野外炊具1号とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 陸上自衛隊装備品 > 野外炊具1号の意味・解説 

野外炊具1号(改)

野外炊具1号 緒元性能
性能  
長さ 4.595mm
2.310mm
車両総重量kg 2500以下
炊飯能力 200人分(最大250人分)の主食及び副食概ね45分以内同時に調理できる。
牽引車 73式大型トラック
調理種類 炊飯、汁、焼・煮・炒・揚げ物等の調理が可能
構成  
かまど 6
外釜 6
  内釜 8
  揚げなべ 2
  バーナーAssy 6
  製作 伸誠商事マッキンリー
  備考  
  現用野外炊具損耗更新用。自動点火消化機構並びに全機構として不着火防止及び立ち消え防止機構有する12年度から冷凍冷蔵機能貯水機能給排水機能及び自動着火機能追加され、操用性を増している。

野外炊具

(野外炊具1号 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/24 04:16 UTC 版)

野外炊具(やがいすいぐ)は、欧米の軍隊が所有する“フィールドキッチン”に相当する、陸上自衛隊が装備する野戦用調理器具の総称である。屋外で大量の調理を行うことができ、野外演習だけでなく、災害派遣にもその能力を発揮する。なお、航空自衛隊は本車と同じく調理機能を有する炊事車(自走式)を装備しており、また、1930年代には日本陸軍が同じく調理機能を有する九七式炊事自動車(自走式)を開発・制式採用し、実戦投入している。


  1. ^ 新潟県中越地震で活躍する自衛隊の「野外炊具1号」とは?”. R25. 2012年12月6日閲覧。
  2. ^ 誤った取り付けによるネジの緩み・適切な管理を怠ったためにノズルから燃料漏れを引き起こし火災を起こした事例がある
  3. ^ 目詰まりを起こした場合、火力調整コックを操作して詰まりを除去する方法もあるが、一時的なものであり完全な除去は分解のうえコンプレッサーや金ブラシによる清掃を必要とする
  4. ^ a b c 一度で数百人分の調理が可能。自衛隊の野外炊具1号が被災地へ(動画あり)”. Gizmodo Japan. 2012年12月6日閲覧。


「野外炊具」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

野外炊具1号に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「野外炊具1号」の関連用語

野外炊具1号のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

92式浮橋

82式指揮通信車

78式雪上車

野外炊具2号

グレーダ

74式戦車

87式砲側弾薬車

トラック・クレーン





野外炊具1号のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2017 陸上自衛隊 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野外炊具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS