自閉症とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 自閉症の意味・解説 

じ へいしょう -しやう [2] 【自閉症】 〔autism〕

自閉 」に同じ。

自閉症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/13 00:32 UTC 版)

自閉症(じへいしょう、英語: Autism[注釈 1])は、社会性の障害や他者とのコミュニケーション能力に障害・困難が生じたり、こだわりが強くなる脳機能障害。先天性の要因が大きい。幼少期に発症した場合は、小児期崩壊性障害とされる。脳機能上の異常から認知障害の発症へといたる具体的なメカニズムについては未解明の部分が多い。早期幼児自閉症や小児自閉症またはカナー自閉症と呼ばれることもある。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 自閉性障害とする場合、Autistic Disorderと英語表記する場合もある。ただし、通常は、自閉スペクトラム症の英訳であるAutism Spectrum Disorderで"Autism"という単語を使うケースが一般的。
  2. ^ 何かして欲しい事があった場合に、そのことを直接言葉では伝えず(伝えられず)、近くの人の手を引っ張って対象物の所まで連れていく行動。
  3. ^ 「規則」といってもあくまで本人の基準による「規則」の場合があり、健常者から見た場合、乱雑であったり、規則性が無いように見えることもある。
  4. ^ 「未熟な状態である赤ちゃんの頃から朝から晩までテレビを垂れ流して育てると、正常に育たず自閉症的な子供として育つ」
    「最近自閉症の人数が増えているが、先天的なものは非常に少ない。テレビやビデオを見ている子供は自閉症の状態になることがある」
  5. ^ ボーダーとされるIQ70〜85を除いた、IQ85以上とする場合もある
  6. ^ 易刺激性とは、「かんしゃく、攻撃性、自傷行為、及びこれらの複合行為」である

出典

  1. ^ サイモン・バロン=コーエン 2011, Chapt.2.
  2. ^ a b サイモン・バロン=コーエン 2011, pp. 21-22.
  3. ^ a b Myers SM, Johnson CP (2007). “Management of children with autism spectrum disorders”. Pediatrics 120 (5): 1162–82. doi:10.1542/peds.2007-2362. PMID 17967921. 
  4. ^ Helt M, Kelley E, Kinsbourne M, Pandey J, Boorstein H, Herbert M, Fein D (2008). “Can children with autism recover? if so, how?”. Neuropsychol Rev 18 (4): 339–66. doi:10.1007/s11065-008-9075-9. PMID 19009353. 
  5. ^ Howlin P, Goode S, Hutton J, Rutter M (2004). “Adult outcome for children with autism”. J Child Psychol Psychiatry 45 (2): 212–29. doi:10.1111/j.1469-7610.2004.00215.x. PMID 14982237. 
  6. ^ Silverman C (2008). “Fieldwork on another planet: social science perspectives on the autism spectrum”. Biosocieties 3 (3): 325–41. doi:10.1017/S1745855208006236. 
  7. ^ Global Burden of Disease Study 2013 Collaborators (2015). “Global, regional, and national incidence, prevalence, and years lived with disability for 301 acute and chronic diseases and injuries in 188 countries, 1990–2013: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2013.”. Lancet. doi:10.1016/S0140-6736(15)60692-4. PMID 26063472. 
  8. ^ ASD Data and Statistics”. 2014年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年4月5日閲覧。
  9. ^ “Prevalence of autism spectrum disorders — autism and developmental disabilities monitoring network, 14 sites, United States, 2008”. MMWR Surveill Summ 61 (3): 1–19. (2012). PMID 22456193. オリジナルの25 March 2014時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140325235639/http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/ss6103a1.htm. 
  10. ^ Blumberg SJ, Bramlett MD, Kogan MD, Schieve LA, Jones JR, Lu MC (2013). “Changes in prevalence of parent-reported autism spectrum disorder in school-aged U.S. children: 2007 to 2011–2012”. Natl Health Stat Report (65): 1–11. PMID 24988818. オリジナルの21 September 2013時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/6JoG0uE7r. 
  11. ^ Brugha T, Cooper SA, McManus S (2012年1月31日). “Estimating the prevalence of autism spectrum conditions in adults: extending the 2007 Adult Psychiatric Morbidity Survey”. The Information Centre for Health and Social Care. National Health Service, UK. 2014年12月29日閲覧。
  12. ^ a b B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.6。ISBN 978-4895928526 
  13. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 & 2012 Chapt.1.2.2.
  14. ^ Lam KS, Aman MG (2007). “The Repetitive Behavior Scale-Revised: independent validation in individuals with autism spectrum disorders”. J Autism Dev Disord 37 (5): 855-66. doi:10.1007/s10803-006-0213-z. PMID 17048092. 
  15. ^ Johnson CP, Myers SM (2007). “Identification and evaluation of children with autism spectrum disorders”. Pediatrics 120 (5): 1183–215. doi:10.1542/peds.2007-2361. PMID 17967920. オリジナルの2009-02-08時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20090208013449/http://pediatrics.aappublications.org:80/cgi/content/full/120/5/1183. 
  16. ^ 門 眞一郎自閉症の人の理解(認知)の特徴(視覚的構造化の理論的根拠) (PDF) 『自閉症は自閉症』2002年、4-5ページ
  17. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.3.3.
  18. ^ “Advances in autism”. Annu Rev Med 60: 367–80. (2009). doi:10.1146/annurev.med.60.053107.121225. PMC 3645857. PMID 19630577. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3645857. 
  19. ^ Reichenberg A, Gross R et al. (2006). “Advancing paternal age and autism.”. Arch Gen Psychiatry. 63 (9): 1026-1032. PMID 16953005. 
  20. ^ Christensen J, et al. (2013-4-24). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. JAMA. 309 (16): 1696-703. doi:10.1001/jama.2013.2270. PMC 4511955. PMID 23613074. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681408. 
  21. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-4-24). “Risks of in utero exposure to valproate.”. JAMA. 17 (3): 84. doi:10.1001/jama.2013.4001. PMC 3685023. PMID 23613078. https://jama.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1681385. 
  22. ^ Meador KJ, Loring DW. (2013-9). “Prenatal valproate exposure is associated with autism spectrum disorder and childhood autism.”. The Journal of pediatrics. 163 (3): 924. doi:10.1016/j.jpeds.2013.06.050. PMID 23973243. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476(13)00809-3. 
  23. ^ Wood A. (2014-7). “Prenatal exposure to sodium valproate is associated with increased risk of childhood autism and autistic spectrum disorder.”. Evidence-Based Nursing. 17 (3): 84. doi:10.1136/eb-2013-101422. PMID 23999195. http://ebn.bmj.com/content/17/3/84.long. 
  24. ^ Singh S. (2013-8-20). “Valproate use during pregnancy was linked to autism spectrum disorder and childhood autism in offspring.”. アナルズ・オブ・インターナル・メディシン. 159 (4): JC13. doi:10.7326/0003-4819-159-4-201308200-02013. PMID 24026277. https://annals.org/article.aspx?articleid=1726872. 
  25. ^ Smith V, Brown N. (2014-10). “Prenatal valproate exposure and risk of autism spectrum disorders and childhood autism.”. Education and Practice. Education and practice edition. 99 (5): 198. doi:10.1136/archdischild-2013-305636. PMID 24692263. http://ep.bmj.com/content/99/5/198.long. 
  26. ^ Boukhris T, et al. (2016-2-1). “Antidepressant Use During Pregnancy and the Risk of Autism Spectrum Disorder in Children.”. en:JAMA Pediatrics. 170 (2): 117-24. doi:10.1001/jamapediatrics.2015.3356. PMID 26660917. http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2476187. 
  27. ^ 脊髄においてグルタミン酸作動性神経伝達の異常を惹起する因子の探索 (pdf)”. 国立情報学研究所. (2011年3月). 2016年5月19日閲覧。
  28. ^ Nagata K, et al. (2009-4-23). “Antidepressants inhibit P2X4 receptor function: a possible involvement in neuropathic pain relief.”. Molecular Pain. 5: 20. doi:10.1186/1744-8069-5-20. PMC 2680826. PMID 19389225. https://mpx.sagepub.com/content/5/1744-8069-5-20.long. 
  29. ^ Peter Penzes, et al. (2011-3). “Dendritic spine pathology in neuropsychiatric disorders.”. en:Nature Neuroscience. 14 (3): 285-93. doi:10.1038/nn.2741. PMC 3530413. PMID 21346746. http://www.nature.com/neuro/journal/v14/n3/full/nn.2741.html. 
  30. ^ Chang Soon Choi, et al. (2016-11-7). “The transgenerational inheritance of autism-like phenotypes in mice exposed to valproic acid during pregnancy.”. en:Scientific Reports. (en:Nature Publishing Group). 6: 36250. doi:10.1038/srep36250. PMC 5098241. PMID 27819277. http://www.nature.com/articles/srep36250. 
  31. ^ 自閉症の病態解明につながる成果 —世界初 自閉症に特徴的な脳体積変化と同時期に起こる化学的変化を同定— (pdf)”. 科学技術振興機構. (JST). (2012年). 2016年8月3日閲覧。
  32. ^ Yang Zhan, et al. (2014-3). “Deficient neuron-microglia signaling results in impaired functional brain connectivity and social behavior.”. en:Nature Neuroscience. 17 (3): 400-6. doi:10.1038/nn.3641. PMID 24487234. http://www.nature.com/neuro/journal/v17/n3/full/nn.3641.html. 
  33. ^ Servadio M, et al. (2016-9-27). “Targeting anandamide metabolism rescues core and associated autistic-like symptoms in rats prenatally exposed to valproic acid.”. en:Translational Psychiatry. (en:Nature Publishing Group). 6 (9): e902. doi:10.1038/tp.2016.182. PMC 5048215. PMID 27676443. http://www.nature.com/tp/journal/v6/n9/full/tp2016182a.html. 
  34. ^ Kerr DM, et al. (2013-7-5). “Alterations in the endocannabinoid system in the rat valproic acid model of autism.”. en:Behavioural Brain Research. 249: 124-32. doi:10.1016/j.bbr.2013.04.043. PMID 23643692. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0166432813002519. 
  35. ^ アランナ・コリン著、矢野真千子訳『あなたの体は9割が細菌』 p111ほか、2016年8月30日、河出書房新社、ISBN978-4-309-25352-7
  36. ^ Shaw, William (2010-06). “Increased urinary excretion of a 3-(3-hydroxyphenyl)-3-hydroxypropionic acid (HPHPA), an abnormal phenylalanine metabolite of Clostridia spp. in the gastrointestinal tract, in urine samples from patients with autism and schizophrenia”. Nutritional Neuroscience (Maney Publishing) 13 (3): 135-43. doi:10.1179/147683010X12611460763968. PMID 20423563. 
  37. ^ [プロバイオティクスが子どものADHDを予防するかもしれない、13年間の追跡調査 https://www.mededge.jp/a/pedi/13667]
  38. ^ Pärtty A, Kalliomäki M, Wacklin P, Salminen S, Isolauri E (2015). “A possible link between early probiotic intervention and the risk of neuropsychiatric disorders later in childhood: a randomized trial”. Pediatr. Res. 77 (6): 823–8. doi:10.1038/pr.2015.51. PMID 25760553. 
  39. ^ Tabuchi, K.; et al. (2007). “*” (PDF). Science (318): 71-76. doi:10.1126/science.1146221. http://www.sciencemag.org/content/318/5847/71.full.pdf 2012年5月10日閲覧。. 
  40. ^ 自閉症に関連する遺伝子異常を発見 -自閉症の病因解明や早期診断に向けた新知見- (PDF)”. 独立行政法人 理化学研究所 (2007年3月23日). 2016年9月24日閲覧。
  41. ^ マルコ・イアコボーニ『ミラーニューロンの発見』塩原通緒訳、早川書房、2009年、212、213頁
  42. ^ 『危険!テレビが幼児をダメにする!!―現場カウンセラーが明かす驚くべき事実 言葉の遅れ、思考力の低下、自閉症児の原因が判明』1998年3月、コスモトゥーワン ISBN 978-4906361700。『自閉症の謎に挑む―活性酸素によるニューロンの破壊』 ルナ子ども相談所 (2000) ISBN 978-4795248731
  43. ^ Michael Lesserなど
  44. ^ 自閉症における水銀・チメロサールの関与に関する声明 平成16年(2004年)6月 日本小児神経学会
  45. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2013, Chapt.1.6.4.
  46. ^ 発達障害を治す 大森隆史 (
  47. ^ Wakefield, AJ; Murch, SH; Anthony, A; Linnell, J; Casson, DM; Malik, M; Berelowitz, M; Dhillon, AP et al. (1998). “RETRACTED: Ileal-lymphoid-nodular hyperplasia, non-specific colitis, and pervasive developmental disorder in children”. The Lancet 351 (9103): 637–641. doi:10.1016/S0140-6736(97)11096-0. ISSN 01406736. 
  48. ^ “TIMESONLINE MMR doctor Andrew Wakefield fixed data on autism”(英語)
  49. ^ Lancet Retracts Wakefield Paper
  50. ^ チメロサールとワクチンについて 横浜市衛生研究所
  51. ^ イタリア、予防接種を就学の条件に AFP(2017年5月20日)2017年5月20日閲覧
  52. ^ 氏家・松田・森・若山・村上・山本「自閉症児309例の臨床特徴の分析:高機能自閉症とアスペルガー症候群の臨床特徴に関する調査研究」
  53. ^ 高橋・大野・染矢訳「DSM-IV 精神疾患の診断・統計のマニュアル」
  54. ^ 宮尾益知:監修『女性のアスペルガー症候群 : イラスト版』(講談社、2015年3月)ISBN 978-4-06-259790-6
  55. ^ 佐藤光展、精神医療ルネサンス「DSMの功罪 小児の障害が20倍!」読売新聞の医療サイトyomiDr.(ヨミドクター)2012年10月24日
  56. ^ 精神医学「DSM-5をめぐって─Dr. Allen Francesに聞く」医学書院2012年8月(54巻8号)
  57. ^ Michael Mechanic (2013-05-14). “Psychiatry's New Diagnostic Manual: "Don't Buy It. Don't Use It. Don't Teach It."”. Mother Jones. 
  58. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2012, Chapt.1.2.3.
  59. ^ 英国国立医療技術評価機構 2012, Chapt.1.2.5.
  60. ^ 英国国立医療技術評価機構 2012, Chapt.1.5.11.
  61. ^ F84. Pervasive developmental disorders”. ICD-10: International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems: Tenth Revision. World Health Organization (2007年). 2013年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月10日閲覧。
  62. ^ Sanders, James Ladell (2009). “Qualitative or Quantitative Differences Between Asperger’s Disorder and Autism? Historical Considerations”. Journal of Autism and Developmental Disorders 39 (11): 1560-1567. doi:10.1007/s10803-009-0798-0. ISSN 0162-3257. PMID 19548078. 
  63. ^ Carpenter, Laura Arnstein; Soorya, Latha; Halpern, Danielle (2009). “Asperger's Syndrome and High-Functioning Autism”. Pediatric Annals 38 (1): 30-5. doi:10.3928/00904481-20090101-01. 
  64. ^ 第2回掲載分 自閉症ってどんな子なの? - 愛知県青い鳥医療福祉センター
  65. ^ 英国国立医療技術評価機構 2011, Chapt.1.5.7.
  66. ^ a b c d e 英国国立医療技術評価機構 2012, Chapt.1.2.8.
  67. ^ Baron-Cohen他、Autism-Spectrum Quotient、2001
  68. ^ 自閉症スペクトラム指数(英語)
  69. ^ 自閉症スペクトラム指数(日本語版) (PDF)
  70. ^ Baron-Cohen S, Wheelwright S, Skinner R, Martin J, Clubley E (2001). “The Autism-Spectrum Quotient (AQ): evidence from Asperger syndrome/high functioning autism, males and females, scientists and mathematicians” (PDF). J Autism Dev Disord 31 (1): 5-17. doi:10.1023/A:1005653411471. PMID 11439754. http://autismresearchcentre.com/docs/papers/2001_BCetal_AQ.pdf. 
  71. ^ 若林明雄自閉症スペクトラム指数AQ 日本語版について (PDF) 『自閉症とADHDの子どもたちへの教育支援とアセスメント』国立特殊教育総合研究所科学研究費報告書、2003年、47-56ページ
  72. ^ Woodbury-Smith MR, Robinson J, Wheelwright S, Baron-Cohen S (2005). “Screening adults for Asperger Syndrome using the AQ: a preliminary study of its diagnostic validity in clinical practice” (PDF). J Autism Dev Disord 35 (3): 331-5. doi:10.1007/s10803-005-3300-7. PMID 16119474. http://autismresearchcentre.com/docs/papers/2005_Woodbury-Smith_etal_ScreeningAdultsForAS.pdf 2009年1月2日閲覧。. 
  73. ^ Baron-Cohen S. The extreme male brain theory of autism. Trends in Cognitive Sciences 6: 248-254, 2002. 和訳
  74. ^ 同上 解説新聞記事(英語)
  75. ^ マルコ・イアコボーニ『ミラーニューロンの発見』塩原通緒訳、早川書房、2009年、220-224頁
  76. ^ 英国国立医療技術評価機構 2012, Chapt.1.1.7.
  77. ^ 英国国立医療技術評価機構 2013, Chapt.1.3.2.
  78. ^ a b c d 医薬品インタビューフォーム(2016年9月改訂 第18版)エビリファイ (pdf)”. 医薬品医療機器総合機構 (PMDA) (2016年9月). 2016年10月14日閲覧。
  79. ^ 抗精神病剤「リスパダール®」小児期の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の適応追加承認取得ヤンセンファーマ
  80. ^ Ghaleiha A, Alikhani R, Kazemi MR, Mohammadi MR, Mohammadinejad P, Zeinoddini A, Hamedi M, Shahriari M, Keshavarzi Z, Akhondzadeh S. (2016-4-29). “Minocycline as Adjunctive Treatment to Risperidone in Children with Autistic Disorder: A Randomized, Double-Blind Placebo-Controlled Trial”. en:Journal of child and adolescent psychopharmacology. doi:10.1089/cap.2015.0175. PMID 27128958. https://online.liebertpub.com/doi/10.1089/cap.2015.0175. 
  81. ^ Kumar H, Sharma B. (2016-1-1). “Minocycline ameliorates prenatal valproic acid induced autistic behaviour, biochemistry and blood brain barrier impairments in rats”. en:Brain research. (1630): 83-97. doi:10.1016/j.brainres.2015.10.052. PMID 26551768. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0006-8993(15)00839-2. 
  82. ^ [1] 共同通信 2014年10月10日付
  83. ^ Single dose of century-old drug approved for sleeping sickness reverses autism-like symptoms in mice
  84. ^ 自閉症は漢方でよくなる!(健康ライブラリ) 飯田 誠
  85. ^ 中医对自闭症的认识及治疗现状
  86. ^ 「米国における自閉症、注意欠陥・多動症等の発達障害児のはり治療」 日本小児はり学会 特別講習会2015
  87. ^ Scalp acupuncture effect on language development in children with autism: a pilot study. Clinical Trial Allam H, et al. J Altern Complement Med. 2008. Show full citation
  88. ^ [Treatment of autism with scalp acupunctur]. Li N, et al. Zhongguo Zhen Jiu. 2011. Show full citation
  89. ^ 子どもの鍼治療「おねしょ」に効果、チック障害を含めた5つの問題に有望 Medエッジ
  90. ^ Yang C, Hao Z, Zhang LL, Guo Q (2015). “Efficacy and safety of acupuncture in children: an overview of systematic reviews”. Pediatr. Res. 78 (2): 112–9. doi:10.1038/pr.2015.91. PMID 25950453. 
  91. ^ Kanner L (1968). “Autistic disturbances of affective contact”. Acta Paedopsychiatr 35 (4): 100–36. PMID 4880460. 
  92. ^ Asperger, H.: Die“Autistischen Psychopathen”im Kindesalter. Archiv. fur Psychiatrie und Nervenkrankheiten, 117: 76-136, 1944.
  93. ^ 上野千鶴子著「マザコン少年の末路」の記述をめぐって : 河合おんぱろす増刊号』(1994年,河合文化教育研究所)
  94. ^ 「『マザコン少年の末路』増補版をめぐって:『月刊社会教育』」(谷口郁子1994-12,38(12):70-74)
  95. ^ 学陽書房1990-1995年『ニュー・フェミニズム・レビュー』
  96. ^ この曲が収録されていた『LIVE OR DIE-Corkscrew A Go Go』(VHS:1999、DVD:2000) と『pictures vol.1』(DVD:2000) は廃盤、回収された。
  97. ^ [2]
  98. ^ 毎日新聞、2012年5月7日。
  99. ^ 「テレビ朝日|Qさま!!」ページ中程に<おわびと訂正>







自閉症と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「自閉症」の関連用語

自閉症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

沖縄雀瓜

万内川十二号堰堤

タイラーメン

ハイカライトT型

キック

探偵倶楽部

SV-H98/30

胸鎖関節





自閉症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自閉症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS