LLDPとは? わかりやすく解説

Link Layer Discovery Protocol

(LLDP から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 08:35 UTC 版)

Link Layer Discovery Protocol (LLDP)は、ネットワークデバイスが、IEEE 802(主に有線イーサネット)に基づいてLAN上で自ノードの情報(ID、機能、隣接ノードの情報)を広告するために使用する、ベンダニュートラルなリンク層プロトコルである[1]




注釈

  1. ^ IEEE 802.1ABでは" Organizationally Specific TLVs"(組織固有TLV)と表現される。

出典

  1. ^ 802.1AB-REV - Station and Media Access Control Connectivity Discovery”. IEEE. 2009年10月17日閲覧。
  2. ^ IEEE 802.1AB-2016 - IEEE Standard for Local and metropolitan area networks - Station and Media Access Control Connectivity Discovery”. 2020年12月3日閲覧。
  3. ^ RFC 2922
  4. ^ Qlogic. “DCB Capabilities Exchange Protocol Base Specification, Rev 1.01”. IEEE 802. 2020年12月3日閲覧。
  5. ^ ANSI/TIA-1057 standard”. 2020年12月3日閲覧。
  6. ^ IEEE 802.1AB 8.4 Basic TLV Format


「Link Layer Discovery Protocol」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

LLDPのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



LLDPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのLink Layer Discovery Protocol (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS