蒲生郡 脚注

蒲生郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/19 18:33 UTC 版)

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

関連項目


  1. ^ 八日市市街の住居表示実施地区については不詳。
  2. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. ^ 記載は「田中江村新田/田中江新田/十林寺村新田」。
  4. ^ 八幡各町の総称。記載は八幡村。本項では便宜的に1町として数える。
  5. ^ 詳細不明。本項では村数に数えない。
  6. ^ 小脇村・成願寺村に分かれて記載。「角川日本地名大辞典」では成願寺村・脇村・鳥居前村・宿村・今里村・辻村(以上彦根藩領)・野口村(支配不明)の7村が明治7年に合併して小脇村となったとしているが、本項では「旧高旧領取調帳」に従って幕府領1村として扱う。
  7. ^ 「旧高旧領取調帳」では幕府領の二俣村と記載されているが、「角川日本地名大辞典」では彦根藩領。
  8. ^ 記載は「田中江村/十林寺村」。
  9. ^ a b c d 市子村1村として記載。
  10. ^ 右記のほか「市井村/多賀村/北ノ庄村」が記載されているが、詳細は不明。
  11. ^ 西庄村・西庄浅小井村に分かれて記載。
  12. ^ 上慈恩寺村・下慈恩寺村に分かれて記載。
  13. ^ a b c 「旧高旧領取調帳」の記載は大津県。本項では「角川日本地名大辞典」の記述による。
  14. ^ 関ヶ原の戦い大坂の陣で日野鉄砲を献上した功績による「秀吉朱印地」が存在。
  15. ^ 白部村・白部村出作に分かれて記載。前者が幕府領、後者が宮川藩領。
  16. ^ 円山村・円山村出作に分かれて記載。前者が幕府領、後者が宮川藩領。
  17. ^ 寺社除地は西大路県が管轄。
  18. ^ 丸亀藩は明治4年4月10日(1871年5月28日)に廃藩。
  19. ^ この時点では、八幡新町三丁目、八幡新町二丁目、八幡新町元、八幡玉木町元、八幡玉木町二丁目、八幡正神町、八幡小幡町中、八幡小幡町上、八幡本町五丁目、八幡本町四丁目、八幡本町三丁目、八幡本町二丁目、八幡本町元、八幡池田町元、八幡池田町二丁目、八幡池田町三丁目、八幡池田町四丁目、八幡池田町五丁目、八幡板屋町、八幡北末町、八幡北元町、八幡元玉屋町、八幡佐久間町、八幡日杉町、八幡孫平治町元、八幡孫平治町二丁目、八幡寺内西元町、八幡寺内西末町、八幡新町四丁目、八幡魚屋町上、八幡魚屋町中、八幡魚屋町元、八幡宮内町、八幡大杉町、八幡為心町元、八幡為心町中、八幡為心町上、八幡仲屋町元、八幡桶屋町、八幡仲屋町中、八幡仲屋町上、八幡永原町元、八幡間之町、八幡永原町中、八幡永原町上、八幡博労町上、八幡博労町中、八幡博労町元、八幡西畳屋町、八幡東畳屋町、八幡江南町、八幡玉屋町、八幡大工町、八幡新左衛門町、八幡薬師町、八幡鉄砲町、八幡生須町、八幡船町、八幡鍛冶屋町、八幡慈恩寺町元、八幡慈恩寺町中、八幡慈恩寺町上、八幡鍵之手町、八幡縄手町元、八幡縄手町中、八幡縄手町末が存在。
  20. ^ 「旧高旧領取調帳」に記載がなく、支配関係も不明(寺社領か)。明治7年に長命寺門前より改称。本項では村数に数えない。
  21. ^ 「旧高旧領取調帳」に記載がなく、支配関係も不明。明治7年に里口村に改称した旗本領の野口村とは別。本項では村数に数えない。
  22. ^ (十禅寺村と誤表記)


「蒲生郡」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

蒲生郡のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蒲生郡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蒲生郡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS