かなざわしみずとは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の名水百選 > かなざわしみずの意味・解説 

金沢清水(かなざわしみず)

湧水 岩手県八幡平市松尾寄木
名水画像
岩手山麓に湧き出る7ヵ所の総称座頭清水呼ばれていたが、金沢清水と称されるまでには幾多のいい伝えが残っている。湧水は岩手県内水面水産技術センターで、ニジマスヤマメアユ等の養殖及び研究にも利用されている。
位置情報

おすすめの時期
5月10月が見ごろ
周辺の自然環境
本市は県の北西部位置し、県都盛岡市から約35km総面積862.25k㎡広さ持ち、その約80%を森林占めている。地勢は南に岩手山(2,038m)、西に八幡平国立公園(1,613m)、前森山(安比高原スキー場・1,304m)など、1,000mを超す山々連なり、これを分水嶺とする松川赤川長川東北流れ集落耕地がこの3河川の流域に広がっている。
利用状況
隣接する岩手県内水面水産技術センターで、ニジマスヤマメアユ等の養殖及び研究として利用している。
イベント情報
名水隣接地のイベント広場で、毎年10月10日前後3日間、八幡平山賊祭り紅葉時期合せ開催している。
水質・水量
水質水量とも選定当事と変わらず、良好な状態を保っており、隣接岩手県内水面技術センターニジマスヤマメアユ等の)養殖研究利用されています。水量は、日量3.4トン流量を有している。
由来・歴史
名水認定名称は「金沢清水」だが、岩手山麓に湧き出る7ヵ所の総称をいう。「座頭清水」と称されるまでには幾つも言い伝えが残っており、岩手山の滝に住む7つの頭を持つ龍が里を見たくて地中にもぐり、頭を出したところが7つの湧口だという伝説や、悪さをする鬼が里人目潰しに遭い、神のお告げにより目を洗い清めた泉だという伝説等が残る。
水質保全活動
養殖利用している事等から管理岩手県内水面水産技術センター定期的に巡回及び湧口等の清掃を行っている。また、湧口周辺フェンス及びロープにより囲いをし、立入禁止にしており、保護並びに事故防止努めている。なお、フェンス手前に中が見え高台設置してある。
アクセス
鉄道バスでお越し場合
JR東北新幹線盛岡駅下車岩手県北バス八幡平頂上行/八幡平リゾートホテル行「東八幡交通センター下車徒歩10

【 お車でお越し場合
■ 東北自動車道西根IC国道282号線県道23号線八幡平方面30
■ 東北自動車道松尾八幡平IC県道45号線八幡平方面20


お問い合わせ
八幡平市松尾総合支所地域振興
〒 028-7392
岩手県八幡平市野駄19地割75番地
TEL : 0195-74-2111
shimink@city.hachimantai.lg.jp
その他
これ以外に昭和60年11月、「いわての名水20選」に「長者屋敷清水」が知事から認定を受けている。


アクセスマップ
アクセスマップ図


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

かなざわしみずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かなざわしみずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS