足利義昭とは?

あしかがよしあき 【足利義昭】 ○

(1537~1597 室町幕府五代将軍在職1568~1573)。義晴の子1568年織田信長に擁されて将軍となる。のち不和を生じ信長を討とうとしたが,73年京都を追われ,幕府滅亡した。

足利義昭

読み方あしかが よしあき

室町幕府十五代将軍十二代将軍義晴の二男興福寺一乗院入り覚慶と称したが、兄の十三代将軍義輝が松永久秀らに殺害されたため還俗織田信長と結んで幕府再興した。やがて信長反目武田信玄浅井長政朝倉義景らと挙兵したが敗れ、室町幕府崩壊した。その後毛利氏をたよって幕府再興をはかるが失敗出家して山城槙島隠棲豊臣秀吉から一万石を与えられた。慶長2年1597)歿、59才。

足利義昭(あしかが よしあき) 1537~1597

○義秋 覚慶 左馬頭 参議 権大納言 征夷大将軍
◇父:足利義晴 養父近衛稙家 子:一色義喬足利義尋永山兵衛義在
 将軍家足利氏一族幼少の頃、近衛家猶子となって大和興福寺一乗院へ入る。1565年松永久秀らに実兄将軍義輝を殺害され、義昭自身幽閉されるが、細川藤孝の手引きで近江和田惟政の下に逃れ、さらに越前朝倉義景を頼る。1568年尾張織田信長に担がれ上洛し、室町幕府15代将軍に就くが、傀儡過ぎず信長不仲になる。御内書濫発して反信長勢力挙兵再三行うが、1573年には信長京都を逐われ、後に安芸毛利氏に身を寄せてからも、反信長勢力決起謀り続けた。豊臣秀吉による天下統一後は、山城槇島城1万石を得た。

足利義昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/20 01:25 UTC 版)

足利 義昭(あしかが よしあき)は、室町幕府第15代(最後)の将軍[1]。(在職:永禄11年(1568年) - 天正16年(1588年))。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 久秀らは覚慶が将軍の弟で、なおかつ将来は興福寺別当(興福寺は大和の守護大名でもあった)の職を約束されていたことから、覚慶を殺すことで興福寺を敵に回すことを恐れて、幽閉にとどめたとされる。実際に監視付といっても外出禁止の程度で行動は自由であった。『上杉古文書』では厳重な監視としている。[2]
  2. ^ 仁木義政が守護であった。国人の一人である服部氏は、この後も義昭に随行することとなる。
  3. ^ 当時、松永久秀と三好三人衆の間では確執が発生しており、上洛の好機と捉えたとみられている。この時、和田惟政は織田信長に上洛への協力要請を取り付けるために尾張に滞在しており、惟政には無断の移座であった。後日、惟政が激怒していることを知った覚慶は惟政に謝罪の書状を送っている[3]
  4. ^ 二町四方の規模で二重の水堀で囲まれていたとの記録[要出典]が残る。
  5. ^ 叙任時期については疑問視する意見があるが、『言継卿記』によれば永禄11年(1568年)2月に行われた義昭の対抗馬である足利義栄への将軍宣下当日に宣下の使者であった山科言継の屋敷に義昭の使者が現れて従四位下への昇進推薦の仲介を依頼しに来たために困惑した事が書かれており、この以前に叙任を受けていた事は明らかである。
  6. ^  武田義統は出兵の代わりに実弟の武田信景を義秋に従えさせた。
  7. ^ ただし、「鞍谷御所」は後世の創作で実際の鞍谷氏は、奥州斯波氏の嫡流の系統に属し、斯波一族でも宗家である武衛家に近い、高い格式を持った一族であるとする佐藤圭の説がある[8]
  8. ^ 幕府行政の実務を担当していた奉行衆8名のうち最終的には6名が越前の義昭の下に下向した事が確認でき、対抗相手であった足利義栄が京都に入っても将軍の職務を行うのが困難となり、将軍宣下後も京都に入れなかった一因になったという[9]
  9. ^ 山科言継も招く予定だったが、費用の問題から晴良だけになった。[10]
  10. ^ これまで、近衛家が足利義晴―義輝の外戚的存在としてこれを支持して彼らが京都を追われた時期においてもこれに随行し、九条家及び同系の二条家が足利義維―義栄を支持して石山本願寺とも連携する構図となっていたが、永禄の変後が義昭の従兄弟である近衛前久が従前通り近衛家の血を引く義昭の下向には同行せずに義栄を擁する三好三人衆と接近したことによって、義昭からは兄・義輝暗殺への前久の関与を疑わせ、九条稙通や二条晴良からは三好三人衆と義栄が近衛家支持に回ったと疑わせた。その結果、稙通や晴良は義昭を支援することになり、将軍家と摂関家の関係に一種のねじれが生じることになった[11]
  11. ^ 義栄の死去日には異説もあり、実際の死亡時期が判然としないため、義昭が将軍宣下を受けた際に義栄の死去によって将軍職が空席の状態であったのか、義昭が義栄を廃した上での将軍宣下であったのかは定かではない。[12]
  12. ^ 前久は自ら京都を退去し、家督を子に譲ったとされる[14]。前久は自ら京都を離れて大坂(石山本願寺)に下り、子の明丸(後の近衛信尹)を出仕させることで義昭の怒りをかわそうとしたが、義昭の怒りは激しく正親町天皇や信長の執り成しにも関わらず、近衛家は闕所扱いにされ、明丸も大坂への在国を命じられて、事実上の追放処分となった。なお、これまで九条家・二条家と懇意であった石山本願寺はこれを機に近衛家と結ぶことになり、石山合戦の遠因となる[11]
  13. ^ 二条晴良には適齢期の娘がいなかった。[15]
  14. ^ ただし義昭は御内書において「異論があれば天下に対し不忠になる」と将軍の貫禄を見せている。[4]
  15. ^ 2日後には7箇条を追加し、16箇条となった。
  16. ^ 将軍専制の確立と大名権力の抑制を意図する室町将軍とこれを抑えようとする管領ら有力大名の対立はこれまでもたびたび発生しており、義昭と信長に限定された話ではない。
  17. ^ これ以前の浅井氏の寝返り(金ヶ崎の戦い)も義昭の意思を受けてのものだったという説もあるが、史料はなく、見解の分かれるところである。
  18. ^ 信玄は永禄11年(1568年)に今川領国への侵攻(駿河侵攻)を行い、これに対抗した相模後北条氏は上杉氏との越相同盟を結び武田領国への圧力を加えていたが、同年に上洛した義昭は三者の調停を行っている。翌永禄12年(1569年)に信玄は信長や義昭に上杉氏との和睦(甲越和与)の調停を依頼しており、義昭の仲介により和睦が実現している。
  19. ^ この送付の理由は征夷大将軍である義昭と戦うには正義は信長にある事を敵味方から世間に宣伝する必要があったとされている。[19]
  20. ^ 写しが各地に残っていることから、あちこちに配られたようである。
  21. ^ 信玄と義昭の関係は公式には元亀元年(1570年)4月に始まった。だが信玄は当時信長と同盟関係にあり、義昭との仲の発展はなかった。元亀3年5月13日付で義昭は信玄に「軍事行動を起こして、天下が平定するよう努力せよ」との御内書を与えており、これが信玄の軍事行動の大義名分となった。[21]
  22. ^ この御内書については元亀4年5月13日付のものとする鴨川達夫や柴裕之の説もある。柴は元亀3年10月が信玄が徳川家康領に本格侵攻した時期であり、信玄が家康そしてその盟友である信長に対する軍事行動の正当化のために外交工作を活発化させ、義昭も武田・朝倉・浅井・三好・本願寺の連合軍を前に義昭-信長が管轄する天下の存立(天下静謐)の存続が困難になったと判断し、信玄らの反信長連合を軸とする天下静謐への路線転換を図ったとし、信長包囲網が形成されたのはこの時であったとする。なお、鴨川・柴らの見解に沿えば、義昭は信玄の病没を知ることなく御内書を発給したことになる。[22]
  23. ^ 同様に京都から動座して幕府の政務を執った足利将軍には足利義詮足利義尚足利義稙、足利義晴、足利義輝等が存在する。
  24. ^ 備後国鞆とする説あり(『細川家記』)[31]

出典

  1. ^ 国史大辞典(吉川弘文館)
  2. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉100頁
  3. ^ a b 久保尚文「和田惟政関係文書について」(初出:『京都市歴史資料館紀要』創刊号(1984年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  4. ^ a b c d e f g h i j k 『足利義昭』〈人物叢書〉[要ページ番号]
  5. ^ a b 村井祐樹「幻の信長上洛作戦」『古文書研究』第78号(2014年)
  6. ^ a b c 久野雅司「足利義昭政権の研究」(所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  7. ^ 渡辺世祐「上洛前の足利義昭と織田信長」(初出:『史学雑誌』29巻2号、1918年/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  8. ^ 佐藤圭「戦国期の越前斯波氏について」(初出:『若越郷土研究』第45巻4・5号(2000年)/木下聡 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第一巻 管領斯波氏』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-146-2
  9. ^ a b c 木下昌規「永禄の政変後の足利義栄と将軍直臣団」(初出:天野忠幸 他編『論文集二 戦国・織豊期の西国社会』日本史史料研究会、2012年/所収:木下『戦国期足利将軍家の権力構造』岩田書院、2014年 ISBN 978-4-87294-875-2
  10. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉130頁・131頁
  11. ^ a b 水野智之「足利義晴~義昭における摂関家・本願寺と将軍・大名」(初出:『織豊期研究』12号(2010年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  12. ^ 木下昌規『戦国期足利将軍家の権力構造』356頁
  13. ^ a b c 久野雅司「足利義昭政権論」(初出:『歴史評論』640号(2003年)/所収:久野 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  14. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉142頁
  15. ^ a b c 木下昌規「足利義昭期の昵近公家衆と山科言継をめぐって」『戦国期足利将軍家の権力構造』岩田書店、2014年 ISBN 978-4-87294-875-2
  16. ^ a b c 木下昌規「京都支配から見る足利義昭期室町幕府と織田権力」『戦国期足利将軍家の権力構造』岩田書店、2014年 ISBN 978-4-87294-875-2 (原論文:2010年・2012年)
  17. ^ 臼井進「室町幕府と織田政権との関係について -足利義昭宛の条書を素材として-」(初出:『史叢』54・55号(1995年)/所収:久野雅司 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)ISBN 978-4-86403-162-2
  18. ^ 元亀2年11月1日付織田信長書状(「本法寺文書」)
  19. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉192頁 - 194頁
  20. ^ 『現代語訳 信長公記』- 太田牛一 著、中川太古 訳 - 新人物文庫 - 189 - 194ページ
  21. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉187頁
  22. ^ 柴裕之「戦国大名武田氏の遠江・三河侵攻再考」『武田氏研究』第37号、2007/柴『戦国・織豊期大名徳川氏の領国支配』岩田書院、2014年
  23. ^ a b 『足利義昭』〈人物叢書〉196頁。
  24. ^ 戦国期の「天下」観については神田千里「織田政権の支配の論理に関する一考察」『東洋大学文学部紀要』2002、同『戦国乱世を生きる力』中央公論社、2002)。
  25. ^ a b c d 木下昌規「鞆動座後の将軍足利義昭とその周辺をめぐって」『戦国期足利将軍家の権力構造』岩田書院、2014年 ISBN 978-4-87294-875-2
  26. ^ 谷口克広『信長と消えた家臣たち』 中公新書(2007年) ISBN 4-12-101907-5
  27. ^ 伊集守道「天正期島津氏の領国拡大と足利義昭の関係」(初出:『九州史学』157号(2010年)/所収:新名一仁 編『シリーズ・中世西国武士の研究 第一巻 薩摩島津氏』(戎光祥出版、2014年) ISBN 978-4-86403-103-5
  28. ^ a b 小林定市「足利義昭の上國について」『山城志第19集』備陽史探訪の会、2008年
  29. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉287頁。
  30. ^ 二木謙一『秀吉の接待 毛利輝元上洛日記を読み解く』
  31. ^ 『足利義昭』〈人物叢書〉301頁。久野雅司「足利義昭政権の研究」久野 編著『シリーズ・室町幕府の研究 第二巻 足利義昭』(戒光祥出版、2015年)49頁も、名護屋城からの帰途途中に鞆にて病没と解説する。
  32. ^ 『義演准后日記』慶長2年8月10日条
  33. ^ 『義昭興廃記』 畿内戦国軍記集 和泉選書39 1989年1月15日初版第1刷発行 青木晃、加美宏、藤川宗暢、松林靖明編 和泉書院発行。そもそもは、加賀市立図書館聖藩文庫蔵
  34. ^ 神田裕理「織豊期の改元」『戦国・織豊期の朝廷と公家社会』校倉書房、2011年
  35. ^ 塵海研究会 宮中恩典と士族─維新前後の身分再編、京都官家士族の復位請願運動と華族取立運動─


「足利義昭」の続きの解説一覧





足利義昭と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

足利義昭に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「足利義昭」の関連用語

足利義昭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

タマゴバロニア

キッズケータイ F-05A

伊藤鶴吉

CR-V

のみ

ノコギリソウ

鬼谷川堰堤

仙骨





足利義昭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2016 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
戦国武将覚書戦国武将覚書
Copyright (C) 2016 戦国武将覚書 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの足利義昭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS