開粒度アスファルト混合物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > 混合物 > 開粒度アスファルト混合物の意味・解説 

開粒度アスファルト混合物

粗骨材細骨材フィラーアスファルトからなる加熱アスファルト混合物で、合成粒度における2.36mmふるい通過分1530%の範囲のもの、この混合物路面きわめて粗くすべり止め混合物として用いられる


開粒度アスファルト混合物 (開粒度アスファルトコンクリート、開粒度アスコン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/05 01:31 UTC 版)

アスファルト混合物」の記事における「開粒度アスファルト混合物 (開粒度アスファルトコンクリート、開粒度アスコン)」の解説

アスファルト舗装表層特殊用途として用いられている合材で、空隙率大きな加熱アスファルト混合物総称骨材最大粒径通常13ミリメートルで、ふるい目2.36ミリメートル通過量は15 - 30%のもので、アスファルト量は3.5 - 5.5%程度粗粒アスコンに比べ空隙率大きく舗装表面粗くなって溜まらないため、すべり止め目的とした舗装として車道用いられたり、歩道用の透水性舗装用いられるまた、舗装空隙間が交通車両発するタイヤ発生音の抑制騒音吸収拡散役立てられる舗装内部に浸入することからポリマー改質アスファルトH型などの骨材との把握力が強い改質アスファルト使われている。1960年代終わりごろから登場したもので、密粒度アスコン比較してすべり抵抗性透水性優れ一方で耐摩耗性は劣るという特徴有する主な使用箇所一般地域で、積雪寒冷地域ではあまり使用されない混合物新規のみで、再生材は利用されない

※この「開粒度アスファルト混合物 (開粒度アスファルトコンクリート、開粒度アスコン)」の解説は、「アスファルト混合物」の解説の一部です。
「開粒度アスファルト混合物 (開粒度アスファルトコンクリート、開粒度アスコン)」を含む「アスファルト混合物」の記事については、「アスファルト混合物」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「開粒度アスファルト混合物」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



開粒度アスファルト混合物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

開粒度アスファルト混合物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



開粒度アスファルト混合物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2022 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアスファルト混合物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS