フェイズシフト装甲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 装甲 > フェイズシフト装甲の意味・解説 

フェイズシフト装甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/10 03:31 UTC 版)

フェイズシフト装甲(フェイズシフトそうこう、Phase Shift Armor)は、アニメ機動戦士ガンダムSEED』及び『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の装甲技術である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b c d メディアワークス「電撃データコレクション ガンダムSEED 上巻」(ISBN 4-8402-2817-5) 76-78頁
  2. ^ a b プラモデルキット「RG 1/144 エールストライクガンダム」取扱説明書参照
  3. ^ メディアワークス「電撃データコレクション ガンダムSEED 上巻」(ISBN 4-8402-2817-5) 30-31頁
  4. ^ ホビージャパン刊「機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVOL.2 DESTINY MSV編」(ISBN 4-89425-415-8) 115頁では、グフクラッシャーの装備するインパクトバイスを炸薬により300万Gの圧搾力で20-30発程連撃すればフェイズシフト装甲といえども粉砕されるという記述が存在する
  5. ^ メディアワークス「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上巻 真実を求める者」(ISBN 4-8402-3473-6) 161頁
  6. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 1」(ISBN 4-04-471701-X) 250-252頁。ただし、防御した際には装甲表面に傷が発生し、連続して受け続ければ破壊されるとの記述もある。
  7. ^ 角川スニーカー文庫「機動戦士ガンダムSEED 5 終わらない明日へ」(ISBN 4-04-429105-5) 382-383頁。
  8. ^ メディアワークス「機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下巻 絆を求める者」(ISBN 4-8402-3498-1) 89-92頁
  9. ^ GUNDAM.info 「MG フォースインパルスガンダム」対談
  10. ^ プラモデルキット「MG 1/100 ストライクルージュVer.RM+オオトリ」取扱説明書参照
  11. ^ プラモデルキット『MG エールストライクガンダム』解説より
  12. ^ プラモデルキット「PG ストライクルージュ」解説より
  13. ^ メディアワークス「電撃データコレクション 機動戦士ガンダムSEED 下巻」(ISBN 4-8402-2867-1) 74-75頁
  14. ^ MGデスティニーガンダム エクストリームブラストモード インストより。
  15. ^ 一迅社「機動戦士ガンダムSEED MSエンサイクロペディア」(ISBN 978-4-7580-1108-2) 82-83頁
  16. ^ 双葉社「機動戦士ガンダムSEED コズミック・イラ メカニック&ワールド」(ISBN 978-4-575-46469-6) 54頁参照
  17. ^ プラモデルキット「1/144 HG フォースインパルスガンダム」取扱説明書より


「フェイズシフト装甲」の続きの解説一覧





フェイズシフト装甲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「フェイズシフト装甲」の関連用語

フェイズシフト装甲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カンアオイ

横井小楠

821T

カワウ

押出成形

オビラプトルの一種

染井吉野

東西線50系車両





フェイズシフト装甲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフェイズシフト装甲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS