清涼飲料の歴史とは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > 清涼飲料の歴史の意味・解説 

清涼飲料の歴史

最初炭酸飲料クレオパトラ発明した!?
その美しさ歴史上偉大な人たちを悩ませた、古代エジプト女王クレオパトラ美しさ秘訣は一体なんだったのでしょう一説によると彼女は葡萄酒真珠を溶かしたシャンパンのようなものを美容不老長寿秘薬として飲んでいたとか。真珠主成分炭酸カルシウムは酸に溶ける反応炭酸ガス発生します。一種炭酸飲料ができあがるというわけです。真偽のほど定かではありませんが、いかにもクレオパトラらしいお話です。とすれば世界最古炭酸飲料は今の健康飲料機能性飲料一種であったとも考えられ、彼女の偉大さにあらためて驚かされます。

果実飲料始まりメソポタミア地方飲み水代わりにレモン水を飲んでいたバビロニア人。】
果実飲料始まりクレオパトラよりもさらに古くメソポタミア文明時代さかのぼります。約6000以前に、バビロニア人が果実飲料を飲んでいたことと、以後世紀にもわたってレモン飲料が飲まれたいた記録あります。つまり文明発生とほぼ同時に果実飲料誕生していたことになります。彼らが果実飲料を生み出し理由は、その"必要"があったから。河川汚染がひどく、果実混合なければ飲料水に適さなかったのではないか考えられています。なんだか、現代に似た状況ですね。

技術革新とともに普及した清涼飲料水。】
古代から清涼飲料水様々なかたちで飲まれてきましたが、商品として登場するのは18世紀以降のこと。1772年イギリスのジョセフ・プリスリーが炭酸ガス水中飽和させる方法発明し、炭酸水ヨーロッパ各地広がりました。また、1809年瓶詰め飲料保存方法開発され果実飲料躍進遂げました。いずれも技術革新とともに商品化促進され、多くの人が清涼飲料水楽しめるようになったのです。

黒船伝えレモネード清涼飲料水日本上陸。】
わが国初め清涼飲料水伝えられたのは、嘉永6年1853年)のこと。ペリー率いる黒船来航の時です。米国軍艦の艦上で、浦賀奉行らがレモネード(後のラムネ)を出され、その不思議味わい驚いたのが最初伝えられています。それを日本人商品化したのは慶応元年1865年)。長崎藤瀬兵衛という人だと伝えられています。さらに明治元年にはイギリス人のノース・レーが横浜ラムネシャンペンサイダージンジャーエールなど10数種の清涼飲料水売り出し、大評判をとったという記録が残っています。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「清涼飲料の歴史」の関連用語

清涼飲料の歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



清涼飲料の歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2018 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典

©2018 Weblio RSS