褥とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > 敷物 > の意味・解説 

にく【×褥】

毛の敷物。しとね。

「—と思ひにも」〈梁塵秘抄・二〉

《皮が敷物適するところから》カモシカの別名。〈文明本節用集


じょく【×褥/×蓐】

柔らかい敷物。しとね。


しとね【×茵/×褥】

座るときや寝るときに下に敷く物。しきもの。ふとん。「の—」


にく【褥・蓐】

〔名〕

① 毛の敷物。しとね。

霊異記810‐824)中「時に王、見て起ち、床を立て(ニク)を敷きて居ゑ、〈国会図書館訓釈 爾口〉」

梁塵秘抄1179頃)二「にくと思ひにも初霜雪降り積みて、岩間流れ来しも、氷しにけり」

羚羊(かもしか)の異称。その皮が、敷物に適しているところからいう。〔文明本節用集室町中)〕

岡本記(1544)「うつぼにかけぬかはの事、にく、しま、牛、ねこのかは、からかはにはひつじ」


とこ‐しき【床敷・褥】

〔名〕

座敷などに敷く物。しきもの。しとね。

書紀720天武一〇年四月北野本訓)「諸の服用(き)る所の、金銀珠玉(たま)紫錦繍綾及び氈褥(おりかもトコシキ)冠帯并て種々雑色の類(たくひ)、服用ること各差有れ」

② 船の床板船床に敷く板。

浮世草子好色一代男(1682)八「新しき舟つくらせて、好色丸と名を記し〈略〉床敷(トコシキ)のうちには太夫品定こしばり


しとね【茵・褥】

茵〈伴大納言絵詞〉の画像

〔名〕 すわったり寝たりする時、下に敷く敷物使途により方形または長方形で、多く布帛真綿包みとし、ときに(い)の(むしろ)や毛織物の類を入れ、周囲を額(がく)と称して中央とは別の華麗布帛めぐらすのを常とした。

西大寺流記資財帳宝亀一一年(780一二月二五日「褥二床」

源氏100114頃)初音唐のきことごとしきはしさしたるしとねに、をかしげなる琴うちおき


じょく【蓐・褥】

〔名〕

馬小屋の床などに敷く(わら)やしきぐさしきわら。〔周礼夏官・圉師〕

しきもの。しとね。また、ふとん。ねどこ。

随筆山中人饒舌(1813)下「間跨牛背漫々鞍。横笛声中月已円」

薤露行(1905)〈夏目漱石〉三「騎士闘技に足を痛め今猶蓐を離れず」〔後漢書趙岐伝〕


読み方:ジョク(joku)

(1)しとね、しきもの
(2)カモシカ異称


褥〈白山菱文綺/〉

主名称: 褥〈白山文綺/〉
指定番号 792
枝番 00
指定年月日 1957.06.18(昭和32.06.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書
員数 1
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良作品

褥〈萠黄花鳥文錦/〉


褥〈萠黄狩猟文錦/〉


褥〈黄葡萄唐草文錦/〉


褥〈白華文綾/〉

主名称: 褥〈白華文綾/〉
指定番号 844
枝番 00
指定年月日 1958.02.08(昭和33.02.08)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書
員数 1
時代区分 奈良
年代
検索年代
解説文: 奈良作品
重要文化財のほかの用語一覧
工芸品:  褥  褥  褥  褥  豊干禅師図鐔  象図鐔  赤木柄短刀

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 15:47 UTC 版)

(しとね)とは座ったり寝たりするときの敷物の古風な呼称。寝るときの敷物は「」という文字を使い、ベッドパッドなどのことを指す。本項では寝殿造りなどに見られる座具である「茵」について記す。




「茵」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2016/07/28 15:38 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



褥と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「褥」の関連用語

褥のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



褥のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2021 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの茵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS