムSEED』第26話のナレーションによる。
  4. ^ 「機動戦士ガンダムSEEDモデルVOL.4 紅の炎編」ホビージャパン 2004年10月12日初版発行 130頁。(ISBN 4-89425-347-X)
  5. ^ 「機動戦士ガンダムSEED メカニック&ワールド」双葉社 2012年11月28日初版発行 28頁。(ISBN 978-4-575-46469-6)
  6. ^ 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1」講談社 2003年2月17日初版発行 21頁および29頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  7. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY オフィシャルファイル フェイズ01」講談社 2005年7月 44頁。(ISBN 978-4063671551)
  8. ^ a b c 「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻」メディアワークス 2007年10月20日初版発行 50-51頁、67頁。(ISBN 978-4-8402-4058-1)
  9. ^ 『パーフェクトアーカイブス 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』竹書房 2006年5月 168-170頁。 (ISBN 978-4812426876)
  10. ^ アニメーション「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第12話
  11. ^ 「電撃ホビーマガジン」2005年2月号 メディアワークス 36頁
  12. ^ アニメーション「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第45話
  13. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年11月15日初版発行 112-115頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  14. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデル VOL.2 DESTINY MSV編」ホビージャパン 2006年3月31日初版発行 198頁。(ISBN 4-89425-415-8)


「地球連合軍の機動兵器」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球連合軍の機動兵器」の関連用語

地球連合軍の機動兵器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドイツ薊

モハ2形

オビラプトルの一種

4号電話機

フルムダンベール

エコバック包み

内歯車

高砂丸





地球連合軍の機動兵器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球連合軍の機動兵器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS