小澤の不等式とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 小澤の不等式の意味・解説 

小澤の不等式

読み方:おざわのふとうしき
別名:小沢の不等式

小澤正直名古屋大学大学院教授2003年提唱した、不確定性原理修正する式。量子力学基本原理として広く知られるハイゼンベルクの「不確定性原理」が成立しない場合があることを示唆するもの。

ハイゼンベルクの不確定性原理は、簡略に述べてしまえば、量子力学世界では観測する行為によって観測対象運動位置影響与えしまうため、観測前の状態を正確に測定することはできない、というものである。この理論量子力学基礎として広く認められ、全く誤差のない測定原理的不可能であるという一般的認識として受け入れられていると言える

小澤の不等式は、ハイゼンベルク示した式の中に測定誤差測定による対象への影響」と、測定対象そのものが持つ「量子ゆらぎ」の混同があるという指摘土台として、両者厳密に区別するための項を補った式である。

2012年1月15日に「Nature Physics電子版に掲載された実験結果では、ハイゼンベルクの不確定性原理破れ、小澤の不等式が正当であることが示された。

関連サイト
Experimental demonstration of a universally valid error–disturbance uncertainty relation in spin measurements - Nature Physics
ハイゼンベルクの不確定性原理を破った!小澤の不等式を実験実証 - 日経サイエンス 2012年1月16日


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小澤の不等式」の関連用語

小澤の不等式のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小澤の不等式のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS