半潜水型ターレット荷役とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 石油用語 > 半潜水型ターレット荷役の意味・解説 

半潜水型ターレット荷役

読み方はんせんすいがたたーれっとにやく
【英】: submerged turret loading
略語: STL

オフショア洋上)での気体液体荷役方法一つ
ガス荷役方法には、ローディングアームを用いるものと、ローディングホースを用いるものがあるが、荷役時の揺動相対変位)が大き場合は、フレキシブルホース方式が有利であり、本方式は、フレキシブルなローディングホースを浮きブイ係留設備兼用させたものであるCNG圧縮天然ガス)船のシリンダータンクへのガス格納送出は、本船船首船底部に、半潜水型ターレットノズル(submerged turret nozzle)と呼ばれるガス移送用のブイ(図 1 )を、接続して行われる洋上での荷役が可能となるため、岸壁への接岸不要となり港湾設備簡素化できるメリットがあり、小規模設備投資環境への負担抑えつつ、プロジェクト開発を行う必要のある CNG 技術適する。浮きブイ係留設備とフレキシブルホースとの組み合わせであることから、気象海象多少悪くても安全な荷役が可能であり(ブイ中心に船体回転可能であり潮流影響も受けにくい)、北海海域における重油タンカー荷役システムや、最近では米国ルイジアナ州沖合LNG船船上で再ガス化したガス揚げ荷使用されるなど、既に実績のある荷役システムである。米国エナシー社が推進する CNG 船採用される予定である(図 2 )(http://www.apl.no/)。
参照石油天然ガスレビュー 2004 年 9 月号「米国活況を呈する洋上LNG受入基地プロジェクト」)

後藤 譲、2006 年 3 月

図1 半潜水型ターレット荷役(ガス移送用のブイ) 図2"


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「半潜水型ターレット荷役」の関連用語

半潜水型ターレット荷役のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



半潜水型ターレット荷役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

©2020 Weblio RSS