FA宣言とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > FA宣言の意味・解説 

FA宣言(えふえーせんげん)(free agent declaration)

移籍の自由を与えるための制度

プロ野球において、選手がその所属している球団から離れて、他の球団移籍したいという意思表示をすること。フリーエージェント宣言1993年導入された。

原則として一軍に登録された日数150日以上となる年が9シーズン達すると、FA宣言の資格与えられる日本シリーズが終わってから7日以内所属球団に対してFA宣言すれば、他の球団契約交渉ができるようになる。

FA宣言による選手獲得した球団は、移籍元の球団対す補償として、その選手年俸分の金額支払なければならない。さらに、移籍元の球団希望する選手を譲るか、選手年俸50%にあたる金額上積みする。

ドラフト会議経て入団する多く選手は、必ずしも自分希望する球団所属できるとは限らない。FA宣言の権利は、チーム内で一定水準上の貢献を果たした選手移籍の自由を認めるものだ。

いったんFA宣言しても、もとの球団残留することもできる。このとき、FA制度利用して球団から有利な雇用条件引き出手段となることも多い。

(2002.11.25更新


フリーエージェント (プロスポーツ)

(FA宣言 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/07 08:10 UTC 版)

プロスポーツにおけるフリーエージェント (Free Agent) とは、所属チームとの契約を解消し、他チームと自由に契約を結ぶことができる状態、あるいはそのスポーツ選手のことを指す。FAと略す。


  1. ^ a b c 宮田正樹. “それは「保留制度」から始まった”. BIZLAW. 2020年2月4日閲覧。
  2. ^ a b ミラー, マービン. 『FAへの死闘 ― 大リーガーたちの権利獲得闘争記』. 武田薫. ベースボール・マガジン社. pp. 100-125. ISBN 4-583-03094-0. 
  3. ^ 1日でMLS=0.001、171日で0.171、172日で小数点が繰り上がり1.000という表記になる
  4. ^ What is a Service Time?” (英語). MLB.com. 2019年12月4日閲覧。
  5. ^ 2009年までは15日間。
  6. ^ MLBのレギュラーシーズン期間は例年180日以上ある。例えば2018年は186日間。
  7. ^ a b Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2019年12月4日閲覧。
  8. ^ 宇根夏樹 (2018年3月27日). “メジャーデビュー直前のプロスペクト2人。一方は2400万ドルで契約延長、一方は3000万ドルを却下”. Yahoo! JAPANニュース個人. 2019年2月4日閲覧。
  9. ^ これに加え、年俸調停権取得を1年遅らせる(『スーパー2』の適用対象からも外す)という思惑が加わる場合もある。ルール詳細は参稼報酬調停の項を参照
  10. ^ a b 40人枠での契約(メジャー契約)と、40人枠外(マイナー契約)では最低保証年俸に大きな差がある。2020年時点で、40人枠選手の最低保証年俸は46,000 - 91,800ドル、更に26人枠入りしていれば563,500ドル。マイナー契約では10,000ドル未満となることも。Transaction Glossary” (英語). Cot's Baseball Contracts. 2019年12月4日閲覧。 / “あまりの格差に3A選手が給料明細公開 年俸約88万円が米で話題「夢へと近づく一方で…」”. Full-Count. (2019年10月9日). https://full-count.jp/2019/10/09/post566270/ 2019年10月9日閲覧。 
  11. ^ 日本のFA制度、「宣言」は必要か。全選手の自動FA、アマ選手の入団交渉…改善策は?【小宮山悟の眼】” (日本語). ベースボールチャンネル (2017年11月14日). 2018年3月24日閲覧。
  12. ^ 米国も驚き!ウエーバーで青木宣親がアストロズ移籍 - 水次祥子の「MLB 書かなかった取材ノート」 - MLBコラム.日刊スポーツ.2016年11月7日閲覧。
  13. ^ 岡島新人扱い、代理人不手際でFA権なし” (日本語). 日刊スポーツ (2009年10月26日). 2014年2月7日閲覧。
  14. ^ 中島裕之(西武)「ヤンキースと交渉決裂」本当の理由” (日本語). 現代ビジネス (2012年4月7日). 2014年2月7日閲覧。
  15. ^ a b c MLBドラフト対象外である海外若手選手(アマチュア選手、25歳未満のプロ選手、プロ経歴6年未満の選手)の獲得時に使用する契約金の総額。毎年、各球団ごとに上限額が決められている。菊地慶剛 (2017年11月18日). “大谷翔平がマイナー契約しか結べなくなった背景” (日本語). Yahoo! Japan個人. https://news.yahoo.co.jp/byline/kikuchiyoshitaka/20171118-00078294/ 2019年11月8日閲覧。  / “過去2年で“使いすぎ”カブスら契約金たった30万ドル” (日本語). スポニチアネックス. (2016年12月9日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/12/09/kiji/K20161209013872820.html 2017年11月3日閲覧。 
  16. ^ 『スーパー2』制度による例外あり。詳細は参稼報酬調停の項を参照。
  17. ^ 久保田市郎(スラッガー編集長) (2019年12月4日). “なぜ25歳の主力が“戦力外”に? どこよりも分かりやすい「ノンテンダー」解説” (日本語). THE DIGEST. https://thedigestweb.com/baseball/detail/id=6585 2019年12月4日閲覧。 
  18. ^ 黒田獲得へ ド軍“本気”18億円オファー!大型補強第1弾
  19. ^ “ダルビッシュの行き先は?” (日本語). スポーツ報知. (2017年7月31日). http://www.hochi.co.jp/baseball/mlb/20170731-OHT1T50082.html 2017年11月3日閲覧。 
  20. ^ a b c “What is a Qualifying Offer?” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/glossary/transactions/qualifying-offer 2017年11月3日閲覧。 
  21. ^ 2016年までは同選手に対して何度でも提示可能。
  22. ^ MLBフリーエージェントの仕組み” (日本語). MLB.jp (2013年10月4日). 2013年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月7日閲覧。
  23. ^ マリナーズの岩隈が提示されたクオリファイング・オファーとは?” (日本語). ベースボールキング (2015年11月9日). 2015年11月14日閲覧。
  24. ^ FAのアリエッタら全9選手ともオファー拒否” (日本語). 日刊スポーツ (2017年11月17日). 2017年11月17日閲覧。
  25. ^ 大リーグ QO回答期限迎える 岩隈、チェンら17選手が拒否” (日本語). スポニチアネックス (2015年11月14日). 2015年11月14日閲覧。
  26. ^ 大リーグ QO回答期限迎え2選手が契約延長 ドジャース守護神らが拒否”. スポニチアネックス. 2018年3月12日閲覧。
  27. ^ “ドジャース柳賢振がQOで合意、ハーパーらは拒否”. 日刊スポーツ. (2018年11月13日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201811130000183.html 2018年11月13日閲覧。 
  28. ^ Mark Polishuk (2019年11月14日). “7 Players Reject Qualifying Offers” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年11月15日閲覧。
  29. ^ 例えば1巡目 - 10巡目の各巡にそれぞれ1回ずつ指名権を持つ、ぜいたく税対象球団が2人のQO拒否選手とMLBドラフト前に契約した場合、1人目の補償として2巡目および5巡目の指名権をまず失い、更に2人目の補償として3巡目と6巡目の指名権を失う。インターナショナル・ボーナス・プールは200万ドルを失う。
  30. ^ 低調FA市場の悲哀…ムスタカスが18.6億円断った古巣と5.9億円で再契約”. Full-Count. 2018年3月12日閲覧。


「フリーエージェント (プロスポーツ)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FA宣言」の関連用語

FA宣言のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FA宣言のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーエージェント (プロスポーツ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS