角帽とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 帽子 > 角帽 > 角帽の意味・解説 

かく‐ぼう【角帽】

読み方:かくぼう

男子大学生着用する上部ひし形帽子また、転じて大学生のこと。

「—は勢いよく立ち上がり」〈白鳥一発屋


角帽

読み方:かくぼう

  1. 大学生の事、四角帽子を被るよりいふ。
  2. 大学生のことをいふ。大学生菱形の角帽を被て居るから。
  3. 大学生のこと。大学生は角帽を冠るところから。〔隠語
  4. 〔俗〕大学生のこと。大学生は角帽を冠むるからである。
  5. 大学の学生のこと、角帽をかぶることから出た語。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

角帽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:46 UTC 版)

早稲田大学」の記事における「角帽」の解説

大隈重信宿願は、世界唯一の帽子作ることで、どこに行ってもすぐに早稲田学生分かるようにすることだった。洋服店髙島屋主人弥七郎に頼んだ金モール徽章とともに商品登録を受けた角帽の裏には姓名学科名の他、校印を捺して、「早稲田学生相違無之候也」との文字添えられ身分証明ともなり実質的なステータス・シンボル役目果たした

※この「角帽」の解説は、「早稲田大学」の解説の一部です。
「角帽」を含む「早稲田大学」の記事については、「早稲田大学」の概要を参照ください。


角帽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:15 UTC 版)

学生帽」の記事における「角帽」の解説

東京大学 (1877-1886)学生だった山口鋭之助和田義睦が学生帽として大学提案し当時総長加藤弘之から許可得て製作、数人有志学生着用したのが最初とされる。それが、1886年帝国大学令により東京大学帝国大学改称されたとき、公式の制帽として採用された。頂上四角であるところからこの名がつけられ、角帽は帝国大学生の代名詞となった。 角帽の4つの角は、哲学法学天文学薬学表している。東京大学から全国大学広まった結果一般に大学生着用するものとされ、転じて大学生を指す語としても使われた。東京大学定められ規格帝大型の名で呼ばれ他大学の角帽もこれに準じた形が多い。一方早稲田大学同志社大学用いられる角帽は、生地裁断縫製帝大型と違い仕上がり四角形の角がより鋭く天井平らになることから、座布団帽のあだ名が付く。

※この「角帽」の解説は、「学生帽」の解説の一部です。
「角帽」を含む「学生帽」の記事については、「学生帽」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「角帽」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「角帽」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



角帽と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「角帽」の関連用語

角帽のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



角帽のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの早稲田大学 (改訂履歴)、学生帽 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS