袋とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > の意味・解説 

たい 【袋】

接尾
助数詞など,袋(ふくろ)に入れたものを数えるのに用いる。 「セメント一-」

【たい】[漢字]

【 大 】
⇒ だい〔大〕 [漢]
【 太 】 [音] タイ ・タ
非常に大きい。 「 太陰太虚太鼓 ・太洋 ・太陽
程度はなはだしい。 「 太古太白太平
最初の。 「 太極太初太祖太宗
いちばん上の。 「 太后太子太守太郎(たろう)太政官(だいじようかん(だじようかん) 」
【 代 】
⇒ だい〔代〕 [漢]
【 台 】
⇒ だい〔台〕 [漢]
【 体 ( 體 ) 】 [音] タイテイ
からだ。 「 体育体温体格体軀(たいく)体刑体質体操体罰体力五体死体上体身体人体肉体裸体
きまった形。きまった形をもったもの。 「 体系体制体積体裁ていさい解体気体具体 ・形体 ・国体固体姿体字体書体政体物体文体流体
ようす。外観。 「 体面容体ようだい人体にんてい風体ふうてい
作用根源本質。 「 体言体用客体実体主体正体常体本体
身につける自分のものにする。 「 体験体得
【 対 ( 對 ) 】 [音] タイツイ
向かい合う。 「 対応 ・対岸 ・対顔対局対座対峙(たいじ)対蹠(たいしよ)たいせき) ・対称対象対陣対談対置対面対立対流対話
相手になる。 「 対決対抗対戦敵対反対
応じる。こたえる。うけとめる。 「 対案 ・対応 ・対策 ・対処応対
くらべる。対照対比絶対相対
つりあう。ひとしい。 「 対偶対称対等
そろい。 「 《 ツイ対句好一対
対馬(つしま)国」の略。 「 対州
[音] タイ
こけ。 「 青苔蘚苔せんたい緑苔
【 待 】 [音] タイ
まつ。 「 待機待望待命期待
もてなす。 「 待遇歓待招待接待優待
【 怠 】 [音] タイ
おこたる。なまける。 「 怠業怠惰怠納怠慢勤怠懈怠(けたい)(けだい)かいたい) ・倦怠けんたい
【 殆[音] タイ
あやうい。危険だ。 「 危殆疑殆
【 耐 】 [音] タイ
たえる。こらえる。 「 耐寒耐暑耐乏忍耐
外部からの力に対して抵抗力をもっていること。 「 耐火耐久耐酸耐湿耐震耐水耐性
【 胎 】 [音] タイ
みごもる。はらむ。 「 胎衣胎児胎生胎動懐胎堕胎換骨奪胎
子宮。 「 胎教胎毒胎内母胎
【 退 】 [音] タイ
しりぞく。のく。 「 退却退去退散退陣後退辞退進退敗退不退転一進一退
追い払う。 「 退治撃退
場所を離れ帰る。 「 退院退出退場退庁退廷早退
官職地位を去る。 「 退位退役退学退官退校退職退任引退隠退脱退中退勇退
おとろえる。消極的になる。 「 退嬰たいえい ・退屈 ・減退衰退 ・沈退 」
【 帯 ( 帶 ) 】 [音] タイ
おび。おび状に巻きつける。 「 衣帯眼帯束帯着帯包帯一衣帯水
おびる。
身につける。 「 帯出帯刀携帯
ある性質要素を含む。 「 帯電帯緑色
ともにする。 「 帯同連帯
おび状の地域。 「 一帯温帯寒帯地帯熱帯火山帯
配偶者家族をもつ。 「 妻帯所帯
【 泰 】 [音] タイ
おちついている。 「 泰安泰平安泰
はなはだ。 「 泰西泰東
タイ国のこと。 「 日泰 ・泰緬たいめん鉄道
【 堆 】
⇒ つい〔堆〕 [漢]
【 袋 】 [音] タイ
ふくろ。 「 風袋薬袋郵袋
【 逮 】 [音] タイ
とらえる。捕まえる。 「 逮捕
近づく。及ぶ。追いつく。 「 逮夜
【 替 】 [音] タイ
とりかえる。かわる。 「 交替代替
すたれる。 「 隆替
【 貸 】 [音] タイ
かす。 「 貸借貸与賃貸賃貸借
【 隊 】 [音] タイ
兵士集団。 「 隊形隊伍隊長隊列横隊軍隊小隊大隊中隊部隊編隊本隊連隊
組織された集団。 「 隊商楽隊
【 滞 ( 滯 ) 】 [音] タイ
はかどらない。とどこおる。 「 滞貨滞納延滞結滞渋滞遅滞沈滞停滞
とどまる。 「 滞欧滞空滞在滞留
【 態 】 [音] タイ
すがた。さま。ようす。 「 態勢態度奇態旧態形態姿態事態醜態 ・状態 ・常態生態世態変態様態容態ようだい
【 腿[音] タイ
もも。 「 下腿上腿大腿
【 褪[音] タイ
あせる。色がさめる。 「 褪色
【 諦
⇒ てい〔諦〕 [漢]
【 頽[音] タイ
くずれる。すたれるおとろえる。 「 頽運頽勢頽唐頽廃衰頽敗頽廃頽
【 黛[音] タイ
まゆずみ。 「 黛眉(たいび)翠黛すいたい粉黛
濃いあお色。また,あおあおした山の形容。 「 黛色黛青
【 戴 】 [音] タイ
頭にいただく。 「 戴冠
敬う。あがめる。あおぐ。いただく。 「 戴天推戴頂戴奉戴
【 擡[音] タイ
もたげる。高くする。 「 擡頭

ふくろ [3] 【袋・ 囊

口の部分だけを残し他を縫い合わせたり張り合わせたりして,中に物を入れるようにしたもの。布・紙・革などで作る
ミカン・ホオズキなどの果肉を包んでいる薄い皮。
開いている口が一方だけで,他に抜けられないもの。 「 -小路
体の中にあって,何かを入れているもの。 「胃-」 「子-」 「堪忍-」
に囲まれている土地
きんちゃく。 「嶋田の者は,…旅人の-をむさぼる故に大水を喜ぶ/仮名草子東海道名所記
[句]


作者駒田信二

収載図書中国怪異小説
出版社旺文社
刊行年月1986.6
シリーズ名旺文社文庫


作者坂牧良太

収載図書幽霊より怖い話ほんとうに怖いのは人間たちである
出版社竹書房
刊行年月2005.5
シリーズ名竹書房文庫


作者平山夢明

収載図書いま、殺りにゆきます 2
出版社英知出版
刊行年月2007.1
シリーズ名英知文庫

収載図書いま、殺りにゆきます 2
出版社情報センター出版局
刊行年月2007.9


作者藤沢周

収載図書幻夢
出版社文藝春秋
刊行年月2007.8


読み方:げそぶくろ

  1. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・福島県
  2. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・宮崎県
  3. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・大分県
  4. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・福岡県
  5. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岩手県
  6. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・岡山県
  7. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・山口県
  8. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・和歌山県
  9. 足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・徳島県
  10. 股引足袋ノコトヲ云フ。〔第四類 衣服之部・富山県
  11. 足袋。〔第二類 人物風俗
  12. 足袋下足の袋から作つた言葉。〔縁日商人
  13. 足袋
  14. 足袋のことをいふ。下足の袋といふところから来た語。
  15. 足袋を云ふ。
  16. 足袋清水 闇屋仲間
  17. 靴下又は足袋高松清水 闇屋仲間
  18. 足袋、又は靴下。〔闇屋
  19. 足袋靴下。「げそ」(※「げそ」)の項参照。〔盗〕
  20. 足袋のこと。

分類 ルンペン大阪和歌山県大分県宮崎県富山県山口県岡山県岩手県徳島県犯罪者露天商人、的屋縁日商人語、盗/犯罪福岡県福島県縁日商人闇屋仲間香具師


読み方:ちゃるうちやるう

  1. 結果成熟予見ナク又ハ目的ノ物ニ対スル実行ニ就テ、外来障礙逢着スルガ如キ場合ヲ云フ。〔朝鮮人隠語
  2. 予期結果を得られざる場合、又は到底成功予測し得ざる場合を云ふ。

分類 朝鮮人


読み方:ふくろ

  1. 袖袂。袋。蚊帳或は贓物品。贓物故買者等を云ふ。
  2. 詰り路地。〔関西地方方言〕 或は無頼漢巣窟。又は裏長屋等を云ふ。
  3. 池袋東京地名)。省略語。〔不〕 ②財布。金を入れる袋から。〔す〕
  4. 贓物故買者。無頼漢巣窟、又は裏長屋等をいう。或いは池袋」のことをいう。

分類 不/す/犯罪関西地方方言


読み方:ふくろ

  1. 賍物故買者。〔第二類 人物風俗
  2. 贓物故買犯。〔第三類 犯罪行為
  3. 故買者。〔掏模

分類 掏摸


読み方:ふくろ

  1. 〔犯〕贓品などを取敢へず隠す家のこと。
  2. 〔犯〕盗品持ち込んでかくし置く家のこと。

分類 犯、犯罪者


読み方:ふくろ

  1. 裏長屋-行詰ノ路次裏。〔第五類 一般建物
  2. 路次裏。

分類 ルンペン大阪


読み方:ふくろ

  1. 窃盗常習者其他悪漢無頼巣窟。〔第五類 一般建物

読み方:ふくろ

  1. 財布岡山

読み方:ふくろ,ぶくろ

  1. 池袋
  2. 池袋。〔香具師不良

分類 香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:フクロ(fukuro)

所在 青森県黒石市


読み方:フクロ(fukuro)

所在 茨城県結城郡八千代町


読み方:フクロ(fukuro)

所在 埼玉県鴻巣市


読み方:フクロ(fukuro)

所在 新潟県三条市


読み方:フクロ(fukuro)

所在 新潟県村上市


読み方:フクロ(fukuro)

所在 富山県魚津市


読み方:フクロ(fukuro)

所在 熊本県水俣市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:フクロ(fukuro)

所在 熊本県(肥薩おれんじ鉄道線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
ふくろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/15 16:09 UTC 版)

(ふくろ)とは、物を入れる容器の基本的な形状の一つである。柔軟な素材で作られ、内容物の無いときは折りたたむなどして小さくまとめることに向く。英語bag(バッグ)やsack(サック)で呼ばれることもある。




「袋」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/07/20 20:18 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





品詞の分類

接尾語  荒らし  袋    貫文

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「袋」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
96% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

笹瀬弘樹

宇治正子

宇坪入

UC-90

モールス

上勝町の阿波番茶

400形

高砂丸





袋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの袋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2017 Weblio RSS