筆石とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > 一群 > 筆石の意味・解説 

ふで いし [0] 【筆石】

化石動物一群キチン質外被におおわれた群体シダのように見える。浮遊生活するものと固着生活するものがあった。古生代海中生息した、腸鰓類考えられる

フデイシ

(筆石 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/27 05:12 UTC 版)

フデイシ(筆石、グラプトライトGraptolithina)は、主としてカンブリア紀中期から石炭紀前期 (Mississippianにかけて生息した動物群である。初期のフデイシである Chaunograptus はカンブリア紀中期の生物である。


[ヘルプ]
  1. ^ a b Fortey, Richard A. (1998). Life: a natural history of the first four billion years of life on earth. New York: Alfred A. Knopf. pp. 129. ISBN 0-375-40119-9. 
  2. ^ 真核生物の系譜
  3. ^ Fortey, Richard A. (1998). Life: a natural history of the first four billion years of life on earth. New York: Alfred A. Knopf. pp. 129–134. ISBN 0-375-40119-9. 


「フデイシ」の続きの解説一覧



筆石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筆石」の関連用語

筆石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



筆石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフデイシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS