コズミック・イラとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コズミック・イラの意味・解説 

コズミック・イラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/01 13:36 UTC 版)

コズミック・イラCosmic EraC.E.)は、『機動戦士ガンダムSEED』シリーズにおける架空紀元




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 公式年表より
  2. ^ ASRAYなブログ
  3. ^ 『データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 下巻』メディアワークス 66-67頁。(ISBN 978-4-8402-4087-1)
  4. ^ 「パーフェクトグレード 1/60  ストライクルージュ+スカイグラスパー」バンダイ 組立説明書
  5. ^ a b 「マスターグレード ストライクフリーダムガンダム」バンダイ 2006年12月発売 組立説明書
  6. ^ 「PHASE-16 燃える砂塵」 Aパート、サイ・アーガイルのオペレーション台詞より。
  7. ^ 「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED」メディアワークス 72-73頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  8. ^ 千葉智宏「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 2」角川スニーカー文庫 160-161頁。(ISBN 4-04-429703-7)
  9. ^ a b 双葉社「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」(ISBN 978-4-575-46469-6)より 219頁参照
  10. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED 4 舞い降りる剣」(ISBN 4-04-429104-7) 78-81頁参照
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n メディアワークス「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED DESTINY 上巻」(ISBN 978-4-8402-4058-1) 66-68頁参照
  12. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 2 さまよう眸」角川スニーカー文庫、2005年7月1日初版発行、225-226頁。(ISBN 978-4044291099)
  13. ^ 「機動戦士ガンダムSEED DESTINY オフィシャルファイル フェイズ01」講談社 2005年7月 2頁。(ISBN 978-4063671551)
  14. ^ 月刊ホビージャパン2005年7月号
  15. ^ そのシーンで議長が少しだけ笑みを浮かべているから視聴者に気づくよう、監督が作ったと語っている。有楽町アニメタウンより
  16. ^ 『データコレクション機動戦士ガンダムSEED Destiny 下巻』メディアワークス 2007年11月15日 72頁。(ISBN 978-4840240871)
  17. ^ 対カーペンタリア対策の前線基地建設の任務を担っていた
  18. ^ フリーダムとデストロイとの交戦場面を意図的に秘匿している
  19. ^ 後にカガリの声明発表に対する妨害演説をも未然に防いでいる。
  20. ^ 損害を出した要因の一つとして、メサイアの味方を顧みないネオ・ジェネシス発射も含まれる。
  21. ^ これがユニウス戦役を指すのか、あるいは別に戦争が勃発したのかについては不明。


「コズミック・イラ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「コズミック・イラ」の関連用語

コズミック・イラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオハネモ

長原 芳明

ナンテンハギ

紙袋の口止め

干潟

タイ米

ツンドク

ラウム





コズミック・イラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコズミック・イラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS