愛敬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 愛敬 > 愛敬の意味・解説 

あい‐けい【愛敬】

[名](スル)親しみ敬うこと。敬愛。「愛敬の念」

秋田豊大い彼の久松雄を―して」〈香水世路日記


あい‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【愛敬】

仏語の「愛敬相」から。室町以降あいきょう」とも》

親愛尊敬の念をもつこと。人から愛され敬われること。あいけい

この女子(にょし)に、―、富を得しめ給へ」〈今昔一六・八〉

顔つき振る舞い性格などが、優しく愛らしいこと。あいきょう

「かたち、すがた、をかしげなり。―めでたし」〈宇治拾遺・一〇〉


あい‐きょう〔‐ケウ|‐キヤウ〕【愛×嬌/愛敬】

古くは「あいぎょう」》

にこやかで、かわいらしいこと。「愛嬌のある娘」「口もとに愛嬌がある」

ひょうきんで、憎めない表情・しぐさ。「愛嬌たっぷりに話す」

相手喜ばせるような言葉振る舞い。「愛嬌をふりまく

多く御愛嬌」の形で)座に興を添えるもの。ちょっとしたサービス座興。「ご愛嬌一差し舞う」「これもご愛嬌。へたな歌でも一曲

[補説] 「あいぎょう(愛敬)2」が清音化し、キャウ・キョウの区別失われたのち、意味に対応して「嬌」の字が近世以降当てられるようになった

[用法] 愛嬌愛想――「愛嬌」は、あるものに備わった、かわいらしさ、ひょうきん憎めないようすを表しているのに対し、「愛想」は、「愛想がよい」「愛想笑い」などのように、人にいい感じ与えるために示す態度動作である。◇「愛嬌」は「愛嬌のある顔」のように、その人にもともと身についたものをいうことが多いが、「愛想」は、「お愛想を言う」のように、意識的動作態度をいう。◇したがって「愛嬌愛想)のない人」のように相通じて用いられることもあるが、「愛想が尽きる」とはいっても、「愛嬌尽きる」とはいえない。


愛敬

読み方:アイギョウ(aigyou)

(1)尊敬の念抱きつつ愛することそのような印象与え魅力
(2)商売のとき、若干安価にしたりおまけをつけて、商行為をしやすくすること。


愛敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 02:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

愛敬

  • (あいきょう)日本語の姓。
    • 愛敬尚史 - 日本の元野球選手
    • 愛敬重之 - 日本の障害物競走選手
  • 愛敬町(あいけいちょう) - 佐賀県佐賀市にある町名。


愛敬

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 19:38 UTC 版)

名詞(1)

あいきょう, あいぎょう 別表記:愛嬌

  1. 表情などにかわいげがあること。
  2. 人のかわいらしさ
  3. 人をひきこむときに意図的に発する感情
  4. 接頭辞ご、お」を付けて商店などで、添えるもの。サービス

発音

あいきょう(aikyou) (古語あいぎょう(aigyou)
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/

翻訳

関連語

名詞(2)

あいけい

  1. 愛しみ敬うこと愛して敬うこと。

発音

あいけい(aikei)
IPA: /??/
X-SAMPA:/??/



愛敬と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「愛敬」の関連用語

愛敬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



愛敬の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの愛敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの愛敬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS