天の川わたるお多福豆一列とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 現代俳句一覧 > 天の川わたるお多福豆一列の意味・解説 

天の川わたるお多福豆一列

作 者
季 語
季 節
秋 
出 典
前 書
 
評 言
 楸邨最晩年句集怒涛』には、それまでひたむきさとは違ってユーモラスな句やおかしみのある奇抜な句があって驚かせた。この「天の川」の句や、「ふくろふに真紅の手毬つかれをり」などがそうである。しかしその奥の深さが分かってみると、やはり楸邨は凄いなと思わざるを得ない。「ふくろふに」の句は、一茶の「鳴猫に赤ン目をして手まり哉」を意中したものであろう。「小児のあどけなさを」と前書があり、鳴く前にして手まりをつくあどけない子供がいるのである手まりを赤い目としたところに一茶メルヘンがある。好きの楸邨だからこの句が当然記憶にあったろう。ふくろうをすることで凄みのある大人童話となった。
 「天の川」の句は、お多福豆蚕豆のことで、蚕豆西アジア栽培されていたことを知ると楸邨意図見えてくる。お多福豆な顔は醜女愛嬌をこめて呼ぶ表現である。それではなぜ蚕豆諧謔味のあるお多福豆になったのだろうか楸邨四十七年四十九年、五十年と三回シルクロードの旅をしている。五十一年風邪中止せざるを得なくなり、知世子夫人だけが行く。知世子は以後三回楸邨を残してシルクロードへの旅を続けた。楸邨夫妻シルクロードへの情熱には打たれるばかりである。蚕豆前にしてし浮くロードはるばる旅してきたその由来が思われたのであろう。それは天の川をわたるような雄大な旅であり、悠久時間思わせる今は行けないが、自らもそんな旅を辿ってみた。蚕豆の旅と重なるその旅の一行にふと知世子夫人を思い描いたのかもしれない。それは女性同士の旅であったろうか。楸邨はその一行愛嬌をこめたお多福豆一列としたのである。 
評 者
備 考
 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天の川わたるお多福豆一列」の関連用語

天の川わたるお多福豆一列のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天の川わたるお多福豆一列のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会

©2019 Weblio RSS