松山英樹 松山英樹の概要

松山英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 17:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
 松山 英樹 
Hideki MATSUYAMA
基本情報
名前 松山 英樹
生年月日 (1992-02-25) 1992年2月25日(30歳)
身長 181 cm (5 ft 11 in)
体重 90 kg (198 lb)
国籍 日本
出身地 愛媛県松山市
経歴
大学 東北福祉大学
プロ転向 2013年
現在のツアー PGAツアー
プロ勝利数 16
優勝数
PGAツアー 8
メジャー選手権最高成績
マスターズ 優勝(2021)
PGA選手権 4位タイ(2016)
全米オープン 2位タイ(2017)
全英オープン 6位タイ(2013)
受賞
日本ツアー賞金王 2013
成績
初優勝 三井住友VISA太平洋マスターズ(日本ツアー:2011年
メモリアル・トーナメント(PGAツアー:2014年
世界ランク最高位 2位(2017年6月18日)
賞金ランク最高位 日本ツアー:1位(2013年)
PGAツアー:4位(2016-2017年)
殿堂表彰者
選出年 2022年
選出部門 特別賞
2018年1月3日現在
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 ゴルフ
日本
ユニバーシアード
2011 深圳 個人
2011 深圳 団体

日本人最年少マスターズ予選通過者(当時19歳)。アマチュア時代には、日本のアマチュアゴルファーとして初めてマスターズ・トーナメントの出場権を獲得し、2011年には同大会のロー・アマチュア(アマチュア選手最高成績)タイトルを獲得した。

日本ツアーで史上初ルーキーイヤー賞金王。ルーキー最多タイの年間4勝。史上最速(16試合)での年間獲得賞金2億円突破[2]

PGAツアーで日本人として史上最年少優勝(22歳)及び最多優勝(8勝)。アジア人史上初のマスターズ・トーナメント優勝者[3]

経歴

愛媛県松山市出身。松山市立雄郡小学校 [4]卒業後、明徳義塾中学校・高等学校を経て、東北福祉大学卒業。

アマチュア時代

4歳のときに、日本アマ出場経験もある父親の影響でゴルフを始める。中学2年のときに「ゴルフをやる環境を整える」目的で、ゴルフ部のある明徳義塾中学校に転校した。

明徳義塾高等学校時代の2008年には全国高等学校ゴルフ選手権大会で優勝し、日本ゴルフ協会(JGA)のナショナルチームにも選ばれるなど頭角を現す。

2010年東北福祉大学に進学。同年のアジアアマチュア選手権で日本人として初の優勝を遂げ、翌年のマスターズ出場権を獲得。翌週の日本オープンでも並み居るプロゴルファーを従え3位に入りローアマチュアを獲得した。

2011年にはマスターズに出場。予選も通過し、日本人としては初めてローアマチュアを獲得した。同年8月に中国広東省深圳で開催された第26回夏季ユニバーシアードでは個人で金メダル、藤本佳則小袋秀人・富村真治とともに団体でも金メダルを獲得[5]。同年11月には、三井住友VISA太平洋マスターズ倉本昌弘石川遼に次ぐ3人目のアマチュアでの日本ツアー優勝を果たした[6]

2012年には、R&Aによって創設された世界アマチュアゴルフランキングで日本人初の1位を獲得する。

プロ転向

2013年4月2日にプロ転向を表明。ただし大学のゴルフ部の主将は引き続き務め、プロとしても当面「東北福祉大学所属」としてプレーするとした。協会との事務手続きやホテルの手配などは東北福祉大学側が全面的にサポート。キャディは同大学OBでプロキャディ経験も豊富な進藤大典、トレーナーも同大学OBの金田相範で、基本的に3人チームでルーキーイヤーを戦う[7]

2013年

4月25日から4月28日、つるやオープンゴルフトーナメントでは、最終日首位と2打差の2位からスタート。後半15番で首位に並ぶと、上がり4ホール連続バーディーを含む逆転優勝を飾る。プロ転向2戦目での優勝は、1999年JGTO「日本ゴルフツアー機構」発足後では、従来の5試合を抜きツアー最短記録[8]。JGTO設立以前では、1979年中四国オープンにプロデビュー戦の重信秀人が、1981年の日本国土計画サマーズでは、松山と同じプロ転向2戦目の倉本昌弘がそれぞれ優勝している[8][9]

5月30日から6月2日、ダイヤモンドカップゴルフ最終日、首位タイからスタートした松山がそのまま何とか逃げ切り、トータル9アンダーまでスコアを伸ばして今季2勝目を挙げた。

6月13日から6月16日、全米オープンでは10位タイに入り、次年の全米オープン出場権を獲得。

7月18日から7月21日、初の全英オープン に出場し、6位タイの成績を収めた。3日目にはスロープレーにより1打罰を課せられ物議を醸した[10]海外メジャーにおいて、二戦連続で10位以内という日本人初の記録を残した。

9月5日から9月8日、フジサンケイクラシック最終日、4打のリードを持ちながら後続に追いつかれプレーオフに突入。苦しみながらも今季3勝目を手にした。

9月28日、震災復興を支援する基金設立を発表。今後出場する国内外の全試合で、バーディー1つに1万円、イーグル1つに2万円を積み立てる予定。これを被災した子供たちの役に立てたいと考えている[11]

10月3日から10月6日、米国選抜vs世界選抜(欧州国籍の選手を除く)による団体戦・プレジデンツカップに出場。世界選抜は10名が世界ランキングの上位から自動的に選出され、松山はアダム・スコット オーストラリア)、アーニー・エルス 南アフリカ共和国)らに続き6番目での堂々の選出となった[12]

11月28日から12月1日、カシオワールドオープンゴルフトーナメントで優勝し、今季4勝目を達成した。史上初のツアー参戦初年度(ルーキーイヤー)での賞金王を確定。史上3人目の2億円プレーヤーとなった。プロデビューから16試合(海外メジャー3戦を含む)での獲得賞金2億円突破は、尾崎将司(1994年、96年)と伊澤利光(2001年)を抜いて史上最速。また、新人選手の年間4勝は1981年の倉本昌弘の最多記録に並んだ[13]

12月9日、2013年度ジャパンゴルフツアー表彰式で史上最多の9冠(最優秀選手賞、賞金ランキング賞、Unisysポイントランキング賞、最優秀新人賞、平均ストローク賞、パーキープ率賞、バーディ率賞、サンドセーブ率賞、ゴルフ記者賞)を受賞した[14]

12月24日、トヨタ自動車と所属契約を結んだことを発表。対外的には「レクサス所属」という扱いとなる。契約期間は3年間で、契約金は総額6億円[1]

2014年

3月に東北福祉大学を卒業。卒業式では、在学中のゴルフの好成績により曹洞宗管長賞・学長賞を授与された[15]

5月29日から6月1日に行われたメモリアル・トーナメントにて、ケビン・ナ英語版とのプレーオフを制してPGAツアー初優勝を果たした[16]。 日本人選手の米ツアー制覇は、青木功丸山茂樹今田竜二に次いで6年ぶり4人目で、22歳の松山は最年少優勝。

2015年

4月9日から4月12日に行われた米マスターズ・トーナメントでは、11アンダーで単独5位に入った。

2014-2015シーズンは、PGAツアー賞金ランキング15位(3,758,619ドル)、FedExCupポイントランキング16位(558ポイント)で終えた。

2016年

2月4日から2月7日に行われたフェニックス・オープンリッキー・ファウラーとのプレーオフを制し2シーズンぶりPGAツアー2勝目を挙げた。[17]

10月13日から10月16日に行われた日本オープンゴルフ選手権競技で国内メジャー初優勝を果たした。

10月27日から10月30日に行われたHSBCチャンピオンズで世界ゴルフ選手権初優勝を果たした。

2017年11月5日、ドナルド・トランプ大統領、安倍晋三首相らと(水色のウェアーを着ているのが松山)

2017年

2月2日-5日に行われたフェニックス・オープンウェブ・シンプソン英語版とのプレーオフを制し2連覇、PGAツアー4勝目を挙げた。[18]

6月15日から6月18日に行われた全米オープンで2位タイに入った。

8月3日から8月6日に行われたブリヂストン招待選手権で世界ゴルフ選手権2勝目、PGAツアー5勝目を挙げた。

11月5日、来日中のドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相の霞ヶ関カンツリー倶楽部でのゴルフに同伴してプレーした[19]

2021年

2021年4月30日、菅義偉首相から内閣総理大臣顕彰を授与される

4月8日から4月11日に行われた米マスターズ・トーナメントでは、予選ラウンド2日間を-4、首位と3打差の6位タイで通過し、3日目は前半を-1で終えた後、11番ホールプレー中に悪天候で77分間の中断に見舞われるが、再開後の8ホールで1イーグル4バーディーを記録し、同年の大会全参加選手中初のノーボギー65で周り通算-11で首位浮上、2位に4打差をつけ、最終日は前半終了時点で-13までスコアを伸ばし、2位に最大6打差をつけていたが、後半では15番Par5で2打目をグリーンオーバーし池に落とすなど1バーディー4ボギーの+3で、最終的に同日+1の73となったものの、2位のウィル・ザラトリス英語版を1打差で振り切り、日本人およびアジア人史上初のマスターズ・トーナメント優勝を果たし[20]、海外メジャー大会としては男女通じて樋口久子全米女子プロ)、井戸木鴻樹全米プロシニア)、渋野日向子全英女子オープン)に続く4人目、いわゆるゴルフ四大メジャー大会では初の日本人制覇となった。また、マスターズ・トーナメント優勝によりオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員の権利を獲得、現役プロゴルフ選手である限りツアー成績に関わらず本大会に出場することが可能となった(生涯出場権利)。4月30日、菅義偉首相から内閣総理大臣顕彰を授与された[21]

7月2日、新型コロナウイルス感染[22]。感染から復帰した後の初の試合となる東京オリンピックでは銅メダル決定プレーオフの末にメダルを逃した[23]

10月21日から10月24日に日本で行われたZOZO CHAMPIONSHIPでPGAツアー7勝目を挙げた。やはり10月、「フォーブス30アンダー30」(日本版)の一人に選ばれる[24]

2022年

1月13日から16日(現地時間)にかけて行なわれたソニーオープン・イン・ハワイでは、3日目終了時点で首位ラッセル・ヘンリー英語版と2打差の2位から、最終日9番ホール終了時点で首位ヘンリーに5打差に広げられていたが、最終9ホールを松山が4バーディーで猛追、一方首位ヘンリーは1ボギーに終わり、最終ホール終了時点で-23で並びプレーオフに突入、プレーオフ1ホール目でヘンリーはボギーに終わり、2打目をピン側に2オンした松山はイーグルパットを沈め優勝を決めた。同トーナメントで日本人選手が優勝するのは、1983年、前身のハワイアン・オープン時代の青木功以来史上2人目、ソニーが同トーナメントのスポンサーとなってからは初となった。またこの優勝によりPGAツアー8勝目となり、アジア人選手としてPGA最多優勝の崔京周と並んだ[25]


  1. ^ a b c 松山3年6億 LEXUSと所属契約 - 日刊スポーツ・2013年12月25日
  2. ^ 勝って決めた!松山英樹、史上初のルーキー賞金王戴冠 - ゴルフダイジェスト・オンライン・2013年12月1日
  3. ^ 松山英樹、マスターズ優勝 メジャー日本男子で初”. 日本経済新聞 (2021年4月12日). 2021年4月12日閲覧。
  4. ^ 松山英樹選手おめでとうございます”. 松山市立雄郡小学校 (2021年4月12日). 2022年4月7日閲覧。
  5. ^ 【松山が団体・個人で金メダル、藤本が個人銀メダルを獲得。女子は11位タイに終わる】”. 日本ゴルフ協会. 2021年8月21日閲覧。
  6. ^ アマチュアの松山が圧巻の逆転V! 遼は8位フィニッシュ - ゴルフダイジェスト・オンライン・2011年11月13日
  7. ^ 松山英樹選手がプロ転向! - 日本ゴルフツアー機構・2013年4月3日、プロ転向への決意 松山英樹を後押ししたマスターズ - ゴルフダイジェスト・オンライン・2013年4月3日
  8. ^ a b 松山、プロ2戦目で最速V!転向26日、怪物ルーキー新伝説 - スポーツ報知・2013年4月28日、松山 最速V!でも、怪物にも「不安あった」プロ2戦目 - スポニチアネックス・2013年4月29日
  9. ^ 松山、2戦目はプロ最速V=つるやオープンゴルフ - 時事ドットコム・2013年4月28日
  10. ^ 松山英樹のスロープレーについて - THE OPEN・2013年7月21日
  11. ^ 松山、震災復興支援へ基金設立「力になれたら」 - サンスポ・2013年9月29日
  12. ^ 松山英樹が進化する。プレジデンツカップ出場の「価値」 - 集英社スポルティーバ・2013年10月3日
  13. ^ 松山英樹が今季4勝目で賞金王に - 日本ゴルフツアー機構・2013年12月1日
  14. ^ 松山英樹が史上最多の9冠を達成! - ゴルフダイジェスト・オンライン・2013年12月9日
  15. ^ 松山英樹が東北福祉大卒業式に出席「4年間早かった」 - ALBA・2014年3月20日
  16. ^ 松山、プレーオフ制し米ツアー初優勝 日刊スポーツ 2014年6月2日閲覧
  17. ^ “松山英樹V ファウラーとプレーオフの激闘制す”. 日刊スポーツ. (2016年2月8日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1602032.html 2016年2月8日閲覧。 
  18. ^ “松山が日本勢最多4勝目 米男子ゴルフ”. 日本経済新聞. (2017年2月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040002_W7A200C1000000/ 2017年2月6日閲覧。 
  19. ^ 松山英樹とトランプ大統領のラウンドを、海外メディアはどう伝えたか”. 集英社. 2017年11月26日閲覧。
  20. ^ 【芸能界から祝福の声】稲垣吾郎「松山英樹選手、勇気と感動ありがとう」”. サンスポ (2021年4月13日). 2021年6月7日閲覧。
  21. ^ 令和3年4月30日 内閣総理大臣顕彰式 | 令和3年 | 総理の一日 | ニュース” (日本語). 首相官邸ホームページ. 2022年5月29日閲覧。
  22. ^ ゴルフ松山英樹がコロナ陽性”. 共同通信 (2021年7月3日). 2021年8月1日閲覧。
  23. ^ 【速報】松山英樹は銅メダル逃す プレーオフ1ホール目で脱落” (日本語). GDOニュース. 2021年8月1日閲覧。
  24. ^ 30 UNDER 30 JAPAN 2021 日本発「世界を変える30歳未満」30人 フォーブス
  25. ^ “松山英樹 アジア人最多並ぶ米ツアー8勝目!青木功以来39年ぶりソニーOP制覇「勝ててうれしい」”. スポニチ (スポーツニッポン新聞社). (2022年1月17日). https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2022/01/17/kiji/20220117s00043000224000c.html 2022年1月17日閲覧。 
  26. ^ a b c 三井住友VISA太平洋マスターズ 最終ラウンド成績 - スポーツニッポン新聞社、2016年11月13日掲載、2016年11月19日閲覧
  27. ^ 松山に力強いサポート イチローらと同じオークリーとアイウエア契約 - スポニチアネックス・2013年6月25日
  28. ^ 松山英樹、ダンロップと日本人ゴルフ史上最高の5年30億円で契約延長 - スポーツ報知・2018年1月1日
  29. ^ 松山英樹ロレックスと契約へ 支援受けメジャーVだ - ゴルフ : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2021年1月13日閲覧。
  30. ^ HIDEKI MATSUYAMA × NOMURA(松山英樹選手スポンサーサイト) | NOMURA”. www.nomuraholdings.com. 2021年1月13日閲覧。
  31. ^ 松山英樹、NTTデータと3年間のスポンサー契約「感動や勇気を与えていきたい」” (日本語). スポーツ報知 (2021年5月11日). 2021年5月22日閲覧。
  32. ^ a b c 東京中日スポーツ・2011年1月7日付 18面
  33. ^ 松山英樹 プロフィール - 日本ゴルフツアー機構
  34. ^ 松山英樹が持つ石川遼と対照的な“すごみ” - スポーツナビ・2013年4月30日
  35. ^ 一般社団法人日本ゴルフツアー機構. “アマチュアの松山英樹くんが快進撃!!”. 日本ゴルフツアー機構 - The Official Site of JAPAN GOLF TOUR. 2021年1月13日閲覧。
  36. ^ 【ルーキー賞金王】松山英樹という男/その1-クローズアップ 【パーゴルフ プラス|PAR GOLF PLUS 】 P2/3” (日本語). PAR GOLF PLUS(パーゴルフ プラス). 2021年1月13日閲覧。
  37. ^ 巨人・菅野智之「あと5年は死にものぐるいで」松山英樹「優勝して30代に」…新春対談(1)”. GOLF報知. 2021年1月14日閲覧。
  38. ^ HIDEKI GOLF GARDEN”. hideki-golf.jp. 2021年1月13日閲覧。
  39. ^ 松山英樹 結婚&第1子誕生を発表” (日本語). ゴルフダイジェスト・オンライン. 2021年1月13日閲覧。
  40. ^ 松山、思い貫いた「10年愛」 極秘妻はゴルフ部後輩で帰国子女のバイリンガル 「“でき婚”じやなく自然な流れ」” (日本語). zakzak. 2021年1月13日閲覧。


「松山英樹」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

松山英樹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



松山英樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの松山英樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS