商材とは? わかりやすく解説

商材

取引対象となる物品サービス。「情報商材」など、商売で扱うことを明示する際によく用いる。

しょう‐ざい〔シヤウ‐〕【商材】

読み方:しょうざい

商品売り手からいう語。「新―の投入


商品

(商材 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/03/05 04:28 UTC 版)

商品(しょうひん、: product, commodity)とは、経済活動において生産流通交換される物のことである。商品には具体例として食品衣類などの物のほかに、法律相談郵便配達などのサービスや、証券などの権利、情報などが含まれる。 販売する物財に主眼を置く場合には、商材(しょうざい)とも呼ばれる。学術団体については、1951年4月21日、日本商業学会が慶應義塾大学教授向井鹿松を初代会長として設立された[1]


  1. ^ 学会HP”. 日本商業学会. 2022年1月23日閲覧。 個人会員1,072名,賛助会員11社・団体,購読会員32件 (2019年7月現在)
  2. ^ 第9条の2第1項・2項 : 業務規程”. 株式会社東京商品取引所. 2019年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧。
  3. ^ 第3条2項 : 定款”. 大阪堂島商品取引所. 2019年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月23日閲覧。


「商品」の続きの解説一覧

商材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 19:50 UTC 版)

内職商法」の記事における「商材」の解説

登録料数千円~数万円のものでは、宛名書き清書千羽鶴折鶴)・住宅図面トレースなどがポピュラーである。数十万円百万円のものでは、1990年代前半は、当時あまり普及してなかったパソコン主であったパソコン一般化した近年ではパソコン一式百万円では怪しまれるため、原価把握しづらいパソコンソフト取って代わった。また最近ではドロップシッピングホームページ作成ネットショップ作成在宅ワークや、効率的なアフィリエイトを打つための情報商材ネタに、数十万円百万円の教材販売されている。 特に特定生物養殖を商材として扱うものを育成内職商法という。ミミズコオロギタニシカエルなどが主でこの場合市場価格無視した高額で種親となる生物やその飼育セットマニュアルなどの購入迫られる養殖成功した暁にはその買い取り保証しているところもあるが、たいていは口先だけでいざ買い取ってもらおうとすると、さまざまな難癖をつけ買い取り渋るところが大半である。また実際に買い取ってくれる場合も、送料受託者持ちなど、さらなる出費必要である

※この「商材」の解説は、「内職商法」の解説の一部です。
「商材」を含む「内職商法」の記事については、「内職商法」の概要を参照ください。


商材

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 10:12 UTC 版)

オプザイル」の記事における「商材」の解説

NHKダイヤモンド社、そして投資に関する著作のあるライター高城泰が、オプザイルの商材を確認したところ、中身は「投資のタイミング値動き示唆する「シグナルツール」と呼ばれるもの」だったという。さらに続けて、「ツール起動画面などから、アメリカFX会社顧客無料で配布しているものに、機能加えたものと見られ、それをいわば二次販売している」という分析なされた加えて金融取引テクニック説明する付属文書基本的なとばかりで、専門用語誤記もあり、投資のプロではない人が書いた」ものではないか分析されているまた、NHK2016年9月20日報じたところによると、このUSBツールマニュアル支援ソフトの通りに取引をしても利益が全くでないものであるという。 さらにダイヤモンド社が、実際にオプザイル被害にあった人物から借り受けたオプザイルの商材を確認したところ、商材はバイナリーオプション向けのUSBツールであった。このUSBツール2016年12月現在、AirおよびAxis2種類があるが、いずれも内容面で大差がなく、主に販売ルート違い2種類分かれていることが確認されている。具体的な内容としては、ロシアのメタクオーツ・ソフトウェア社が開発した取引ツールで、米国のとある外国為替証拠金取引業者口座開設者向けに無料で頒布しているメタトレーダーというものが組み込まれている。本来このメタトレーダーは、通常はそれがメタトレーダー口座のある外国為替証拠金取引業者などを通じて頒布されているものであり、それを無許可で販売していることは、法律により保護され知的財産権等を侵害している可能性が高いダイヤモンド社主張している。

※この「商材」の解説は、「オプザイル」の解説の一部です。
「商材」を含む「オプザイル」の記事については、「オプザイル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「商材」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「商材」の関連用語

商材のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



商材のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの商品 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの内職商法 (改訂履歴)、オプザイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS