幕政とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 政治 > 幕政の意味・解説 

幕府

(幕政 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/05 02:19 UTC 版)

幕府(ばくふ)は、日本中世及び近世における征夷大将軍などの武家の最高権力者を首長とする武家政権のことをいう。あるいはその武家政権の政庁、征夷大将軍の居館・居城を指す名称としても用いられる。近衛大将の唐名。


  1. ^ 中国史学者の渡邉義浩によれば、後漢から三国時代の大将軍は軍事・内政の全権を掌握する政権の最高権力者の官位とされることが多く、蜀漢の諸葛亮の後継者である蒋琬らが就任しているという。(渡邊『「三国志」武将34選』PHP研究所)
  2. ^ 前漢の将軍、周亜夫匈奴征伐のために「細柳」という地に布陣し、軍規を厳しく威令を整え、文帝の行列すらも陣中の作法を守らせるために下馬させ、かえって文帝の賞賛を受けたという『漢書』周勃伝の故事より
  3. ^ 高橋富雄『平泉の世紀―古代と中世の間』 講談社学術文庫、2012による。高橋によれば、鎮守府将軍は前述の周亜夫の故事から「君命も受けざる所あり」とされ、非常時には天皇大権を行使できる「節刀」を授かっていた
  4. ^ 源頼朝は朝廷に以前から征夷大将軍宣下を奏請していたが、朝廷は奥州藤原氏が当時は同格と見なされていた鎮守府将軍職にあったことなどを理由に将軍宣下を拒んでいた。なお、『吾妻鏡』にも、奥州合戦時に捕虜にされた奥州藤原氏の家臣の武士が「わが奥州藤原家は将軍宣下を朝廷から受けている正式な鎮守府将軍家であり、鎮守府も開けず左兵衛佐程度の木っ端役人にすぎない源頼朝風情に頭を下げる必要はない」と言い出したことが出ている。頼朝の右近衛大将すら奥州合戦での勝利の後に与えられた官位であった(高橋2012)。『吾妻鏡』文治五年(1189年)九月小七日甲子条には「宇佐美平次実政、生虜泰衡郎従由利八郎、相具参上陣岡。而天野右馬允則景生虜之由、相論之。二品(頼朝)仰行政(二階堂行政)、先被注置両人馬并甲毛等之後、可尋問実否於囚人之旨、被仰于景時。々々(景時)〔着白直垂折烏帽子。紫革烏帽子懸〕立向由利云「汝者泰衡郎従中有其号者也。真偽強不可搆矯飾歟。但任実正可言上也。着何色甲者、生虜汝哉」云々。由利忿怒云「汝者兵衛佐殿家人歟。今口状過分之至。無物取喩。故御館者、為秀郷将軍嫡流之正統。已上三代、汲鎮守府将軍之号。汝主人猶不可発如此之詞。矧亦、汝与吾対揚之処、何有勝劣哉。運尽而為囚人、勇士之常也。以鎌倉殿家人、見奇怪之条、甚無謂。所問事、更不能返答」云々(藤原泰衡郎従で鎌倉方に生け捕りにされた由利八郎(由利維平)が、白直垂姿で現れ立ったまま尋問した梶原景時に対し、「お前は左兵衛佐殿(頼朝)の家人か。今の言い草は大変無礼である。亡き御館(藤原秀衡)は藤原秀郷将軍の嫡流の正統であり、三代(藤原清衡藤原基衡・藤原秀衡)にわたって鎮守府将軍の号を継いだ(奥州藤原氏が実際に継いだ官職押領使であり、三代の内鎮守府将軍に任命された者は秀衡だけ)家である。お前の主人でさえそのような口の利き方はできない。ましてお前と自分は対等である。武運拙く捕らわれの身となるは武門の常である。鎌倉殿(頼朝)の家人だからとけしからん態度をとるなど全く不当である。お前の問いに答える必要はない」と憤怒して言った)」とある。
  5. ^ これに準ずるものとして右近衛大将職、鎮守府将軍職なども存在する。
  6. ^ それに準ずるものとして朝廷からの将軍宣下があり、初代将軍への将軍宣下をもって幕府開府とみなすことが多い。


「幕府」の続きの解説一覧





幕政と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「幕政」の関連用語

幕政のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

曙孟宗竹

国道番号

PC-9801BA3/BX3

うちぬき

阿寒国立公園

スモーキーバブルス

コジイ

間四ケン





幕政のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS