髭切とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 髭切の意味・解説 

髭切

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/22 14:47 UTC 版)

髭切(ひげきり)は源家重代の刀として伝えられる日本刀軍記物など説話で語られる。


補注

  1. ^ 一般的には『源平盛衰記』を史実として捉えてはいけない、とも見識されている。
  2. ^ 宇治の橋姫とも
  3. ^ 鬼切でなく鬼丸
  4. ^ 古年刀は源家重代の太刀を指す
  5. ^ 巻三十二 直冬上洛事付鬼丸鬼切事
  6. ^ 昭和2年の旧国宝指定時の指定名称は『太刀(鬼切)銘安綱附 太刀箱 一箇』であったが、文化財保護法施行後は指定名称から「附 太刀箱一箇」の文言が消えている。

出典

  1. ^ 関幸彦 2014, p. 222.
  2. ^ a b 関幸彦 2014, p. 228.
  3. ^ a b 『平家物語』百二十句本第百八句 剣の巻下
  4. ^ a b 永井一孝編、「剣の巻」 『平家物語』 有朋堂書店、1910年http://www.j-texts.com/sheet/tsurugi.html (流布本万治二年刊片仮名交り整版本)
  5. ^ 関幸彦 2014, p. 223.
  6. ^ 関幸彦 2014, pp. 228-229.
  7. ^ a b 関幸彦 2014, p. 229.
  8. ^ 関幸彦 2014, p. 230.
  9. ^ 室町時代物語大成』第2巻(あめ-うり)
  10. ^ 『室町時代物語大成』第3巻(えし-きさ)
  11. ^ 阿部幹男 2004, p. 180.
  12. ^ 阿部幹男 2004, pp. 180-181.
  13. ^ 阿部幹男 2004, pp. 318-319.
  14. ^ 吉海直人 「橋姫物語の史的考察--源氏物語背景論(I)」、『国学院大学大学院紀要. 文学研究科』 第13巻105~134頁、1981年http://books.google.co.jp/books?id=KvsJAAAAIAAJ 
  15. ^ 高橋貞一編 『平家物語』下巻 講談社、2003年 [1972年]、390頁。 
  16. ^ a b 関幸彦 & 2014-4, p. 200.
  17. ^ a b c d 文部省編著『日本国宝全集第29輯』日本国宝全集刊行会、1927年
  18. ^ 国立国会図書館デジタルコレクション
  19. ^ 最上家伝来の宝刀「鬼切丸」の謎 !?最上義光歴史館ホームページ、2006年


「髭切」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「髭切」の関連用語

髭切のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



髭切のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの髭切 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS