ボールペン 歴史

ボールペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/06 16:39 UTC 版)

歴史

1940年にビーロー・ラースローが売り出した"birome"ブランドペン。

ボールペンを発明するにあたっては、ペン先用極小ボールの高精度な加工・固定技術と、高粘度インクの開発が必要であった。従来の低粘度インクでは、ボールの回転と共に多量のインクがにじみ出してしまい、シャープな線を描けなかったのである。

  • 1884年アメリカ人のジョン・ラウドが着想しているが、インク漏れを防止できず実用にならなかった。
  • ユダヤ系ハンガリー人のジャーナリストのビーロー・ラースロー(László Bíró)が毛細管現象を利用した世界初の近代的ボールペンを考案し、1938年にイギリスで特許を取得[13]1941年ナチス・ドイツを逃れてアルゼンチンに移住すると同国で会社を設立し、1943年に同国での特許を取得してBiromeというブランド名で販売[14]イギリス空軍がこのペンのライセンス品(Biro)を採用し、高い高度を飛行中の使用に際してボールペンは万年筆よりも液漏れしにくいことが知られることとなった[14]
  • 1945年にアメリカの企業家であるミルトン・レイノルズ氏 は重力を用いた新しいインクの押し出し技術を考案し、「レイノルズ・ロケット」という新しいボールペンを発売した[15]
  • 1945年にビーローのbiromeペンをエバーシャープ社とレイノルズ社と量産化、戦後のアメリカでブームとなった[14]。また、日本でも米軍により持ち込まれたことで、一部でボールペン・ブームとなった。
  • 1948年セーラー万年筆社が初国産ボールペン「セーラー・ボール・ポイント・ペン」を500本発売。[16]
  • 1949年オート社が世界で初めて実用的な量産ボールペンである鉛筆型ボールペンならびに証券用インクを開発[17]。以降、本格的な日本国内のボールペン・ブームの火付け役となる。
  • インク漏れをほぼ完全に防止でき、安定した製品が市場に出されるのは、1950年代に至ってからである[18]
  • 1950年にフランスのビックが透明軸の「ビック・クリスタル」を発売、1970年代には4色ボールペンを発売した[19][20]。世界規模で量産に成功し、ビックは21世紀の現在に至るまで最大のボールペンメーカーとなっている[14]
  • 1958年オート社がペン先に入れる小さな0.6ミリのボールを開発した[21]。ボールの小型化は世界で初めてである。これによって極細の文字が書けるようになり、他社からも更に小さいボールの商品が開発されるようになった。
  • 1964年オート社が水性ボールペンを世界で初めて開発[17]。以降、各社から多彩な水性ボールペンが発売されることとなる。
  • 1965年にポール・フィッシャーが窒素ガス加圧式のスペースペンを開発。後にNASAにも採用された[22]
  • 1966年ゼブラ社がインク残量が一目で分かるボールペン「ゼブラクリスタル」を発売。
  • 1977年ゼブラ社がシャープペンシルとボールペンを1本にまとめた革新的な商品として開発され、シャーボが発売された。
  • 1982年サクラクレパス社が世界で初めて分散系チキソトロピー現象を応用した水性ゲルインキを開発・特許を取得した。その後国内各社も高性能ゲルインキボールペンの開発に着手、ボールペンの性能は飛躍的に上がり、ボールペンの普及に拍車を掛けた。
  • 2010年ゼブラ社が世界で初めて不可能と言われていた「水性」と「油性」の融合を実現させ、エマルジョンインク(油中水滴型インク)を開発。
  • 2023年7月3日に三菱鉛筆のuni-ball oneシリーズが「最も黒いゲルインクボールペン“Blackest gel ink ball pen”」として、ギネス世界記録™に認定された。独自開発のビーズパック顔料により、当時 一番黒いボールペンインクの開発に成功。

当初は高価で普及せず、書いた後時間が経つとインクが滲むので公文書に用いることも認められなかった。しかし、量産効果と改良で品質改善・低価格化が進み、公文書への使用が可能となった。 徐々に金融機関でも採用されるようになり、1960年代のボールペンの新聞広告では「一流銀行が愛用する」というコピーが使われている[23]1970年代以降は万年筆つけペンに代わる、もっとも一般的な筆記具となっている。

1980年代後半以降、各メーカーはラバーグリップ搭載、ローレット加工搭載やインクの改良、ペン先の改良など様々な形で疲れにくさを追求していった。1990年代半ばになると、多彩なインク色を揃えたボールペンが相次いで発売され、ビジネスだけでなく趣味、学生にも支持が広まる[要出典]


  1. ^ a b c d e f 意匠分類定義カード(F2) 特許庁
  2. ^ The New Oxford American Dictionary, Second Ed., Oxford University Press, 2005.
  3. ^ a b 小学館ランダムハウス英和大辞典』小学館
  4. ^ 日本語大辞典講談社、1989年
  5. ^ ボールペン」『Weblio英和辞典・和英辞典』
  6. ^ The American Heritage Dictionary of the English Language, New College Edition, Houghton Mifflin, 1975.
  7. ^ 『新和英大辞典 第5版』研究社、2003年
  8. ^ Room, Adrian (1983). Dictionary of Trade Name Origins. Routledge. pp. 41. ISBN 0710201745. https://books.google.co.jp/books?id=Qdw9AAAAIAAJ&printsec=frontcover&hl=hu&redir_esc=y#PPA41,M1 2008年7月22日閲覧。 
  9. ^ a b c “パリの教室 風景変えた日本製ペン”. GLOBE(朝日新聞別刷り) (朝日新聞社). (2011年11月20日). http://globe.asahi.com/feature/111120/02_1.html 2015年5月12日閲覧。 
  10. ^ a b 【メーカー直伝】ボールペンのインクが出ないときの対処法”. サクラクレパス (2022年4月12日). 2023年12月18日閲覧。
  11. ^ a b よくある質問: 書けなくなった(ボールペン)”. 三菱鉛筆. 2023年12月5日閲覧。
  12. ^ 早乙女辰男「ボールペンにおける最近の精密加工技術について」『精密工学会誌』第73巻第1号、精密工学会、2007年、23-27頁、doi:10.2493/jjspe.73.23 
  13. ^ The first complete specifications appear to be UK 498997, June 1938 and UK 512218, December 1938; his rather basic Hungarian patent 120037 was dated April 1938. Collingridge, M. R. et al. (2007) "Ink Reservoir Writing Instruments 1905–20" Transactions of the Newcomen Society 77(1): pp. 69–100, page 80
  14. ^ a b c d Bellis, Mary. “About ballpoint pens”. About.com. 2014年2月閲覧。
  15. ^ 現代生活の必需品である「ボールペン」はどのように生まれて受け入れられていったのか? - GIGAZINE”. gigazine.net (2018年8月20日). 2024年3月11日閲覧。
  16. ^ セーラー万年筆の歴史”. セーラー万年筆. 2023年11月30日閲覧。
  17. ^ a b ボールペンの歴史はOHTOの歴史”. www.ohto.co.jp. OHTO. 2004年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月1日閲覧。
  18. ^ Romanowski 1998.
  19. ^ ヒストリー”. BICジャパン. 2019年11月10日閲覧。
  20. ^ Bic Cristal Ballpoint pen”. The Museum of Modern Art. 2019年11月10日閲覧。
  21. ^ 日本生まれ!鉛筆型・水性インク・ゲルインクの魅力~ボールペンはじめて物語(1)”. CBC MAGAZINE(CBCマガジン) (2022年9月13日). 2024年3月11日閲覧。
  22. ^ NASAがフィッシャーに開発を依頼したとか、NASAが開発に巨費を投じたとかといった言説が宣伝やジョークとして流布しているが、実際にはNASAはスペースペンの開発には関与していない。Steve Garber, "The Fisher Space Pen", NASA History Program Office
  23. ^ 日光ボールペンの広告『朝日新聞』昭和42年7月26日朝刊1面
  24. ^ a b 田幸和歌子 (2009年5月21日). “「水性ボールペン」はいま絶滅の危機にあるのか”. Excite Bit コネタ. エキサイト. 2016年12月4日閲覧。
  25. ^ オピ研: vol.02:パイロットのこだわり~おまけ~”. オピネット. マーケティング・コミュニケーションズ (2003年9月1日). 2016年12月4日閲覧。
  26. ^ 大河原克行 (2008年2月20日). ““油性ボールペン嫌い”が油性ボールペンをヒットさせた”. 日経BPネット. 日経BP社. 2020年1月6日閲覧。ウェイバックマシン
  27. ^ 【新製品】トリプラス ボール・油性ボールペン 新発売 ステッドラー(2018年12月1日)
  28. ^ 水性ボールペン W - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  29. ^ ボールぺんてる B50 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  30. ^ 杉本吏 (2008年8月25日). “キャップレスでもなめらかな書き味――パイロット、国内初のノック式水性ボールペン”. ITmediaエンタープライズ. アイティメディア. 2016年12月7日閲覧。
  31. ^ 水性ボールペン ユニボール UB-150 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  32. ^ 気圧や温度の急激な変化があった場合(直液式ボールペン)”. 三菱鉛筆. 2016年12月4日閲覧。
  33. ^ 水性ボールペン ユニボール UB-200 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  34. ^ ボールサイン(世界で初めての水性ゲルインキボールペン) GB280 - 国立科学博物館産業技術史資料情報センター
  35. ^ 井上繁康 (2002). “ゲルインキボールペンの開発”. 熱測定 (日本熱測定学会) 29 (5): 232-233. doi:10.11311/jscta1974.29.232. 
  36. ^ 油性・水性・ゲルインクの違いは何か|よくあるご質問|三菱鉛筆株式会社
  37. ^ ボールペンお役立ち情報: ボールペンのインキについて. 日本筆記具工業会(2002年)
  38. ^ ユニボールシグノノック式 500円タイプ”. 三菱鉛筆 (1998年10月). 1999年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  39. ^ ZEBRA 沿革
  40. ^ a b 滝田誠一郎消せるボールペンの系譜」(ウェイバックマシン
  41. ^ “公文書に消せるボールペン 京都・舞鶴市「認識甘かった」”. 京都新聞 (京都新聞社). (2015年4月7日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20150407000019 2015年5月12日閲覧。 
  42. ^ フリクションボール(フリクションシリーズ各種)よくある質問 - パイロット社HP
  43. ^ 【ののちゃんのDo科学】ボールペンはなぜ書けなくなる? 空気や繊維でペン先が詰まるから『朝日新聞』土曜朝刊別刷り「be」2021年10月16日5面(2021年10月30日閲覧)
  44. ^ 欧州宇宙機関(ESA):"Pedro Duque's diary from space", ESA News, 2003年10月23日
  45. ^ 3 代目直記ペン”. 協和工業. 2023年11月30日閲覧。
  46. ^ タキザワトップページ”. www.takizawa-pen.co.jp. 2023年12月7日閲覧。
  47. ^ ペン工房キリタ”. ペン工房キリタ. 2023年12月7日閲覧。
  48. ^ a b Genocchio, Benjamin (2007年8月10日). “To See the World in Ballpoint Pen”. The New York Times (Manhattan, New York, USA: Arthur Ochs Sulzberger, Jr.). ISSN 0362-4331. OCLC 1645522. http://www.nytimes.com/2007/08/10/arts/design/10lee.html 2012年6月閲覧。 
  49. ^ Attewill, Fred (2011年9月29日). “Artist wins £6,000 art prize after using 3p ballpoint pens from Tesco”. Metro (Kensington, London, England: Associated Newspapers Ltd). ISSN 1469-6215. OCLC 225917520. http://www.metro.co.uk/news/877097-artist-wins-6-000-art-prize-after-using-3p-ballpoint-pens-from-tesco 2012年7月閲覧。 
  50. ^ a b Mylne, James (2010年). “About Ballpoints, & Using Them in Art”. Biro Drawing.co.uk. James R. Mylne. 2012年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月閲覧。
  51. ^ Tizon, Natalia (2007). Art of Sketching (illustrated ed.). New York City, New York, USA: Sterling Publishing. p. 84. ISBN 9781402744235. OCLC 76951111. https://books.google.co.jp/books?id=MeyF9BFQKZEC&pg=PA84&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  52. ^ Warhol, Andy; Slovak, Richard; Hunt, Timothy (2007). Warhol Polaroid Portraits. New York City, New York, USA: McCaffrey Fine Art. pp. intro. ISBN 9780979048418. OCLC 420821909. https://books.google.co.jp/books?id=MB1MGlION0MC&pg=PP8&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  53. ^ a b Liddell, C.B. (2002年4月3日). “The hair-raising art of Lennie Mace; Lennie Mace Museum”. The Japan Times (Tokyo, Japan: Toshiaki Ogasawara). ISSN 0447-5763. OCLC 21225620. http://www.japantimes.co.jp/text/fa20020403a1.html May, 2012閲覧。 
  54. ^ Lebron, Orlando (1998). “Media Graffiti”. Juxtapoz Art & Culture Magazine (San Francisco, California, USA: High Speed Productions) 17 (Winter, 1998). ISSN 1077-8411. OCLC 30889397. 
  55. ^ Liddell, C.B. (Jan 2002). “Getting the ball rolling in harajuku”. Tokyo Journal (Tokyo, Japan: Nexxus Communications K.K.) 21 (241): 36–37. ISSN 0289-811X. OCLC 13995159. 
  56. ^ Small, Suzy (August 19, 2005). “Ai Candy; exhibition preview”. Tokyo Weekender (Tokyo, Japan: BC Media Group) 2 (15): 16. http://www.tokyoweekender.com/archives/index.php?vol=2005&issue=15 May, 2012閲覧。. [リンク切れ]
  57. ^ Garnham, Emily (2010年4月16日). “Biro artist recreates Girl With A Pearl Earring masterpiece”. Daily Express (London, England: Northern and Shell Media). OCLC 173337077. http://www.express.co.uk/posts/view/169690/Biro-artist-recreates-Girl-With-A-Pearl-Earring-masterpiece 2012年6月閲覧。 
  58. ^ Battle, Bella (2011年1月12日). “Biro art is simply ink-redible”. The Sun (London, England: News International). ISSN 0307-2681. OCLC 723661694. http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/features/2933676/Biro-art-is-simply-ink-redible.html 2012年6月閲覧。 
  59. ^ Holben Ellis, Margaret (1995). The care of prints and drawings (reprint, illustrated ed.). Lanham, Maryland, USA: Rowman Altamira. pp. 101–103. ISBN 9780761991366. OCLC 33404294. https://books.google.co.jp/books?id=RMevB4KjDRkC&pg=PA103&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  60. ^ Johnson, Cathy (2010). Watercolor tricks & techniques: 75 new and classic painting secrets (illustrated, revised ed.). Cincinnati, Ohio, USA: North Light Books. p. 123. ISBN 978-1-60061-308-1. OCLC 299713330. https://books.google.co.jp/books?id=M2Vik1EPOnAC&pg=PA123&dq=ballpoint+pen+artwork&hl=ja&redir_esc=y#v=onepage&q=ballpoint%20pen%20artwork&f=false 2012年7月閲覧。 
  61. ^ staff (2008年2月2日). “Simply birolliant - the incredible 10ft 'photographs' drawn with a ballpoint pen”. Daily Mail (England: Associated Newspapers Ltd). ISSN 0307-7578. OCLC 16310567. http://www.dailymail.co.uk/news/article-511688/Simply-birolliant--incredible-10ft-photographs-drawn-ballpoint-pen.html 2012年6月閲覧。 






ボールペンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ボールペン」の関連用語

ボールペンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボールペンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボールペン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS