山寺とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > > 山寺の意味・解説 

やま でら [2]山寺

山の中の寺。
立石寺りつしやくじ)の通称

山寺

読み方:サンジsanji

山間設け寺院


やまでら 【山寺】

立石寺

山寺

名称: 山寺
ふりがな やまでら
種別 名勝
種別2: 史跡
都道府県 山形県
市区町村 山形市山寺
管理団体 山形県(昭7・12・9)
指定年月日 1932.03.25(昭和7.03.25)
指定基準 10,史3
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: 眞觀二年僧圓仁創建ト傳フル立石寺ノ旧境内ニシテ享禄ノ頃住僧圓海之ヲ再興セリ今ノ延暦寺常燈明信長焼討後此寺ニ求メタルモノナリトイフ東北叡山トシテ著名ナリ
全山凝灰岩ヨリナリ風蝕ノ痕ヲ有スル峭崖絶壁相連ナリ松樹及其ノ他ノ林木峰ノ半ヲ掩フ堂宇ハ■峯削壁ノ上ニ配置セラレ釋迦堂ノ■構心骨ヲ寒カラシメ慈覺大師秘行勸行ノ■窟(俗ニ大師入定窟■傳フ)及開山堂皆■岩ノ上ニ懸レリ天養元年入阿大徳建立ニ係ル如法經所碑アリ既ニ國寶指定セラレ天狗岩下瞰殊ニ■キヲ思ハシム峯下ノ平地國寶根本中堂アリ境地幽邃ニシテ稀ニ觀ルノ勝區タリ
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  山代方墳  山前遺跡  山名氏城跡  山寺  山崎貝塚  山形城跡  山王囲遺跡

山寺

作者小出正吾

収載図書小出正吾児童文学全集 2
出版社審美
刊行年月2000.5


山寺

作者水上勉

収載図書京都府文学全集1期(小説編) 第6巻(昭和戦後編 4)
出版社郷土出版社
刊行年月2005.10


山寺


山寺


山寺


山寺


山寺


山寺

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山寺

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

山寺

読み方
山寺そわ
山寺やまてら
山寺やまでら

山寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/30 02:29 UTC 版)

山寺(やまでら)




「山寺」の続きの解説一覧



山寺と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山寺」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
72% |||||

5
72% |||||

6
72% |||||

7
72% |||||

8
72% |||||

9
72% |||||


山寺のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



山寺のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山寺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS