手を取り合ってとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 手を取り合っての意味・解説 

手を取り合って

ワ行五段活用動詞手を取り合う」の連用形である「手を取り合い」の促音便形に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手をとりあって

(手を取り合って から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 16:08 UTC 版)

手をとりあって」(てをとりあって、英語: Teo Torriatte (Let Us Cling Together)[注釈 1])は、イギリスロックバンドクイーンの楽曲。作詞作曲はブライアン・メイ




注釈

  1. ^ 本来のローマ字表記であれば「TEO TORIATTE」となるはずなのだが、なぜか発表当初からRが重なっている。
  2. ^ 当時のミュージック・ライフの編集長。

出典



「手をとりあって」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手を取り合って」の関連用語

手を取り合ってのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手を取り合ってのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手をとりあって (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS