AoAとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > AoAの意味・解説 

【迎え角】(むかえかく)

Angle of Attack (AoA)
主翼が受ける気流角度のこと。図面計器では「α」の記号で表される。
具体的には翼弦線前縁後縁を結んだ線)の方位と、対気速度ベクトル方位とが成す角度である。
主として昇降舵により制御されるが、機体ピッチ角と同一のものではなく、また風などの影響を受けることにも注意する必要がある

迎え角は、速度とともに翼の揚力抗力決定する重要なパラメーターのひとつである。
迎え角や速度大きいと、一般に揚力抗力がともに増大する。
したがって、迎え角と速度とは一般にトレードオフの関係となる。
離着陸時など、翼の揚力小さくなる低速状態では、迎え角を大きく取って揚力増大させるとともに抗力増大させて速度抑える
迎え角を大きく取りすぎると端な速度低下失速に至るおそれがあるため、かわりにフラップなどを使って一時的揚力増大させる。

高速飛行する際には迎え角を小さく取り抗力抑える
一般に速度速けれ揚力大きくなるため、迎え角を大きく取る必要はない。

また、迎え角は旋回をするためにも重要である。
戦闘機ドッグファイト求められるような、回転半径小さな旋回をするためには、大きな迎え角を取る必要がある
これもまた、大きすぎる迎え角による速度低下失速スピンなどへ陥る危険性を持つ。このため戦闘機には、迎え角が大きくても揚抗比優れた主翼求められる

T尾翼を持つF-104には、迎え角を制限するための「キッカー」と呼ばれる機構備えられていた。
これは空力的な状態と無関係に、機械的かつ強制的昇降舵の舵角を戻すものであったため、かえって危険な状態になることも多くパイロットには不評であった。
近年飛行機では、フライバイワイヤーを用いた安全性の高いリミッター備えるものが増えている。

機体求められる飛行特性に応じ、あらかじめ主翼斜め取り付けて、機体ピッチ小さくてもある程度の迎え角を得られるように設計される。低速用の機体ほど、この取り付け角が大きくなる傾向にある。
F-8のように、取り付け角が可変式のものも存在する。

迎え角を示すには一般的な「度」や「ラジアンではなく、「ユニット」と呼ばれる独自の単位を用いる。
これはその数値を、翼が適切な揚力を得られる目安とするためである。
離着陸時には特に注意すべき数値であり、HUD離着陸モードではこのユニット表示するものが多い。


AOA(Asian Ostomy Association)

アジア オストミー協会の略称。IOA地域機構一つ3年に1回、AOA大会開催している。

AOA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/23 18:39 UTC 版)

AOA, AoA




「AOA」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「AoA」の関連用語

AoAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



AoAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本オストミー協会日本オストミー協会
Copyright (C) JAPAN OSTOMY ASSOCIATION, INC. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAOA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS