ザフトの艦船及びその他の兵器とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ザフトの艦船及びその他の兵器の意味・解説 

ザフトの艦船及びその他の兵器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/21 12:17 UTC 版)

ザフトの艦船及びその他の兵器では、『機動戦士ガンダムSEED』を初めとする「C.E.(コズミック・イラ)」作品に登場する架空の艦船やその他の兵器の内、ザフト陣営に属する兵器について解説する。




  1. ^ 実際にはこのレールガン2基は2連装仕様なのだが、明記している数少ない資料である 『僕たちの好きなガンダムSEED 全モビルスーツ&メカニック徹底解析編』 宝島社、『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ3 機動戦士ガンダムSEED』 竹書房などで「単装」で記されている。/一方、両誌ともに「450mm多目的VLS×4」の表記も見られるが、ナスカ級とは異なり劇中で使用シーンが1度も無く、かつナスカ級と同じ45cm超という大口径の発射装置が艦体のどの部分なのか定かでないため、存在自体が疑わしく誤植の可能性が高い。
  2. ^ a b 「SEED MSV戦記 『Feild 03:エンデュミオン C.E.70/06/02』」。
  3. ^ a b アニメ本篇 「PHASE-01 偽りの平和」 Bパート、ムウの「敵は?!」台詞直後のモニター画面。
  4. ^ 当該巻83頁の4コマ目に描かれているシルエットでローラシア級だと判別出来る。
  5. ^ 双葉社 グレートメカニックデラックス(号数不詳)
  6. ^ 『公式ガイドブック 機動戦士ガンダムSEED -運命の再会-』 角川書店などに掲載されているフルカラー3面図(平面、正面、底面)を精読しても5つ目の発射口は確認出来ないため、VLSは「×4」が正しく×5と記す資料は誤植の可能性が高い。
  7. ^ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY オフィシャルファイル メカ02』 講談社、20頁、『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ5 機動戦士ガンダムSEED DESTINY』 竹書房、52頁など。
  8. ^ 『パーフェクト・アーカイブ・シリーズ3 機動戦士ガンダムSEED』 竹書房、44頁。
  9. ^ 山根公利イラストエッセイ 『FROM G(THE) FIELD #3』」(『月刊ホビージャパン』 2004年3月号、95頁)。
  10. ^ 『データコレクション17 機動戦士ガンダムSEED 上巻』 メディアワークス、56頁。
  11. ^ 講談社「機動戦士ガンダムSEED オフィシャルファイル メカ編vol.3」より
  12. ^ 講談社「ガンダムSEED OFFICIAL FILE メカ編vol.4」より
  13. ^ 「データコレクション18 機動戦士ガンダムSEED 下巻 『OFFICIAL REPORT』」 メディアワークス。


「ザフトの艦船及びその他の兵器」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ザフトの艦船及びその他の兵器」の関連用語

ザフトの艦船及びその他の兵器のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プローブ

ユーロミヤマ

本多の森の蝉時雨

William McKinley

裏メリヤス編み

標準貫入試験

BMW Z4 M クーペ

鳥の巣





ザフトの艦船及びその他の兵器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのザフトの艦船及びその他の兵器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS