荒らしとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 荒らしの意味・解説 

あらし 【荒らし】

接尾
名詞に付いて,荒らすこと,また荒らす人の意を表す。 「賭場(とば)-」 「道場-」

荒らし

読み方:あらし

サ行五段活用動詞荒らす」の連用形、あるいは連用形名詞したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

荒らし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/15 14:34 UTC 版)

荒らし(あらし、Troll)とは、物事の順列を無作為に乱すことで、奪うことを指す語。またそのような行為に及ぶような人。特にチャット電子掲示板ブログWikiなどの、不特定多数の人間が参加する形態のコンピュータネットワーク上のリソースに対して、不合理なメッセージの送信や妨害行為を継続的に行っている者を表す。




[ヘルプ]
  1. ^ その理由としてはアンチの側からの言及の中には「事実であるはずもない、誹謗中傷に当たる事柄(明確に荒らし行為の中に区分されるもの)」が存在していることが挙げられ、具体的に彼らを荒らしと呼べる具体的な分別は存在しないといえるからである。
  2. ^ その書き込みの多くは相手を指定した誹謗中傷といった個人攻撃のような事柄といえる。
  3. ^ スレッドの議論の場を潰しているという点では結局彼らも荒らしには変わりない。
  4. ^ お笑い芸人であるスマイリーキクチの公式ブログのコメント欄を荒らした者が脅迫罪及び名誉棄損罪で摘発されている(スマイリーキクチ中傷被害事件)。
  5. ^ アリス・リデル 掲示板荒らしの悪行まとめ @ ウィキ(有志によるまとめ) 閲覧日: 2017年2月24日
  6. ^ 朝日放送ビーバップ!ハイヒール』2014年10月30日放送より。
  7. ^ ばるぼら(2005)「インターネットブームの光と影」153頁 これは、アンダーグラウンドでない一般的なサイトの掲示板が荒らされた場合の対策方法について述べられたものである。


「荒らし」の続きの解説一覧

荒らし

出典:『Wiktionary』 (2008/01/17 13:00 UTC 版)

漢字混じり表記

らし(あらし)

  1. あらし 参照





品詞の分類

接尾語    荒らし    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「荒らし」の関連用語

荒らしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

高松堰

Megane Touring Wagon

ダボ穴

ツガ

顰

地方自治法施行60周年記念 愛媛県分 5百円バイカラー・クラッド貨幣

ホークスビー

板チョコレート





荒らしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荒らし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの荒らし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS