SSPEとは? わかりやすく解説

SSPE[亜急性硬化性全脳炎]

 Subacute sclerosing panencephalitisの略称で、植物人間となって死亡する恐ろしい病気ハシカ感染した子供感染6年後程発症する脳が犯される病気で、助かる可能性はほとんど無い。発症する率は、ハシカ感染者の数十万人一人程度と高くは無い。この脳の病気を防ぐ為に、ハシカワクチンは強制接種となっている。

亜急性硬化性全脳炎

(SSPE から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 03:32 UTC 版)

亜急性硬化性全脳炎(あきゅうせいこうかせいぜんのうえん、: subacute sclerosing panencephalitis; SSPE)とは、ヒトに発症する遅発性ウイルス感染症の1種で、致死性の感染症である。


  1. ^ ただし別な値が書かれている文献もある。概ね麻疹罹患者の十万人に1人から数十万人に1人程度とされている。
  2. ^ ただし、ここまでに挙げた症状は、必ずしも亜急性硬化性全脳炎だけで起こる症状ではないことを留意されたい。例えば、てんかん欠神発作などでも手に持っている物を本人の意思とは無関係に落としてしまうといったことは起こり得る。実際に、亜急性硬化性全脳炎を発症することの多い年代である学童期の女児が、授業中に動作が止まって鉛筆を落とすということを繰り返していた原因が、実は欠伸発作だったという症例の報告などもある。無論、治療法も全く異なるので、気になる症状が出ている場合は、鑑別診断を受けるべきである。
  1. ^ a b c d 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)診療ガイドライン(案)
  2. ^ a b Campbell H. et al. Review of the effect of measles vaccination on the epidemiology of SSPE. Int J Epidemiol. 2007 Dec;36(6):1334-48. Epub 2007 Nov 23. PubMed
  3. ^ Okuno Y, Nakao T, et al. Incidence of subacute sclerosing panencephalitis following measles and measles vaccination in Japan. Int J Epidemiol. 1989 Sep;18(3):684-9. [1]


「亜急性硬化性全脳炎」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SSPE」の関連用語

SSPEのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SSPEのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2022 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの亜急性硬化性全脳炎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS