新潟デザイナー誘拐殺人事件 新潟デザイナー誘拐殺人事件の概要

新潟デザイナー誘拐殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/31 06:11 UTC 版)

新潟デザイナー誘拐殺人事件
場所 日本新潟県
日付 1965年昭和40年)1月13日 (UTC+9)
攻撃手段 誘拐
死亡者 1人
被害者 デザイナーの女性(事件当時24歳)
犯人 男Y(事件当時23歳)[1]
刑事訴訟 死刑未執行のまま自殺
テンプレートを表示

犯人の男Y(事件当時24歳)は1971年(昭和46年)に最高裁死刑確定したが、約6年後の1977年(昭和52年)5月21日、収監先の東京拘置所自殺した(36歳没)[1]

営利誘拐で700万円の身代金は、日本の犯罪史上例のない高額の要求であった[2]。また本事件は戦後日本で初めて、成人が犠牲となった身代金目的の誘拐殺人事件である[3]

事件の概略

1965年1月13日20時半ごろ、新潟市ガソリンスタンド経営者の自宅に警察を名乗る者から、そちらの乗用車が邪魔になっているという電話が掛かってきた。この電話に出たこの家のデザイナーの三女(当時24歳)は、電話では話の要領を得ないとして自宅から300 m離れた現場に向かったが、これは誘拐犯の罠であった。21時40分ごろに、娘を預かっているから明日の朝10時までに700万円用意しろとの脅迫電話がかかってきたことから、誘拐事件と判明した[4]

翌14日の11時50分に犯人から13時までに国鉄新潟駅の待合室に金を持ってこいと電話してきた。そこで家族は10万円と新聞紙で札束に偽造した包みを持っていったが、そこには犯人は現れなかった。しかし新潟駅の案内所に家族宛に呼び出し電話がかかってきて、13時27分に発車する柏崎駅行きの越後線の列車に乗り、赤い旗のある所で金を投げろと中年の女らしい声で指示する内容であった。この手口は黒澤明監督作品の映画『天国と地獄』(1963年公開)の身代金受渡し方法と同じであった[5](後にYは『天国と地獄』からヒントを得て、犯行計画を立てたことを自供している[6])。家族は指示とおり列車に飛び乗ったが、赤い旗があったのは新潟駅から約1 km信濃川橋梁の東詰手前で発見したが、機会を逸して現金を投げることができなかった[4]

一見すると綿密な犯行計画であったが、駅の直後に赤い旗を置いたように犯人の短気な性格から逮捕されることになった。現金の受渡しに失敗した14日の17時27分、被害者の絞殺遺体が新潟市関屋海岸松林の中の広い道路の真中で発見された[7]

1月15日、司法解剖が行われ、被害者は13日の21時から14日の9時までの間に殺害されたことが判明し、身代金を受け取ろうとした時点ではすでに殺害されていたことが判明した[8]

現場は積雪でぬかるんでいたため、タイヤ痕、足跡数個が採取された。不審な車の目撃証言から該当車両を絞り込んでいた。当初、トヨペットダットサンいすゞプリンスの4種類の車の情報があり、タイヤ跡、チェーンの長さ、車軸の幅から、プリンス、トヨペットの中型車と断定された。さらに1月18日に誘拐現場近くを20時30分ごろに誘拐現場と見られる場所を車で通りかかり、若い男女が話しているのを目撃した自動車会社従業員の証言から黒色のプリンス・グロリア・デラックスに捜査範囲は絞られた。該当車両のカシミヤ・グレーのプリンス・グロリアが自動車修理工場で発見され、その工場の経営者の息子Y(当時23歳)を被疑者として逮捕した。被害者は前年8月に犯人から中古のダットサン・ブルーバードを購入していた[9]

Yは当時新潟大学付属病院に入院しており、言語障害と半身不随を装い筆談で取り調べに応じていたが、逮捕から2日目の21日に、被害者を新潟市立寄居中学校前で車に乗せ、13日に絞殺し、14日朝、死体遺棄を行ったことを自供した[10][11]。検査の結果異常がなく、逮捕から4日目の23日15時30分より、口頭で自供を始め、単独犯行を認めた。犯行動機には、前年の新潟地震で工場が大きな被害を受け、父親が病気のため経営不振となったことから金目当てで犯行に及んだこと、助手席に乗せた被害者を絞殺したことなどを自供した[12]

1月25日、Yが犯行のときに使ったゴム長靴が西蒲原郡黒埼村(のちの黒埼町、現在の新潟市西区)の国道8号脇の水田で発見された[13]

犯人のその後

2月11日、Yは身代金目的拐取、同要求、殺人、死体遺棄罪で起訴された[14]。3月22日に新潟地方裁判所で行われた初公判で、被告人Yは罪状認否を拒んだ[15]。4月30日に行われた第2回公判では共犯者が3人おり、殺害したのは自分ではないと、単独犯でも主犯でもないと主張した[16]日弁連もまた、被害者宅にかかった脅迫電話に女の声が入っていたこと、事件当時Yの所有車に複数の人物が乗っていたとの目撃証言、自白内容と遺体の痕跡との食い違いなどを理由に、事件の冤罪性を指摘している[17])。単独犯ではなく身元のわからない3人組に強制されて犯行に加わったと主張、起訴事実のうち、死体遺棄しか認めなかったが、12月21日の論告求刑公判で死刑を求刑された[18]第一審の新潟地裁(石橋浩二裁判長)は1966年(昭和41年)2月28日、求刑通りYに死刑判決を言い渡した[19]。Yは控訴したが、東京高等裁判所第4刑事部(久永正勝裁判長)は1968年(昭和43年)12月19日にYの控訴を棄却する判決を宣告[20]。Yは上告したが、最高裁判所第一小法廷藤林益三裁判長)が1971年(昭和46年)5月11日に上告棄却の判決を言い渡したため[21]、Yは同年6月1日付で死刑が確定した[1]。そして、Yは死刑囚死刑確定者)として東京拘置所に収監され、法務大臣による死刑執行命令を待つ身柄となった。

1977年(昭和52年)5月21日(土曜日)、この日は死刑執行が行われない日であり、また週2回の入浴日であることから死刑囚たちは和んだ雰囲気であった。しかしYは朝食中の7時53分にガラス窓を割り、その破片で看守の制止よりも早く首の頚動脈を切断、出血多量で救命措置の甲斐もなく9時15分に死亡した(36歳没)。同年3月4日に新潟地裁に請求されていた再審の証人調べが開始された直後の出来事だった[22]。なおYは遺書を残さなかった。


  1. ^ a b c 毎日新聞』1977年5月23日東京夕刊第4版第二社会面8頁「「天国と地獄」誘かい殺人 死刑囚「Y」が自殺 東京拘置所」(毎日新聞東京本社) - 『毎日新聞』縮刷版 1977年(昭和52年)5月号610頁。
  2. ^ “新産都市へかけた夢のはて”. 読売新聞: p. 15. (1965年1月24日朝刊) 
  3. ^ 中日新聞』1980年12月27日朝刊第12版第二社会面18頁「Aさん事件 テレビそっくりの手口 身代金、夜の国道が舞台」「自己顕示欲強い犯人 頭よいが感受性欠く 識者分析」「身代金誘かい 戦後では106件 成人の場合、大半は無事」「金城学院 バイト学生が急増 “お嬢さん学校”のイメージだが…」(中日新聞社) - 『中日新聞』縮刷版 1980年(昭和55年)12月号850頁。名古屋女子大生誘拐殺人事件の記事。
  4. ^ a b “新潟で誘かい殺人 24歳の娘さん 犯人は複数? 電話で700万円要求”. 読売新聞: p. 1. (1965年1月15日朝刊) 
  5. ^ “「天国と地獄」まねた惨劇 新潟の誘かい殺人 列車の窓から金を”. 読売新聞: p. 15. (1965年1月15日朝刊) 
  6. ^ “「天国と地獄にヒント」と自供”. 読売新聞: p. 14. (1965年2月5日朝刊) 
  7. ^ “誘かい殺人 車が割り出した「Y」タイヤ跡とピタリと一致”. 読売新聞: p. 15. (1965年1月21日朝刊) 
  8. ^ 雇い人らのアリバイ調査 誘かいの夜?殺す ○○さんの死体解剖
  9. ^ “Yを逮捕、留置 新潟の誘かい殺人 内妻も取り調べ 犯行否認しつづける”. 読売新聞: p. 1. (1965年1月21日朝刊) 
  10. ^ “誘かい殺人 Y自供始める 筆談で"私がやった" 当局、さらに共犯を追及”. 読売新聞: p. 7. (1965年1月21日夕刊) 
  11. ^ “「いっさい私1人で」誘かい殺人「Y」の自供 犯行隠すため金要求”. (1965年1月22日朝刊). p. 26 
  12. ^ “「Y」ほぼ全容を自供 新潟・誘かい殺人 工場経営の金ほしさ”. 読売新聞: p. 15. (1965年1月24日朝刊) 
  13. ^ “ゴム長も発見”. 読売新聞: p. 15. (1965年1月26日朝刊) 
  14. ^ “誘かい殺人、Y起訴”. 読売新聞: p. 7. (1965年2月11日夕刊) 
  15. ^ 罪状認否こばむ 誘かい殺人「Y」の初公判
  16. ^ “Y、単独犯行を否認 新潟の誘かい殺人公判”. 読売新聞: p. 9. (1965年4月30日夕刊) 
  17. ^ 日弁連 (1977) 317頁
  18. ^ “Yに死刑求刑 新潟の誘かい殺人”. 読売新聞: p. 7. (1965年12月21日夕刊) 
  19. ^ “Yに死刑判決 ○○さん誘かい殺人 共犯説は認めず”. 読売新聞: p. 11. (1966年2月28日) 
  20. ^ 『毎日新聞』1968年12月20日東京朝刊第14版第一社会面19頁「「天国と地獄」まねた誘かい Yに死刑の判決 控訴審」(毎日新聞東京本社) - 『毎日新聞』縮刷版 1968年(昭和43年)12月号599頁。
  21. ^ “Y、死刑確定 新潟のデザイナー殺し”. 読売新聞: p. 8. (1971年5月20日夕刊) 
  22. ^ 日弁連 (1977) 318頁


「新潟デザイナー誘拐殺人事件」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新潟デザイナー誘拐殺人事件」の関連用語

新潟デザイナー誘拐殺人事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新潟デザイナー誘拐殺人事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新潟デザイナー誘拐殺人事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS