黄瀬戸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 陶器 > 黄瀬戸の意味・解説 

き せと [2] 【黄瀬戸】

桃山時代美濃で焼かれた陶器。黄釉(おうゆう)を用い、線刻印花櫛目くしめ)などの文様施したものや、緑色褐色斑文のあるものが多い。

黄瀬戸

読み方キゼト

淡黄色の釉のかかった瀬戸美濃窯焼成された桃山期の器物作風原点をするやきもの。黄瀬戸には光沢の強い厚作り菊皿手やぐいのみといわれる古瀬戸系黄瀬戸と薄作り潤いのある油揚肌に仕上がる釉中に黄土を混ぜ釉下に線刻文様のあるあやめ手系黄瀬戸に大別できる。

美濃焼

(黄瀬戸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 16:58 UTC 版)

美濃焼(みのやき、Mino Yaki - Mino Ware)とは、岐阜県(南部は旧美濃国)のうち、東濃地方の一部(土岐市多治見市瑞浪市可児市)に跨る地域で製作される陶磁器の総称である。


  1. ^ 田口 1983, p. 33。最古の窯は多治見市の赤曽根窯である。
  2. ^ これを妻木氏と関連付ける研究者もいる(cf.田口 1983, p. 35)
  3. ^ 瀬戸市周辺から窯が消失するこのような現象をしばしば瀬戸山離散と呼びならわされてきたが、その時期を古瀬戸後期の窯が妻木氏が領国を経営するために東濃地方に盛んに築かせた15世紀前半とする説、窖窯が大窯に代わられる16世紀前半に、瀬戸市内の窯が減少することを指すとする立場、瀬戸市域で生産を行おうにも釉薬陶土原料や材料がないために窯が築かれなくなり、美濃が窯業生産の中心となる16世紀後半に位置付ける立場がある(藤澤 1993, pp. 432-433)。
  4. ^ 【列島追跡】岐阜・美濃焼、粘土枯渇の危機/新たな採掘地探しに熱『日本経済新聞』朝刊2018年9月24日(地域総合面)2018年9月26日閲覧。
  5. ^ 美濃陶芸の系譜 岐阜県ゆかりの人間国宝展 http://www.pref.gifu.lg.jp/kensei-unei/kocho-koho/event-calendar/gyoji/togei/human-national-treasure.data/ninngennkokuhou.pdf


「美濃焼」の続きの解説一覧



黄瀬戸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄瀬戸」の関連用語

黄瀬戸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄瀬戸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2019 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美濃焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS