保守 用語

保守

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/03 17:14 UTC 版)

用語

近代以降における保守の思想的源流は、アイルランド人のイギリス下院議員でフランス革命を批判したエドマンド・バークに由来するとみなされている[3]。ただし、バークは「保守」という言葉は用いたものの、よりリベラルから遠くより右翼に近い「保守主義」という用語は使用しなかった。

1819年、フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンがフランス革命をうけて王政復古の機関紙を「フランス語: Le Conservateur」(保守派)と名付けたのが、政治的脈絡でのこの用語の使用の最初とされる[4]

概要

保守主義は、革命などの急進的な改革に反対し、その社会で伝統的に累積された社会的・政治的・宗教的な秩序などを重視する立場である。その理念的背景には、近代主義的な理性主義啓蒙主義理想主義合理主義など)に対する懐疑があり、人間は不完全な存在であると考え、そのために歴史的な伝統の尊重が必要と考える。

保守主義者が具体的にどのような思想・体制を掲げるかは、その国、時代、立場などにより異なる。ヨーロッパを含めて世界的には当初は王党派などであったが、19世紀以降に社会主義が台頭すると、従来は進歩主義であった自由主義が保守主義と連携する、あるいは「保守主義」と呼ばれるようになった。しかしアメリカ合衆国では当初より、建国時の自由主義(古典的自由主義)が保守主義となった。また社会主義革命後の社会主義国や、イスラム革命後のイスラム共和国などでは、革命後の年数経過に伴い、革命後の既存体制を堅持しようとする側が「保守派」と呼ばれるようになり、「改革派」と対比される。

保守主義の大別した分類には以下があり、それぞれの思想・立場はある面では共通し、別の面では対立もしている。

保守主義には、復古主義も含まれるが、漸進的・穏健な改良主義経験主義も含まれる。フランス革命当時の保守主義は「今あるアンシャン・レジームとレッテル貼りされた諸制度は、遠い過去からの取捨選択に耐えてきたものであり、これを維持存続させることが国民の利益になる」(とする主義)と定義されていた。しかし、「維持せんがために改革する」というディズレーリの言葉や「保守するための改革」というエドマンド・バークの言葉からも明らかなように、保守主義は漸進的な改革を否定しない。保守主義は政治および社会の哲学の一つであり、この哲学は伝統的制度の維持を奨励し、社会の変化については最小で漸進的なものだけを支持する。保守主義者たちの中には、現在のものを維持しようとし安定性と連続性を強調する者たちがいる一方で、近代主義に反対し過去へもどろうとする者たちもいる。

保守主義の支持は各産業に従事する者などにも見られる。都市部でも自営業者や一部の法人が支持することがある。その他にも大企業経営者・資本家、中小企業経営者も既得権益を持つものとして保守主義を支持する傾向が見られることがある(国民政党)。現代の代表的な保守政党には、イギリスの保守党、ドイツのキリスト教民主同盟、アメリカ合衆国の共和党、カナダのカナダ保守党、オーストラリアのオーストラリア自由党、台湾の中国国民党、日本の自由民主党、インドのインド人民党があり、その一部は国際民主同盟などに加盟している。

思想

上記のように、保守主義とは伝統的な慣習・体制などを重視する立場であり、具体的にどのような思想・体制を理想とするかは時代・国・立場などにより異なる。

カール・マンハイムによると、保守主義はそれ自体として存在するものではなく、革命など何かの変革が起こった後で、それに対する反応として形成される。

保守主義者たちは、基本的には人間の思考に期待しすぎず、「人は過ちを犯すし完全ではない」という前提に立つ[5]。そして謙虚な振るまいをする。さらに、彼らは「先祖たちが試行錯誤しながら獲得してきた知恵、すなわち伝統が慣習の中に凝縮されている」と考え、伝統を尊重する。また彼らは、「伝統は祖先からの相続財産であるから、現在生きている国民は相続した伝統を大切に維持し子孫に相続させる義務がある」と考える。その結果、彼らは過去・現在などの歴史的結びつきを重視する。このように保守主義は懐古趣味とは異なる志向の要素も含んでいる。また、彼らは「将来を着実に進むためには、歴史から学ばなければならない」と考える。これは、歴史とは先人たちが試行錯誤してきた失敗の積み重ねの宝庫だからだとされる(経験主義)。西ヨーロッパの貴族出身の保守派は、自らを過去から続く精神の継承者と自負していることが見られ、共産主義などの革命思想に対して、祖先から相続した郷土を踏みにじるものとして反発する。

保守主義者達は理性を懐疑する。彼らがフランス革命で理性主義を掲げたジャコバン派が議会を暴走させ、道徳を退廃させ、そして自由を軽視させる過ちを犯した(恐怖政治)と看做している事が、そのように懐疑される理由の一つである。フランス革命では国家が宗教や規範の主宰者のように振る舞われ、そのことをイギリス保守主義は嫌った[5]。同様の事態はロシア革命文化大革命など多くの革命や政変にも見られる。こうして保守主義者たちは伝統保守や漸進的変革をとなえ、左翼革命を否定的に見る(改良主義反共主義)。

ジョン・グレイ[要曖昧さ回避]はフランス革命、社会主義革命、毛沢東体制はユートピアを想定し、善悪二元論的な千年王国主義にもとづいているとし、従来の保守主義はこうしたユートピア思想に批判的であったが(寛容多元論)、近年の米国新保守主義がユートピアを追求するようになったことを批判した[6]

イギリスには、エドマンド・バークのような政治思想的な保守主義以外にも、アイザック・ウォルトントーマス・カーライルのような生き方を重視する保守主義もある[7]イギリス保守党の元チェアマンヘイルシャム英語版は「保守主義は態度ないしは定常的な精神の作用[8]以上のものをさす哲学ではなく、自由社会が発展する過程で時代に左右されない働きをするものであり、人間本性それ自体が心の底から恒常的に要請するものである。」[9]という。保守党の理論家ヒュー・セシル英語版によると、コンサーヴァティズムには政治的保守主義・近代保守主義以外に自然的保守性がある[10]。自然的保守性とは、新しいもの・未知なるものへの恐怖と、現状を積極・消極両面で維持することを欲する感情のことである。これは慣れたものに愛着を持つという人間の性質であり、思想的な主義主張ではない。

マイケル・オークショットによれば、保守的であるとは『見知らぬものよりも慣れ親しんだものを好むこと、試みられたことのないものよりも試みられたものを、神秘よりも事実を、可能なものよりも現実のものを、無制限なものよりも限度のあるものを、遠いものよりも近くのものを、あり余るものよりも足りるだけのものを、完璧なものよりも重宝なものを、理想郷における至福よりも現在の笑いを、好むことである。得るところが一層多いかも知れない愛情の誘惑よりも、以前からの関係や信義に基づく関係が好まれる。獲得し拡張することは、保持し育成して楽しみを得ることほど重要ではない。革新性や有望さによる興奮よりも、喪失による悲嘆の方が強烈である。保守的であるとは、自己のめぐりあわせに対して淡々としていること、自己の身に相応しく生きていくことであり、自分自身にも自分の環境にも存在しない一層高度な完璧さを、追求しようとはしないことである。或る人々にとってはこうしたこと自体が選択の結果であるが、また或る人々にとっては、それは好き嫌いの中に多かれ少なかれ現れるその人の性向であって、それ自体が選択されたり特別に培われたりしたものではない。』とする[11]

サミュエル・P・ハンティントンによると、保守主義には次の三つの定義がある[12]

  1. 貴族及び革命的定義
    歴史の中の特殊な社会運動として定義。この時期の定義は、フランス革命、あるいは18世紀の終わりから19世紀前半のブルジョワジー勃興に対する、封建的勢力・貴族階級・地主階級による反動であるとする。この解釈では保守主義は地位、そして旧体制と結びつき、中間層、労働者民主主義、そして個人主義などといった思想と対立する。
  2. 自律的定義
    その思想の内容、固有の観念・価値などによる定義。保守主義は正義秩序均衡、そして穏健などといった普遍的価値の自律的体系であるとする。
  3. 状況的定義
    いつの時代にも見られる、歴史を越えた存在として定義。保守主義は、どんな社会秩序であろうと、それを正当化しようとするものであるとする。この定義によると、保守主義の本質は現存する制度の価値を情熱的に肯定することにある。ただし、この定義によると、保守主義はあらゆる変化に反対するわけではなく、社会の根本的要素を残すために第二義的変化を黙認することもある。

ハンティントンは、このうち1と2の定義は不適切であると考え、「保守主義の性格は静態的なものであり、同様の社会状況が生じた場合に見られる反復的なものであり、そして進歩的なものではない」としている。

アンソニー・クイントンは、伝統主義、社会を一体的なもので自然に成長するものとみなす有機体主義、政治的懐疑主義の3つが保守主義の原理とする[13]

なお、歴史上の多くの思想には、革命的・進歩的な要素と、保守的・復古的な要素が存在している。キリスト教イスラム教プロテスタントなどは、従来の伝統的な宗教勢力を否定する一方で、聖書の教えへの復帰を主張した。近代主義(啓蒙主義、自由主義)は、進歩主義を掲げて従来の封建主義社会を解体していったが、古代ギリシアなどを西洋文明の起源と主張した(ルネッサンス)。多くの社会主義アナキズム共産主義などは、革命や社会改良を掲げる一方で、資本主義によって解体された共同体の復活を主張した。




  1. ^ 保守、goo辞書
  2. ^ 保守主義、goo辞書
  3. ^ BBC: エドマンド・バーク (1729年 - 1797年)(英語)
  4. ^ The Scary Echo of the Intolerance of the French Revolution in America Today(英語)
  5. ^ a b 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p523
  6. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p540
  7. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p542
  8. ^ : constant force
  9. ^ Viscount Hailsham. The Conservative Case. Middlesex: Penguin Books, 1959. (英語)
  10. ^ 原語では前者が固有名詞(大文字で始まる表記)、後者が普通名詞(小文字で始まる表記)となっている。ヒュー・セシル『保守主義とは何か』早稲田大学出版部
  11. ^ マイケル・オークショット「保守的であるということ」(『政治における合理主義』所収、石山文彦訳、勁草書房、1988年、200頁)
  12. ^ Huntington, S. 1957. Conservatism as an ideology. in American Political Science Review 51:454-73.
  13. ^ アンソニー・クイントン『不完全性の政治学』東信堂、p10-11
  14. ^ a b c 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p527-8
  15. ^ a b 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4),p529-530
  16. ^ Eccleshall, p. ix, 21
  17. ^ Eccleshall, p. 2
  18. ^ : Taxation No Tyranny
  19. ^ : Patriarcha or the Natural Power of Kings
  20. ^ Eccleshall, pp. 21-25
  21. ^ Eccleshall, p. 31
  22. ^ Eccleshall, p. 43
  23. ^ 二宮元「イギリスのニューライト : 新自由主義と新保守主義」2010年、一橋大学
  24. ^ 藤森かよこ「アメリカにおける保守主義の 誕生とアイン・ランドの交点」福山市立大学『都市経営』1号,2012年pp5-20
  25. ^ 藤森かよこ「衝動から思想へ-アメリカ保守主義の誕生とハイエク『隷属への道』」都市経営No.3(2013)pp.22
  26. ^ 落合仁司『保守主義の社会理論 ハイエク、ハート、オースティン』勁草書房1987,p141
  27. ^ : The conservative mind, from Burke to Santayana
  28. ^ 杉本竜也「政治思想・政治哲学としての保守主義における価値 イギリス・アメリカの保守主義を中心に」日本大学政経研究 49(4), p538, 2013
  29. ^ : conservative impulse
  30. ^ 藤森かよこ「衝動から思想へ-アメリカ保守主義の誕生とハイエク『隷属への道』」都市経営No.3(2013)pp.9-26
  31. ^ http://www.ppionline.org/documents/equality_lipset.pdf(英語)
  32. ^ 維新精神史研究 P.421 徳重淺吉 1934年
  33. ^ 維新精神史研究 P.423 徳重淺吉 1934年
  34. ^ 福沢諭吉 学問のすすめ 福沢諭吉
  35. ^ 明治憲政史 (上巻) P.321-322 工藤武重 1914年
  36. ^ 犬養木堂伝 上巻 P.208-209 鷲尾義直 1938年
  37. ^ a b 東京専門学校参考書 政治原論 桃浪書院蔵版 P.304-305 市島謙吉 1889年
  38. ^ 立憲政友会史 第壹巻 伊藤総裁時代 P.11-12 小林雄吾 1924年
  39. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.8-9 益川保次郎 1918年
  40. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.14 益川保次郎 1918年
  41. ^ 暴利取締令と違憲問題 神戸又新日報 1918年2月8日
  42. ^ 輸出組合 コトバンク
  43. ^ 日露条約成立と対露輸出組合計画 中外商業新報 1925年1月31日
  44. ^ 政府の了解を得て対露輸出組合進捗 時事新報 1926年2月3日
  45. ^ 社会主義サヴェート共和国同盟の現勢 P.71-72 山川均 1928年
  46. ^ a b c d 貿易政策論 P.220-222 浜田恒一 1934年
  47. ^ a b 貿易政策論 P.223 浜田恒一 1934年
  48. ^ 電力問題の背後 P.48-49 小林一三 1938年
  49. ^ 立党宣言・綱領 自民党
  50. ^ 林健太郎「現代における保守と自由と進歩」。「現代日本思想大系35 新保守主義」の解説
  51. ^ 批判的合理主義と自由主義/保守主義:林健太郎のポパー論」秋田大学教育文化学部研究紀要57巻 p 41 - 50、2002年
  52. ^ 「日本人の政治意識」『集』第3巻328ページ
  53. ^ 中村「占領下での「民主化」と日本の「従う政治文化」」(神戸学院法学第34巻第1号2004-4)[1]
  54. ^ 平成22年(2010年)綱領 自民党
  55. ^ 米で人種・民族憎悪犯罪目立つ オバマ政権や不況影響か Archived 2009年6月23日, at the Wayback Machine.アサヒコム2009年6月21日





保守と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保守」の関連用語

保守のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



保守のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS