続社長学ABCとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 続社長学ABCの意味・解説 

続社長学ABC

原題:
製作国:日本
製作年:1970
配給:東宝
スタッフ
監督:松林宗恵 マツバヤシシュウエ
製作:藤本真澄 フジモトサネズミ

五味忠人 
脚本:笠原良三 カサハラリョウゾウ
撮影:長谷川清 ハセガワキヨシ
音楽:宅孝二 
美術:中古智 チュウコサトル
編集:岩下広一 
録音:矢野口文雄 ヤノグチフミオ
スクリプター:吉崎松雄 
照明:石井長四郎 イシイチョウシロウ
キャスト(役名
森繁久彌 モリシゲヒサヤ森繁久弥 (網野太郎
久慈あさみ クジアサミ (網野厚子
東野英治郎 トウノエイジロウ (郷司敬之助)
小林桂樹 コバヤシケイジュ (丹波久)
司葉子 ツカサヨウコ (丹波登代子)
内藤洋子 ナイトウヨウコ (丹波未知子)
伊藤ひでみ イトウヒデミ (丹波隆子
英百合子 ハナブサユリコ (丹波あぐり)
加東大介 カトウダイスケ (石橋吉)
藤岡琢也 フジオカタクヤ (猿渡平一)
関口宏 セキグチヒロシ (井関英男)
東山敬司 ヒガシヤマケイジ (三浦
大矢茂 オオヤシゲル (花井
小沢昭一 オザワショウイチ (汪滄海
恬■ ※■は[女尼] テイ・エンテ (蔡梨花
草笛光子 クサブエミツコ (時岡マヤ
団令子 ダンレイコ (木内真沙
陳恵珠  (汪夫人
中真千子 ナカマチコ (順子
進千賀子 シンチカコ (はるみ)
川上大輔 カワカミダイスケ (社員A)
斎藤宣文  (社員B)
大沢健三郎 オオサワケンザブロウ (社員C)
浦山珠実 ウラヤマタマミ (網野女中
十朱久雄 トアケヒサオ (阿次郎
左卜全 ヒダリボクゼン (阿会長
団令子 ダンレイコ (芸者
山田はるみ ヤマダハルミ (秘書課員
解説
前作社長学ABC」のコンビ笠原良三松林宗恵脚本監督担当したシリーズ第三十三作。撮影も「社長学ABC」の長谷川清担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
大日食品KK新社丹波久はヤング・パワー起用を策し、網野社長秘書井関営業本部課長心得に、成績優秀な新入社員三浦花井両名直属部下として配した。、ところが、取引先の汪滄海の姪、梨花東京駐在員として、並べてからというもの、彼女をめぐっての恋の珍作戦が展開した。その上井関梨花歓迎パーティを開いたことから、恋人未知子から梨花との間を疑われる始末一方親会社郷司大社長のひと言大社長の椅子おあずけをくい、丹波の隣で会長務める参太郎だが、仕事がなくて、毎日が退屈の連続。そこへ、郷司大社長から広島福山珍味海産物の「阿珍味KK」と提携協力して、海外輸出促進を計れという耳よりな話持ち込まれた。女房厚子浮気封じ込め作戦巧みにかわして太郎福山に向ったがどうも様子がおかしかった。仙酔島には東京にいるはずの梨花がいたり、目ざす阿珍味の会長不在社長の阿次郎宴会終ると姿を消していたり、不思議ハプニング連続。しかし、丹波はそんなことには無頓着で、美人芸者イチャイチャ。すっかりあてられた参太郎井関が、どうやら汪滄海が阿珍味内密に話を進めていると報告帰京後、参太郎巻き返し作戦に出た。その特命をうけた井関は汪滄海直接交渉し、彼に手を引いてもらうことに成功した。さらに梨花にはフィアンセがあることを聞かされ、愕然とするが、しかしこれで未知子とも万事うまくいはずであった。

続・社長学ABC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/06 08:12 UTC 版)

続・社長学ABC』(ぞく しゃちょうがくエービーシー)は、1970年2月28日東宝系で公開された日本映画。カラー。シネマスコープ。






「続・社長学ABC」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「続社長学ABC」の関連用語

続社長学ABCのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



続社長学ABCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの続・社長学ABC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS