民事不介入 民事不介入の概要

民事不介入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 08:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

概要

個人財産権の行使や私法上の契約親権の行使等は、個人間の私的関係の性質を有するにとどまるところ、その権利の行使、債務不履行等に対する救済は、専ら司法権の範囲であり、警察権の関与すべき事項ではないとする原則である。

紛争が生じ、市民の通報または警察官自身による現場の目撃をもって、警察権は発動される。しかし、暴力など明確に刑事事案に発展する要件が存在しない場合は、事情聴取などによって情報収集するに留まることになる。紛争関係者が自己の都合に有利となるように警察官に強制力を執行するように要求された場合、刑事事案に発展する要件の不存在を理由とする代わりに、民事不介入の原則をもって示すことがあるとされる[要出典]

民事不介入の文言を備えた法律は存在しないが、警察法第2条第2項の拡大解釈により説明可能とする説もある。

民事不介入が問題として取り挙げられた事件

いずれも民事不介入に対する認識の誤りが指摘された[1]

その他

企業(店)と客の契約(金銭)トラブルとして取り合ってもらえず、司法機関や消費生活センター国民生活センターへの相談や、法外な料金でもその場で支払って解決するように勧める場合もある[2]

関連項目

外部リンク




「民事不介入」の続きの解説一覧



民事不介入と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「民事不介入」の関連用語

民事不介入のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



民事不介入のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの民事不介入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS