バスターガンダムとは?

バスターガンダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/29 03:51 UTC 版)

バスターガンダム(BUSTER GUNDAM)は、テレビアニメ機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「地球連合軍」が開発した5機の試作機の1機だが、敵対国家である「プラント」の軍隊「ザフト」に強奪され、ザフトパイロットの一人「ディアッカ・エルスマン」の搭乗機となる。連結が可能な2挺の大型砲とミサイルランチャーを備えた、遠距離砲撃型の機体。「バスター」は英語で「破壊者」を意味し、更に「ガンダム」にはバクロニムが設定されており「BUSTER General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System」とも表記される[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ アストレイ ミラージュフレームは対応していない。
  2. ^ 尚、プラモデルキットの仕様ではジョイントアームの配置が変更されたために砲が届かず、取り付けた状態では連結ができなくなっている。流用パーツはそのままであるために砲連結用の銃尻部もノーマルと変わらないが、設定において砲のドッキングが可能か不可か定かではない。

出典

  1. ^ MGバスターガンダム』付属のデカールを参照。
  2. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年11月15日初版発行 6頁。(ISBN 978-4-7580-1126-6)
  3. ^ a b 『データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED 上巻』メディアワークス 2004年10月15日初版発行 26頁。(ISBN 4-8402-2817-5)
  4. ^ a b c d e f g 「1/144 HG バスターガンダム」バンダイ 2003年1月発売 取扱説明書
  5. ^ 「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」双葉社 2012年11月28日 26-27頁。 (ISBN 978-4-575-46469-6)
  6. ^ 「HG 1/144 エールストライクガンダム」バンダイ 2002年11月発売 組立説明書
  7. ^ a b c d e 『機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア』一迅社 2008年7月1日初版発行 66-69頁。(ISBN 978-4-7580-1108-2)
  8. ^ a b 「マスターグレード GAT-X102 バスターガンダム」バンダイ 2012年9月発売 組立説明書参照
  9. ^ a b c d 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.1」講談社 2003年2月 12-13頁。(ISBN 4-06-334678-1)
  10. ^ a b c d e 「1/100 LH-GAT-X103 ヘイルバスターガンダム」バンダイ 2009年8月 組立説明書参照
  11. ^ 「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編Vol.2」講談社 2003年5月29日初版発行 18-19頁。(ISBN 4-06-334725-7)


「バスターガンダム」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バスターガンダムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バスターガンダム」の関連用語

バスターガンダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カーシェアリング

木村 嘉男

カリン

青木香

ナチュラルスタイル

正法寺川北沢第六号石堰堤

AT-500型

寂地川





バスターガンダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバスターガンダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS