要指示医薬品とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 医薬品 > 要指示医薬品の意味・解説 

ようしじ いやくひんえうしじ- [0] 【要指示医薬品】

薬事法規定により、医師処方箋なしで販売することを禁止されている医薬品2005年平成17薬事法改正で「処方せん医薬品」に改称され、指定範囲拡大された。

処方箋医薬品

(要指示医薬品 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 08:32 UTC 版)

処方箋医薬品(しょほうせんいやくひん、英語: prescription medication)とは、医師処方箋を必要とし、薬剤師による調剤によって処方される医薬品のことである。これに対し、処方箋不要で薬局以外で購入することもできる一般用医薬品がある。かつて「箋」の字が常用漢字に含まれていなかったため処方せん医薬品と表記されていた。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m Peter C. Gøtzsche (2012-12-14) (pdf). Corporate crime in the pharmaceutical industry is common, serious and repetitive (Report). Nordic Cochrane Centre. http://www.cochrane.dk/research/corporatecrime/Corporate-crime-long-version.pdf 2014年6月4日閲覧。. , これの短縮版は以下である:Gotzsche, P. C. (2012年). “Big pharma often commits corporate crime, and this must be stopped”. BMJ 345 (dec14 3): e8462–e8462. doi:10.1136/bmj.e8462. PMID 23241451. 
  2. ^ a b Jones, Christopher M.; Mack, Karin A.; Paulozzi, Leonard J. (2013年2月). “Pharmaceutical Overdose Deaths, United States, 2010”. JAMA 309 (7): 657. doi:10.1001/jama.2013.272. PMID 23423407. http://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1653518. 
  3. ^ Facts & Stats”. International Overdose Awareness Day. 2014年1月20日閲覧。
  4. ^ a b Martins, Silvia S.; Sampson, Laura; Cerdá, Magdalena; et al. (2015年). “Worldwide Prevalence and Trends in Unintentional Drug Overdose: A Systematic Review of the Literature”. American Journal of Public Health 105 (11): e29–e49. doi:10.2105/AJPH.2015.302843. PMC 4605170. PMID 26451760. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/23294765/. 
  5. ^ a b 中村寿夫「明年度から実施される化学物質特許について (PDF) 」有機合成化学 第33巻第12号、1975年
  6. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 2015, pp. 41-42.
  7. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 2015, p. 45.
  8. ^ a b c 藤田利治 1999.
  9. ^ TRIPS協定 第27条及び第33条 経済産業省 特許庁
  10. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 2015, pp. 47-48.
  11. ^ デイヴィッド・ヒーリー 2015, pp. 52.
  12. ^ デイヴィッド・ヒーリー 2015, pp. 54、60.
  13. ^ a b デイヴィッド・ヒーリー 2015, p. 16.
  14. ^ 司法省、麻薬取締局 (2015-10) (pdf). 2015 National Drug Threat Assessment Summary (Report). Drug Enforcement Administration. https://www.dea.gov/docs/2015%20NDTA%20Report.pdf 2016年12月28日閲覧。. 
  15. ^ 米国の薬物過剰摂取が「大流行レベル」に、傷害死因のトップ 写真1枚 国際ニュース”. AFPBB News (2015年11月15日). 2017年2月19日閲覧。
  16. ^ Bachhuber, Marcus A.; Saloner, Brendan; Cunningham, Chinazo O.; Barry, Colleen L. (2014年8月). “Medical Cannabis Laws and Opioid Analgesic Overdose Mortality in the United States, 1999-2010”. JAMA Internal Medicine. doi:10.1001/jamainternmed.2014.4005. PMID 25154332. 
  17. ^ Bradford, A. C.; Bradford, W. D. (2016年). “Medical Marijuana Laws Reduce Prescription Medication Use In Medicare Part D”. Health Affairs 35 (7): 1230–1236. doi:10.1377/hlthaff.2015.1661. ISSN 0278-2715. 
  18. ^ 第1回医療行為WG 資料3 医療関連行為発明の特許法上の取扱いについて (PDF) 産業構造審議会知的財産政策部会特許制度小委員会医療行為WG
  19. ^ 医療関連行為の特許保護の在り方に関する専門調査会(第7回) 資料1 物質特許制度の導入後の状況 (PDF) 知的財産戦略推進事務局
  20. ^ 薬事法 (日本語) 法令データ提供システム
  21. ^ 平成17年厚生労働省告示第24号 (PDF) (日本語) 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  22. ^ 昨年の国内の医薬品市場は10兆5千億円 前年比1%減”. 朝日新聞デジタル (2018年3月1日). 2018年3月2日閲覧。
  23. ^ お客様へお知らせとお詫び ネオフィリン錠の販売数量 お知らせとお詫び (PDF) (日本語) CFSコーポレーション
  24. ^ 日本薬剤師会 (2011-04-15) (pdf). 薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン (Report) (第2版 ed.). 日本薬剤師会. http://www.nichiyaku.or.jp/action/wp-content/uploads/2011/05/high_risk_guideline_2nd.pdfline.pdf 2014年5月22日閲覧。. 
  25. ^ 日本病院薬剤師会 (2013-02-09) (pdf). ハイリスク薬に関する業務ガイドライン(Ver.2.1) (Report). 日本病院薬剤師会. http://www.jshp.or.jp/cont/13/0327-1.pdf 2014年5月22日閲覧。. 
  26. ^ a b c d Maia Szalavitz Sept (2012年9月17日). “Top 10 Drug Company Settlements”. TIME.com. http://healthland.time.com/2012/09/17/pharma-behaving-badly-top-10-drug-company-settlements/ 2013年2月23日閲覧。 
  27. ^ Johnson & Johnson to Pay More Than $2.2 Billion to Resolve Criminal and Civil Investigations”. Justice.gov (2013年11月4日). 2013年11月13日閲覧。
  28. ^ USDOJ: GlaxoSmithKline to Plead Guilty and Pay $3 Billion to Resolve Fraud Allegations and Failure to Report Safety Data”. Justice.gov (2012年7月2日). 2013年2月23日閲覧。
  29. ^ a b 福澤学、井上雅夫、津谷喜一郎日米における医薬品適応外使用とその施策―1990年代以降の歴史・現状・将来」 (pdf) 、『医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス』第42巻第4号、2011年、 346-356頁、 NAID 40018801576
  30. ^ Peter C. Gøtzsche, Jerome P. Kassirer, Karen L. Woolley, Elizabeth Wager, Adam Jacobs, Art Gertel, Cindy Hamilton (2009年). “What Should Be Done To Tackle Ghostwriting in the Medical Literature?”. PLoS Medicine 6 (2): e1000023. doi:10.1371/journal.pmed.1000023. PMC 2634793. PMID 19192943. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2634793. 
  31. ^ アレン・フランセス 『〈正常〉を救え―精神医学を混乱させるDSM-5への警告』 大野裕(監修)、講談社、2013年10月、321頁。ISBN 978-4062185516
  32. ^ Allen Frances (2014年10月5日). “Perverse U.S. Drug Policies Promote Drug Addiction and Deaths”. huffingtonpost. http://www.huffingtonpost.com/allen-frances/perverse-us-drug-policies_b_5935354.html 2016年4月10日閲覧。 
  33. ^ 江刺正嘉 (2010年6月29日). “向精神薬:過量服薬対策、厚労相が表明 省内にPT”. 毎日新聞: p. 東京朝刊1面 


「処方箋医薬品」の続きの解説一覧





要指示医薬品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「要指示医薬品」の関連用語

要指示医薬品のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



要指示医薬品のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの処方箋医薬品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS