B型肝炎訴訟とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > B型肝炎訴訟の意味・解説 

B型肝炎訴訟

読み方:ビーがたかんえんそしょう

B型肝炎への感染集団予防接種等を受けたことが原因であるとし、B型肝炎患者やその遺族原告となり起こされた集団訴訟

B型肝炎血液通じて感染し、母子感染輸血による感染一般的な原因となる。B型肝炎訴訟では、原告日本戦後しばらく実施されていた集団予防接種において、注射針使い回されていたことによって感染したと主張感染未然に防ぐ義務を怠ったものとして損害賠償求めた。

B型肝炎訴訟は1989年感染者5人が原告となり国を提訴した。2000年地裁による判決全員敗訴したが、高裁では因果関係認められた。2006年最高裁において原告全員勝訴した。

その後別のB型肝炎感染者らも提訴法務省によれば2010年11月時点で、札幌地方裁判所新潟地方裁判所東京地方裁判所静岡地方裁判所大阪地方裁判所金沢地方裁判所広島地方裁判所鳥取地方裁判所松江地方裁判所福岡地方裁判所係属している。

2010年には札幌地裁和解案が提示され、原告側が受け入れ方針示した。B型肝炎訴訟の問題は大きく前進したといえるが、損害賠償財源問題など、多く課題が残されている。なお、B型肝炎患者全国100万人から130万人ほど存在するとされる

関連サイト
B型肝炎訴訟 訴訟の概要 - 法務省・国に関する訴訟情報
B型肝炎について - 独立行政法人国立国際医療研究センター 肝炎情報センター


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「B型肝炎訴訟」の関連用語

B型肝炎訴訟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



B型肝炎訴訟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS