相模国とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 相模国の意味・解説 

相模国

読み方:サガミノクニ(sagaminokuni)

旧国名現在の神奈川県


相模国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/19 07:51 UTC 版)

相模国(さがみのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。東海道に属する。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 相武(さがむ)は、山のない荒野の意。
  2. ^ 国庁の建物と思われる多数の掘立柱建物の跡、国庁の部局の「政所」(まんどころ)・「曹司」(そうじ)・「国厨」(くにのくりや)と墨書された土器などが出土した。

出典

  1. ^ 武光誠 『県民性の日本地図』 文藝春秋〈文春新書〉、2001年、p.p.86-87。ISBN 4-16-660166-0
  2. ^ 南横浜のグレートディバイディング・旧武相国境の全容
  3. ^ 武相国境の位置や当時の生活感はどうだった?([はまれぽ.com] 2012年1月25日)
  4. ^ (鎌倉郡鎌倉町であったが、1897年(明治30年)に当該地区の大字峠が武蔵国久良岐郡六浦荘村に編入されているので、通常は旧武蔵国に含まれる)
  5. ^ 1980年(昭和55年)に起立した卸本町の町域は大部分が瀬谷区瀬谷町であったが、一部に旧武蔵国都筑郡田奈村であった緑区長津田町と、同じく都筑郡都岡町であった旭区上川井町が含まれている。
  6. ^ 1878年に千歳川を県境と定め、神奈川県足柄下郡宮上村(後の湯河原町)字泉が静岡県賀茂郡泉村となったため。
  7. ^ 横浜市泉区 境の道「武相国境道(ぶそうこっきょうみち)」
  8. ^ a b c d e f g 『あなたの知らない神奈川県の歴史』(洋泉社、2012年)Q.2。
  9. ^ 小島庸和 「相模国府の所在について」 表現学部紀要9 (2008)
  10. ^ a b 海老名市教育委員会作成「史跡相模国分寺跡・相模国分尼寺跡」(2013年)。
  11. ^ a b 千代寺院跡(小田原市ホームページ)。
  12. ^ 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 中世諸国一宮制研究会編、岩田書院、2000年、pp. 181-185。


「相模国」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

相模国に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「相模国」の関連用語

相模国のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

入船敏

合わせ包み

三又

ホーゼル

Golf

ティーバックル

小米平砂防堰堤

Sストローク





相模国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの相模国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS